『そして、バトンは渡された』追加キャストに岡田健史、大森南朋、市村正親!”2つの物語”が明らかになる特報も解禁

そして、バトンは渡された

2018年2月発売直後より、感動傑作との多数の反響が大きな話題を集め、累計発行部数は80万部を突破している作家・瀬尾まいこによる本屋大賞受賞作「そして、バトンは渡された」が、永野芽郁×田中圭×石原さとみ出演で映画化、10月29日(金)より全国公開される。

主人公優子を演じるのは永野芽郁。苗字が4回も変わる数奇な人生をポジティブに捉えながらも、人知れず不安や葛藤を持ち合わせている女子高生を繊細に演じる。また、優子の血の繋がらない父親・森宮には田中圭。父親役はこれまでも演じているが、年の差がない永野との親子関係がどのように描かれるのか注目だ。そして、夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女性・梨花に石原さとみ。血のつながらない幼い娘を持つシングルマザーを演じるが、母親役は自身のキャリア初、また物語の重要な鍵を握っている役どころだ。

今回、追加キャストとして明らかになったのは、優子の同級生で淡い恋心を抱く存在で、天才ピアニストとして周囲から大きな期待をされている早瀬賢人に映画『新解釈・三國志』『望み』、ドラマ「MIU404」「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」、2021年、NHK大河ドラマ『青天を衝け』など、次々に話題作に出演している岡田健史、そして、ドラマ「私の家政夫ナギサさん」、「ハゲタカ」シリーズの主演から『アウトレイジ』、『初恋』など幅広い役柄を演じ分ける大森南朋。さらに『屋根の上のヴァイオリン弾き』や『ミス・サイゴン』などの舞台にとどまらず、『テルマエ・ロマエ』や『泥棒役者』など数々の映画でも独特な存在感を放つ市村正親が、魔性の女性・梨花に翻弄される役を演じ、梨花とみぃたんの物語に深く関わっていく。また、梨花の娘役の泣き虫・みぃたん役を、映画、ドラマ、CMなどに多数出演する稲垣来泉が務める。

あわせて、本作初となる映像も解禁された。優子の「私は、苗字が4回も変わりました」の台詞から始まり、森宮さんと優子が、二人で並んで仲睦まじく料理をしたり、優子のピアノの伴奏に合わせ森宮さんが歌うシーンに続き、もう一つの物語である、梨花がみぃたんのために服を選んだり、お互いに顔を寄せながら抱きしめ合う姿が描かれている。

いずれも血の繋がらない《父と娘》、そして血の繋がらない《母と娘》ながらも、血の繋がりを超えた親子の愛情にあふれた感動的な映像となっているが、映像の後半「実はあなたに伝えておかなければいけない事があります」という梨花の言葉で、一気に物語が動き出す。その言葉の意味とはいったい何なのか。感情を抑えきれず嗚咽する優子にはいったい何が起きたのか…?森宮さんと優子、梨花とみぃたんの2つの親子の物語に隠された、《命をかけた嘘》と《知ってはいけない秘密》とは―。

今作は原作とは違った、映画オリジナルの展開も予定されており、原作を読んだ人もそうでない人も改めて楽しめる作品になっている。血の繋がらない父親役の田中への印象を聞かれた永野は「田中さんが演じている森宮さんに引っ張って貰って(優子の役柄を)作ることができました」と話しており、まるで親子のような信頼関係を持ちながら演じていた様子が伺える。

また、永野は本作で初めてピアノを弾きながらの演技にも挑戦。「次いつ練習に行けるかな、という前向きな気持ちでピアノと接することができたので、この作品でピアノと出会えて良かったです」と初挑戦の感想を語った。さらに永野のピアノ演奏をみていた田中も、「ピアノを弾いている永野芽郁はオーラを発していました」と話しており、そのシーンの全容にも期待が高まる。

なお、岡田健史大森南朋市村正親、原作者の瀬尾まいこから到着したコメントは以下の通り。

追加キャスト コメント(敬称略)

■岡田健史
天才ピアニスト役ということで、彼にしかわからない欲望や悩みがあり、映画のなかではその悩みを解消していくことが描かれています。実は早瀬の要素の中に自分と近いものが発見できたのですが、それは“浮遊している”所です。少し変わったキャラクターですが、早瀬から生きる手がかりを得ることができました。永野さんとは同い年で初めての共演でしたが、彼女が先をいってくれればいってくれるほど、必死に追いかけながら芝居をするのが刺激的でした。同い年の方との共演は少ないので、とても恵まれた現場でした。ピアノも今回初めて挑戦しまして、クランクイン前から約4か月間ピアノの先生に習い、おかげでピアノはとても好きになりましたが、圧倒的に難しかったです。仕上がりがどのようになっているのか僕自身も楽しみです

■大森南朋
前田哲監督の作品に久しぶりに参加出来て嬉しかったです。脚本を読んだ時に、僕も騙されたので、そういう面白みが映像に出てくると思うと、一映画ファンとしても楽しみです。色々なエピソードが綴られているので、テンポの良い作品になるなと思うのですが、現場ではじっくりと芝居をしていたので、どういう仕上がりになるか。監督の手腕がすごく楽しみです。石原さとみさんは素敵な方です。あの石原さとみさん、に翻弄される役どころでしたので、光栄です。また、来泉ちゃんは本当にいい子でした。監督の演出で、急にさっきと違う演技を本番でやってきて、監督から『大森さん、大丈夫でしょ?』と言われて『大丈夫ですよ』と返していましたが、内心はドキドキしていました。

■市村正親
非常に穏やかで落ち着いた日々の中、泉ヶ原を演じさせて頂きました。
私が演じた泉ヶ原は、非常に紳士でね、早くに妻を亡くし、子供は外国に行ったっきり、大きな家で家政婦と2人で暮らしている中、梨花さんやみぃたんに出会い、彼の人生にも変化が訪れます。石原さとみちゃんは以前から面識があり、色んな作品で見ていて、いい女優さんだなと。初めて会った時とは違って、年齢を重ねられて、目の奥にある深みというかな、悲しみ、温かさ、色んな物を表現出来る女優さんに成長されたんだなと感じました。

■原作者:瀬尾まいこ
この作品は自分でも「こんな気持ちを書きたかったんだ」と思えた大好きな作品なので、映画になるなんてとてもうれしいです。
キャストの方をお聞きし、最初は皆さん美しすぎるんじゃないかと思っていたのですが、短い予告編を見ただけで、小説の中にいた登場人物が実際に目の前に現れたようでドキドキしました。映画を見るのが楽しみです。

ストーリー
血の繋がらない親に育てられ、4回も苗字が変わった森宮優子。わけあって料理上手な義理の父親、森宮さんと二人暮らし。今は卒業式に向けピアノを猛特訓中。将来のこと恋のこと友達のこと、うまくいかないことばかり…。高校を卒業した優子は、森宮さんに結婚を反対され、かつての親巡りの旅に出ることに―。一方、夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女・梨花。泣き虫な娘のみぃたんには愛情を注ぎ共に暮らしていたのだが、ある日突然、娘・みぃたんを残して姿を消してしまう―。
やがて、全く違う2つの物語が交差するとき、驚きとともに、今年最大の感動が訪れる。

作品タイトル:『そして、バトンは渡された』
出演:永野芽郁 田中圭 岡田健史
石原さとみ/大森南朋 市村正親 ほか
監督:前田哲
脚本:橋本裕志
原作:瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』(文春文庫 刊)
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:soshitebaton-movie.jp
公式Twitter:@baton_movie #そしてバトンは渡された
コピーライト:(c)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

10月29日(金) 全国ロードショー!

↑上に戻る