自転車配達員が見た緊急事態宣言下の東京『東京自転車節』7月公開決定!青柳拓監督が自ら全編スマホとGoProで撮影

東京自転車節

2017年『ひいくんのあるく町』でデビューを飾った青柳拓監督が、自らの自転車配達員としての活動を全編スマートフォンとGoProで撮影したドキュメンタリー映画『東京自転車節』が、ポレポレ東中野にて7月より公開されることが決定した

2020年緊急事態宣言下の東京を自転車で駆け巡った臨場感と親近感あふれる映像は、これまでのセルフドキュメンタリーの手法を踏襲しながらも、YouTubeやTikTokといったSNS動画に慣れ親しんだ感覚でまとめあげている。
また、タイトルにもなっている主題歌「東京自転車節」(秋山周)のペーソス漂うメロディも強い印象を残している。

ゆとり世代といわれる監督と何かが欠けた“焼け野原”の様な東京、そして現代を取り巻く得も言われぬどん詰まり感とそこを突破せんとする活力。現代への批評性も兼ね備えた意欲作だ。

作品タイトル:『東京自転車節』
監督:青柳 拓
撮影:青柳 拓、辻井 潔、大澤 一生
編集:辻井 潔
音楽:秋山周
構成・プロデューサー:大澤 一生
製作:水口屋フィルム、ノンデライコ
2021/日本93分/日本語/カラー/DCP/ドキュメンタリー
配給:ノンデライコ

公式サイト:http://tokyo-jitensya-bushi.com/
公式Twitter:@tokyo_jitensya
公式Facebook:@tokyojitensyabushi
コピーライト:(c) 2021 水口屋フィルム、ノンデライコ

ポレポレ東中野にて7月より公開!以降全国順次公開予定

↑上に戻る