“こんまり”こと近藤麻理恵の大ベストセラー「人生がときめく片づけの魔法 改訂版」LINEノベルで本日より無料先行配信!

LINEノベル「人生がときめく片づけの魔法 改訂版」

累計1200万部超え(※1)の世界的ベストセラー「人生がときめく片づけの魔法 改訂版」(著者:近藤麻理恵/河出書房新社 刊)が、本日4月10日(金)から5月8日(日)までの期間限定で、小説アプリ「LINEノベル」で、全文無料公開される。同作品が全文無料公開されるのは、今回が初の試みとなる。(※1:サンマーク出版刊行の旧版含む)

「LINEノベル」は、文芸(ドラマ、恋愛、ノンフィクション、サスペンス・ミステリーなど)やライトノベル(ファンタジー、バトル・アクション、SFなど)といった出版社が提供する様々なジャンルの人気作品やユーザーが投稿した作品を読むことができる小説アプリ。

スマートフォンでの快適な読書を実現するため、気軽に読書ができるよう1冊の作品を複数の話数で区切り、1話が約2000~3000文字を目安に収められていることで、スキマ時間に無理なく読書を楽しむことができる。

また、読むだけでなく、LINEノベル公式サイト(https://novel.line.me/)から自身の作品を投稿することも可能で、ライフスタイルに合わせた新しい執筆体験が提供されている。

河出書房新社より刊行されている「人生がときめく片づけの魔法 改訂版」は、“こんまり”の愛称で、日本のみならず全世界で人気を集める近藤麻理恵の片づけの常識を変えた“究極メソッド“が詰まった1冊。「一度片づけたら、絶対に元に戻らない」と全世界で話題を呼び、発行部数は、シリーズ累計1200万部を突破、世界40カ国以上で翻訳されるなど、世界的に大ベストセラーとなっている。

今回「LINEノベル」では、昨今の新型コロナウィルス感染拡大に伴い、在宅での活動を余儀なくされている人々が、おうちで過ごす時間をより有意義な時間にする一助になれば、と先行配信を開始した。

著者:近藤麻理恵 コメント

今、世界中の人々が、日常生活が制限され、おうちで過ごす時間が増えるようになったことで
「家の中をもっと心地よくしたい」「毎日心穏やかに過ごしたい」と感じる人が多いのではないでしょうか。
こんな時期だからこそ、私が改めておすすめしたいのが、片付けです。
片づけをすることで、家の中をスッキリ快適にできるだけでなく、
『自分にとって本当に大切なモノな何なのか』ということを考え直す機会にもなります。
この本によって、1人でも多くの方が、片づけを終わらせて、
心穏やかでときめく時間を過ごせることをお祈りしております。

 

■【LINEノベルで全文無料公開】
『人生がときめく片づけの魔法 改訂版』(著者:近藤麻理恵)

・URL:https://novel.line.me/r/label/novel/18342
・公開期間:2020年4月10日(金)11:00~5月8日(日)11:00

「LINEノベル」は、スマホ読書に適した文字量で、1話を複数の話数で区切っているため、普段小説を読まない方でも、サクサク読みやすく、幅広い世代の方々にお楽しみ頂けます。おうちで過ごす時間が長いこの時期に、素敵な読書体験の提供を目指してまいります。

【著者プロフィール】近藤麻理恵(こんどう・まりえ)
オンラインコミュニティ「こんまりサロン」主宰。
5歳から「ESSE」などの主婦雑誌を愛読。中学生のときに本格的に片づけの研究をスタート。大学在学中の19歳で片づけコンサルティング業務を開始し、独自の片づけ方「こんまり(R)メソッド」を編み出す。
2010年に出版した「人生がときめく片づけの魔法」は世界40カ国以上で翻訳され、シリーズ累計1200万部をこえる世界的ベストセラーに。2015年に米「TIME」誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出。2019年よりNetflixにて公開された「KonMari~人生がときめく片づけの魔法~」はエミー賞2部門にノミネートされ、同年で最も人気のあったノンフィクション番組1位となる。
現在は、ロサンゼルス在住で2人の娘を育てつつ、”片づけを終わらせてときめく毎日を過ごす”ためのコミュニティ「こんまりサロン」を主宰するなど、「片づけ×ときめく生活」をテーマに発信をしている。
新作「Joy at Work」の日本語版が今夏発売予定。

・こんまりサロン公式HP:https://konmari-salon.jp/
・公式HP:https://konmari.jp/

 

■「LINEノベル」アプリについて

「中村航」「鎌池和馬」など多数の人気小説家による「LINEノベル」だけの書き下ろし作品も掲載すると共に、宮部みゆきの「小暮写眞館」(新潮文庫nex)や川原礫の「ソードアート・オンライン」(電撃文庫)など、参画する出版社から提供される既存の人気作品や一般ユーザーによる投稿作品も読むことができる、出版社の枠組みを超えた新しい小説アプリです。さらに、『LINE文庫』『LINE文庫エッジ』といった独自レーベルも展開しており、新たな才能の共有・発掘を行う「あたらしい出版のカタチ」にも取り組んでおり、書き手が活躍できる場も提供しています。

アプリダウンロードURL:https://lin.ee/8kHXPh6/kygb/release
(※スマートフォンのみ閲覧可能です)

公式サイト:https://novel.line.me/
LINEノベル 公式Twitter:https://twitter.com/novel_LINE_jp
LINE文庫/LINE文庫エッジ 公式Twitter:https://twitter.com/linebook_jp
LINE公式アカウント:LINE ID @linenovel
公式ブログ:http://novel-blog.line.me/

 
↑上に戻る