「連続ドラマW 松本清張 眼の壁」場面写真&相関図&長尺PR映像が一挙解禁!銀行を舞台に仕組まれた手形詐欺の真実は

連続ドラマW 松本清張 眼の壁

小泉孝太郎主演の「連続ドラマW 松本清張 眼の壁」(WOWOWにて6月19日(日)午後10:00放送・配信スタート/全5話)の場面写真計8枚に加え、ドラマの相関図が解禁された。さらに長尺のPR動画が解禁された。

「或る「小倉日記」伝」で芥川賞を受賞し、「点と線」「砂の器」ど数々のベストセラー作品を世に送り出した松本清張。そんな彼が「点と線」に次いで発表、社会派推理小説の起点になった記念碑的な作品でもある「眼の壁」(新潮文庫刊)が、没後30年となる節目の年にWOWOWにて待望の連続ドラマ化。昭和32年に発表した傑作ミステリーをバブル終焉期の1990年に舞台を移し、松本清張原作のミステリアスな世界観を蘇らせる。

この度解禁された場面写真には、小泉演じる萩崎竜雄と泉里香演じる上崎絵津子のダンスシーンの他、萩崎と村木満吉(上地雄輔)の2ショットを始め、薮宏太(Hey! Say! JUMP)、甲本雅裕加藤雅也陣内孝則が登場。

それぞれの関係が一目で分かる相関図、さらに萩崎が詐欺の裏に隠された真実に挑む姿が詰まった新着映像含む新PR映像もお見逃しなく。

連続ドラマW 松本清張 眼の壁
連続ドラマW 松本清張 眼の壁
連続ドラマW 松本清張 眼の壁
連続ドラマW 松本清張 眼の壁
連続ドラマW 松本清張 眼の壁
連続ドラマW 松本清張 眼の壁
連続ドラマW 松本清張 眼の壁

原作紹介

眼の壁

松本清張『眼の壁』(新潮文庫刊)
白昼の銀行を舞台に、巧妙に仕組まれた手形詐欺。責任を一身に負って自殺した会計課長の厚い信任を得ていた萩崎は、学生時代の友人である新聞記者の応援を得て必死に手がかりを探る。二人は事件の背後にうごめく巨大な組織悪に徒手空拳で立ち向うが、せっかくの手がかりは次々に消え去ってしまう……。複雑怪奇な現代社会の悪の実体をあばき、鬼気迫る追及が展開する。

【松本清張・プロフィール(1909-1992)】
小倉市(現・北九州市小倉北区)生れ。給仕、印刷工など種々の職を経て朝日新聞西部本社に入社。41歳で懸賞小説に応募、入選した『西郷札』が直木賞候補となり、1953(昭和28)年、『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。1958年の『点と線』は推理小説界に“社会派”の新風を生む。生涯を通じて旺盛な創作活動を展開し、その守備範囲は古代から現代まで多岐に亘った。

ストーリー
1990年、資金繰りに苦しむウキシマ電業製作所の経理課長・萩崎竜雄(小泉孝太郎)は、部長の関野(甲本雅裕)と共に融資交渉に奔?していた。しかし資金の目途が立った矢先、関野が2億円の手形詐欺に遭ってしまい、手形を奪われた関野も姿を消してしまう。経営陣は体面をつくろうため、事件を隠蔽することを決めるが、萩崎は父の恩人でもある関野のために新聞記者の友人・村木(上地雄輔)の力を借りて真相追求に乗り出す。しかし、調べれば調べるほど、事件の闇は深まって行く。背後にうごめく、権力者や組織の影。そして萩崎は、事件の鍵を握るとみられる謎めいた美女・上崎絵津子(泉里香)に辿り着く。

作品タイトル:「連続ドラマW 松本清張 眼の壁」
出演:小泉孝太郎 泉里香 上地雄輔 薮宏太
山崎銀之丞 忍成修吾 中島ひろ子 飯田基祐
甲本雅裕 金田明夫 加藤雅也 陣内孝則
原作:松本清張『眼の壁』(新潮文庫刊)
監督:内片輝(「連続ドラマW 殺人分析班」シリーズ、「連続ドラマW 孤高のメス」他)
脚本:深沢正樹(「警視庁捜査一課長」シリーズ他)
音楽:諸橋邦行
チーフプロデューサー:青木泰憲
プロデューサー:井口正俊 的場政行
企画協力:ナック 菊地実
製作:WOWOW ファインエンターテイメント

「連続ドラマW 松本清張 眼の壁」
6月19日(日)午後10:00放送・配信スタート(全5話)

【放送】毎週日曜 午後10:00[第一話無料放送]【WOWOWプライム】/ 【WOWOW 4K】
【配信】各月の初回放送終了後、同月放送分を一挙配信[無料トライアル実施中]【WOWOWオンデマンド】
【番組特設サイト】https://www.wowow.co.jp/drama/original/menokabe/

関連記事:
小泉孝太郎主演「連続ドラマW 松本清張 眼の壁」豪華オールキャスト&ポスター・特報映像解禁! ―6/19スタート
「連続ドラマW 松本清張 眼の壁」WOWOWで6月放送・配信決定!小泉孝太郎主演で傑作ミステリーが初の連続ドラマ化

↑上に戻る