Netflix映画『浅草キッド』ティザー予告&ティザーアート解禁!主題歌は桑田佳祐「Soulコブラツイスト~魂の悶絶」

浅草キッド

ビートたけしの原点であり、師匠である深見千三郎と過ごした青春時代を、劇団ひとり監督・脚本、大泉洋×柳楽優弥のW主演で描いたNetflix映画『浅草キッド』2021年12月9日(木)より配信)のティザー予告映像とティザーアートが解禁された。また、主題歌は桑田佳祐「Soulコブラツイスト〜魂の悶絶」に決定した。

舞台は昭和40年代の浅草。大学を中退し、“ストリップとお笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込み、東八郎や萩本欽一ら数々の芸人を育ててきた・深見千三郎(大泉洋)に弟子入りしたタケシ(柳楽優弥)。舞台の上だけでなく日常生活においても芸人たる心構えを求める深見のもと、タケシは芸人としての成功を夢見て“笑い”の修行に励んでいたが、テレビの普及と共に演芸場に足を運ぶ人は減る一方…。お茶の間を席巻した大人気芸人を数々育てながら、自身はテレビに出演することがほぼ無かったことから「幻の浅草芸人」と呼ばれた師匠・深見との日々、個性と才能に溢れる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでが描かれる。

解禁となったティザー予告映像は、タケシが深見に「(芸は)何が出来る?」と聞かれ、「ジャズが好きです!」、「やれるのか?」、「いや、聞くだけ」、「聞いてどうすんだバカヤロー!」と突っ込まれるテンポの良いやりとりから始まる。

浅草フランス座のエレベーターボーイをしていたタケシは、深見のコントに惚れ込み、人生をかけて芸人をやっていこうと決意し、弟子入りを志願する。歌手を目指していた踊り子・千春(門脇麦)に「その青春真っ只中みたいな顔、恥ずかしくないの?」と茶化されるシーンや、頑固で口うるさい深見を支える妻・麻里(鈴木保奈美)から「あの男と四六時中一緒にいんのよ私、どう思う?」と愚痴のようなノロケ話を聞かされても嬉しそうに「師匠を尊敬します!」と答える場面など、夢に向かって走るタケシの姿が映し出される。

さらに、コントでホステスを演じるために過剰な厚化粧を施したタケシに向かって深見は、「バカヤロー!芸人なら芸で笑いを取れ!笑われるんじゃねぇぞ、笑わせるんだよ」と一喝。深見の芸人としての矜持が伺える印象的なセリフで、天才タケシの芸人魂が芽生える瞬間が切り取られている。

そして、本作を彩る主題歌はソロとして4年ぶりのEP(ミニアルバム)の発売が話題となっている桑田佳祐の新曲「Soulコブラツイスト~魂の悶絶」。劇団ひとり監督からのオファーを受け、ちょうどこの楽曲を制作中だった桑田が完成前の映像を鑑賞。深見とタケシの2人に通ずる精神性や時代背景など、楽曲と本作の不思議な近似性に桑田「楽曲の世界観がより深まったように感じた」と共鳴し、楽曲提供が実現した。エネルギッシュでアップテンポな曲調に、「命がけで今日も生きてるんだよ 心は土砂降り雨の中」という歌詞が、挫折を繰り返しながらも人生を懸けて芸人を目指すタケシと重なる。なお、大泉洋柳楽優弥劇団ひとり監督からは、主題歌に寄せてコメントも到着している。

同時に解禁となったティーザーアートは、パッと気持ちが明るくなるようなイエローに深見とタケシが佇む、シンプルだが目を引くレイアウト。さらに、一度細かく折ったような跡がデザインされどこか懐かしさを感じるレトロな雰囲気となっている。

日本中が活気と人情に溢れていた昭和という時代を舞台に、師匠と弟子の絆、そして天才誕生の秘話を描いたNetflix映画『浅草キッド』は2021年12月9日(木)よりNetflixにて全世界独占配信。

コメント(敬称略)

大泉洋
この作品のために作られた曲ではないのに、何故この歌はここまでこの作品にハマるのでしょう。いや、ハマるというよりも、この歌は『浅草キッド』そのものを歌っている気さえします。
タケシと師匠深見千三郎の切ないストーリーを最後に笑い飛ばすかのように流れる、明るくて、どこか懐かしいメロディがこの作品をとても前向きな、また違う次元に連れて行ってくれる気がしました。
「幸せになれるワケはないのに、何故イケナイ人を愛しちゃうんだろう?」という歌詞が見事にこの作品を言い表しているのには流石の一言です。

柳楽優弥
今日までに本編を3回観ましたが、3回ともエンディングまで観るくらい『とても好きな曲がまたひとつ増えた!』と感じています。『浅草キッド』の世界観にとても合っていて、高揚感が高まり元気をもらえる曲です。
Netflixはエンドロールで次の作品をオススメしたがりますが、ぜひエンドロールも楽しんでください。

劇団ひとり監督
最後に凸と凹がピタリと合わさるような爽快感です。素晴らしい主題歌をありがとうございました。本作の色々な想いを一つにまとめて頂きました。

ストーリー
昭和40年代の東京・浅草。大学を辞めてフランス座のエレベーターボーイをしていたタケシ(柳楽優弥)は、数々の人気芸人を育ててきた深見千三郎(大泉洋)に弟子入りを懇願。ぶっきらぼうだが、独自の世界観を持つ深見からタップダンスやコントの技術、裏方としての進行、「笑われるな、笑わせろ」といった芸人の矜持に至るまで、「芸ごと」の真髄を叩き込まれていく。「芸人だったらいつでもボケろ」という深見の教えに従い、弟子として行動を共にする中で笑いのセンスを磨くタケシは、歌手を目指す踊り子の千春(門脇麦)や深見の妻・麻里(鈴木保奈美)に見守られ、飛躍的に成長する。だが、テレビの波に押され、フランス座の客足は減り、経営も悪化していく。
そんななか、「外で勝負したい」と考え始めたタケシは、フランス座の元先輩のキヨシ(土屋伸之)に誘われ、漫才コンビ「ツービート」を結成。猛反対を押し切って深見の元を飛び出し、徐々に人気を獲得していく。その一方、時代の流れの中で苦境に立たされる深見。そんなある日、対照的な師匠と弟子の運命が再び交錯する――。

作品タイトル:Netflix映画『浅草キッド』
出演:大泉洋、柳楽優弥
門脇麦、土屋伸之、中島歩、古澤裕介、小牧那凪、大島蓉子
尾上寛之、風間杜夫、鈴木保奈美
原作:ビートたけし「浅草キッド」
監督・脚本:劇団ひとり
音楽:大間々昂
撮影:高木風太
照明:市川徳寿
美術:磯田典宏
録音:池田雅樹
編集:穂垣順之助
VFXスーパーバイザー:牧野由典
音響効果:岡瀬晶彦
衣装:宮本茉莉
メイク:佐々木弥生
スクリプター:古谷まどか
キャスティング:南谷夢
タップダンス指導:HideboH
特殊メイク:JIRO
助監督:蔵方政俊
制作担当:桑原学
エグゼクティブ・プロデューサー:高橋信一(Netflix コンテンツ・アクイジション部門マネージャー)
プロデューサー:有重陽一(日活株式会社 シニア・プロデューサー)、深津智男(ジャンゴフィルム)
企画・製作:Netflix
制作プロダクション:日活・ジャンゴフィルム

Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/浅草キッド

2021年12月9日(木)よりNetflixにて全世界独占配信

 

関連記事:
Netflix映画『浅草キッド』超ティーザー映像&超ティーザーアート解禁!ビートたけしの原点がここに ―12/9(木)より配信
Netflix映画『浅草キッド』門脇麦、土屋伸之(ナイツ)、鈴木保奈美ら浅草フランス座の個性豊かな新キャスト解禁!
Netflix映画『浅草キッド』制作決定!ビートたけし原作×劇団ひとり監督・脚本、主演は大泉洋&柳楽優弥 ―コメントあり

↑上に戻る