『デンジャー・クロース 極限着弾』4月17日(金)日本公開決定&予告編解禁!ベトナム戦争での知られざる激戦を完全映画化

デンジャー・クロース 極限着弾

ベトナム戦争での知られざる激戦を、オーストラリア映画界が総力を結集して描く『デンジャー・クロース 極限着弾』が4月17日(金)より新宿バルト9ほかで日本公開となる。この度、予告編が解禁となった。

「デンジャー・クロース」とは、「味方にも砲撃が届くほどの超至近距離での交戦」。
本作が描くのは、1966年8月18日、南ベトナムの農園地帯“ロングタン”でオーストラリア軍108人がベトナム解放民族戦線2,000人に対峙した戦闘「ロングタンの戦い」だ。

ハリー・スミス少佐(トラヴィス・フィメル)率いるD中隊は、オーストラリア軍司令部基地への迫撃の発射地点を突き止めるため偵察に向かう。第10、11、12の3小隊に分かれて前線を進む中、ロングタンで第11小隊がついに会敵。見晴らしが悪く、遮蔽物の少ない森林地帯を進む小隊に容赦ない機関銃掃射が浴びせられる。「敵が3方から接近!兵力は予想よりはるかに強大!」という通信兵からの必死の呼びかけに動揺する司令部基地。隊員たちは、自らの命を顧みず、砲撃を受けても全くひるまずに向かってくるベトナム解放民族戦線に驚愕の表情を浮かべる。さらに四方八方から銃撃を受ける絶体絶命の状況に追い込まれる。

次々と現れる敵兵からの激しい銃撃、全く逃げ場のない極限下で、遂に味方の命を失いかねない危険なミッション「デンジャー・クロース」を申請する。目の前に着弾する砲撃が激しい爆発を起こす。D中隊を率いるスミス少佐は、「仲間がピンチだ。助けに行くぞ」と、敵に囲まれた危険地帯で孤立する11小隊の救助を決断。本部でも、応援の大隊を出撃させるか否かの決断が迫られていた。仲間を救うために、戦闘機がナパーム弾を投下、UH-1ヘリによる援護射撃、ジャングルでの激しい銃撃戦へと、緊迫の映像が続く。

デンジャー・クロース 極限着弾

デンジャー・クロース 極限着弾

デンジャー・クロース 極限着弾

デンジャー・クロース 極限着弾

デンジャー・クロース 極限着弾

作品タイトル:『デンジャー・クロース 極限着弾』
出演:トラヴィス・フィメル(『ウォークラフト』)、ルーク・ブレイシー(『X-ミッション』)、リチャード・ロクスバーグ(『サンクタム』)ほか
監督:クリフ・ステンダーズ(『殺し屋チャーリーと6人の悪党』)
脚本:スチュワート・ビーティ(『コラテラル』)
2018年/オーストラリア/英語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/118分
原題:Danger Close The Battle of Longtan
G
配給:彩プロ

公式サイト:http://dangerclose.ayapro.ne.jp/
コピーライト:(c) 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA

4月17日(金)より新宿バルト9にて全国ロードショー

 
↑上に戻る