【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

『白鍵と黒鍵の間に』池松壮亮が演奏する“あの曲”「ゴッドファーザー 愛のテーマ」も…予告編&メインビジュアル2種解禁

白鍵と黒鍵の間に

池松壮亮が二人のピアニストを一人二役で演じ分ける、冨永昌敬監督最新作『白鍵と黒鍵の間に』(10月6日(金)公開)の予告編&メインビジュアル2種が解禁された。

本作の舞台は昭和末期、夜の街・銀座。未来に夢を見る「博」と夢を見失っている「南」。二人のピアニストの運命が大きく狂い出す一夜を描く物語。

原作はジャズミュージシャンで、エッセイストとしても才能を発揮する南博の「白鍵と黒鍵の間に-ジャズピアニスト・エレジー銀座編-」。ピアニストとしてキャバレーや高級クラブを渡り歩いた3年間の青春の日々を綴った回想録だが、共同脚本を手がけた冨永監督と高橋知由が一夜の物語に大胆にアレンジ。南がモデルの主人公を「南」と「博」という二人の人物に分けて、“3年”におよぶタイムラインがメビウスの輪のようにつながる“一夜”へと誘い、観る者を翻弄する。

南は才能にあふれているが、夜の世界のしがらみに囚われて夢を見失ってしまったピアニスト。博は希望に満ち、ジャズマンになりたいという夢に向かって邁進する若きロマンチスト。南と博は、時にすれ違い、時にシンクロするカードの裏表のような関係で、池松が繊細に演じ分けてみせた。

今回解禁となった予告編は、半年間の猛練習を経て習得した池松本人による“あの曲”「ゴッドファーザー愛のテーマ」の演奏シーンから始まる。この曲を銀座で演奏できるのはただ一人。界隈を牛耳るヤクザの会長、熊野(松尾貴史)のお気に入りで、銀座を代表する高級クラブ「スロウリー」と「リージェント」を掛け持ちする敏腕ピアニスト「南」だけ。熊野会長にしかリクエストできない“あの曲”として、一帯のクラブ・キャバレー・スナックでは“あの曲”だけは弾いてはならない、と暗黙の掟が守られていた。しかしある夜、銀座の夜の世界に足を踏み入れたばかりの若きピアニスト「博」がその掟を破ってしまう。

「ゴッドファーザー、弾いちゃった?リクエストしていいのは一人だけなんだ。銀座で一番エラーイ人」、「その指、ぜ~んぶ切り落とされちゃうよ?」と銀座のクラブバンドを仕切るバンマス・三木(高橋和也)や、先輩ピアニストの千香子(仲里依紗)らに脅される博だが、彼に“あの曲”を弾かせたのは、刑務所から出所してきたばかりの謎の男“あいつ”(森田剛)だった。

一方、南は千香子に「俺さ、ボストンに行くんだ。ここでピアノを弾くのは今夜が最後だ」と打ち明けるが、千香子は「今夜の問題をどうするかだ」と今夜の不吉な予感を匂わせる。“あの曲”が鳴らされたことで、クセ者たちが銀座に集い、狂騒の“一夜”が幕を開ける!

未来に夢を見る若きピアニスト「博」と、夢を見失った敏腕ピアニスト「南」。二人のピアニストの人生が交わり連なり、一つの人生が浮かび上がる。現実と夢の間に、博と南の間に、そして、白鍵と黒鍵の間には何があるのか…予測不可能な“一夜”に誘われるような本編に期待がふくらむ。

あわせて解禁された、ポスタービジュアルでもあるメインビジュアルA<人生の隙間を音楽が埋める>は、切なげにピアノを弾く池松の横顔ともう一人のピアノを弾く手元が交わる、青のグラデーションが幻想的。

一方、メインビジュアルB<人生が交わる“一夜”のジャズ・セッション>には、池松演じるピアニストと本作で映画初出演を果たしたサックス奏者、松丸契演じるK助が、路上に捨てられていたピアノでジャズ・セッションを響かせる姿が切り取られ、青い夜の世界が広がる。

白鍵と黒鍵の間に

また、本作のムビチケ(前売券)が8月11日(金)より発売となることも決定。
池松、仲、森田のキャラクタービジュアルが使用された「特製ステッカーセット」が特典となる(数量限定・一部劇場を除く)。

白鍵と黒鍵の間に
ムビチケ(前売券)
白鍵と黒鍵の間に
ムビチケ(前売券)
目次