『麻雀放浪記2020』斎藤工、日本テレビ「ウチのガヤがすみません!」に初登場!まさかの展開で神回誕生!-4月2日(火)放送

映画『麻雀放浪記2020』が4月5日(金)より全国公開となる(配給:東映)。主演は、映画版『麻雀放浪記』を傑作の1つと公言している斎藤工。10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。 そして、いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナーであり、『孤狼の血』で賞レースを総ナメにした白石和彌が監督を務める。
原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、最もエキサイティングで危険な作品がついに誕生した。

このたび本作のPRで、主演の斎藤工が「ウチのガヤがすみません!」に登場。注目は、<斎藤工が完コピするネタはどれだ選手権!>。
この日も、多くの芸人が集まった。斎藤工がゲストで来るということで、芸人たちはいつになく気合が入っている。それは、2016年年末、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」(日本テレビ系)に登場した斎藤工が、サンシャイン池崎のネタを“サンシャイン斎藤”として完コピしたことで話題になり、翌年2017年には、サンシャイン池崎が大ブレーク。

そこで、今回集まったガヤ芸人の中から、<斎藤工が完コピするネタはどれだ選手権!>3組の芸人がネタを披露し、斎藤工が完コピをするネタを選ぶコーナーで、“おもてなし”。まさかの展開で神回の誕生をぜひ、お見逃しなく!

4月2日放送の「ウチのガヤがすみません!」
BIGゲスト 斎藤工が登場!ガヤ芸人たちがおもてなし!
伝説の回となる、斎藤工 回ぜひお見逃しなく!!

尼神インターの女芸人激白ファイル!
悩みやトラブルを抱えている女芸人が勇気を出して告白する企画!
先輩芸人をボコボコにした尼神インター渚に、一同納得の理由が!
しかし唯一納得できない先輩芸人の反撃とは!?
さらに涙あり、ドッキリありの恋愛告白に爆笑の渦!

斎藤工が「システマ」をマスター!?
斎藤工が気になっていたという、元ピーマンズスタンダードみなみかわの
「システマ」その場で「システマの神髄」を教わった斎藤工とみなみかわの
「システマ対決」!
あの斎藤工に「元プロキックボクサー芸人」の強烈なキックが炸裂!
果たしてその勝負の結果は!!

信頼ゲームでインスタ100万回再生!
テレビ初の「信頼ゲーム」をコロコロチキチキペッパーズが披露。
両手を合わせた手が顔にめがけて突っ込んでくるが、ギリギリで合わせていた手を離すというもの。そこで目を閉じてしまった人が負け。シンプルなゲームなのに、何故かスタジオ大爆笑!!

完コピするネタはどれだ選手権!
3組の芸人がネタを披露し、斎藤工が完コピをするネタを選ぶコーナー。
しかし斎藤工が選んだのは、絶対に選ばれないと思われていた衝撃ネタ!
まさかの展開に出演者、スタッフ、関係者が大パニック!!
歓声と奇声と悲鳴がスタジオ中に響き渡る!
その驚愕の光景は、間違いなく、ガヤ史上最高の伝説となる!!

【番組概要】
ヒロミ&フット後藤…人気MCがタッグを組み、総勢50名を超えるガヤ芸人たちを使って、ゲストを笑いとともに掘り下げる新型トークショウ!笑い、食、歌、ありとあらゆるジャンルにおいてガヤ芸人たちが持っている技術や経験を活かしながら、ゲストが興味の持てる「おもてなし」をガヤ芸人から!

★番組名:ウチのガヤがすみません!
★放送時間:2019年4月2日(火)23:59~24:54 (毎週火曜放送 日本テレビ系全国ネット)
★出演者:
<MC>ヒロミ、後藤輝基(フットボールアワー)
<ゲスト>斎藤 工
<ガヤ芸人>相席スタート、アインシュタイン、尼神インター、アンダーバー、インディアンス 田渕章裕、鬼越トマホーク、
男と女 、コロコロチキチキペッパーズ、THE GREATEST HITS、チャイスー、天狗、天才ピアニスト ますみ、なすなかにし、ニッチェ、脳みそ夫、バッドナイス常田、ハリウリサ、フタリシズカ、紅しょうが、Mr.シャチホコ、みなみかわ、りんご ※五十音順

イントロダクション

主人公“坊や哲”を演じる斎藤工は、10年の歳月をかけ、猛烈な熱量でこのプロジェクトを発信。1945年の《戦後》から東京オリンピックが中止となった2020年の新たな《戦後》へ“奴”はやってきた。その男の目に映るのは、彼の知る戦後とは別の意味で壊れたニッポンの姿。この一見絵空事のような未来に現れた“奴”の名は“坊や哲”。二十歳で童貞、幾多の劇戦賭博を制してきた若き天才ギャンブラー、坊や哲はが次に戦うのは、この未来の日本だったのだ。
原案は昭和の大傑作「麻雀放浪記」。かつて和田誠監督にも映画化され、今や250万部を超える阿佐田哲也の代ベストセラー。戦後アウトローを活写した、そのスピリットを受け継ぎながらも、『麻雀放浪記2020』は唯一無二の娯楽エンタテインメントへと独自の進化を遂げた。
監督は『孤狼の血』で「ブルーリボン賞」「日本アカデミー賞」など今年度映画賞総なめの白石和彌。いま最も攻めてる監督が、過去作を超越する熱きアウトサイダーと問題提起を炸裂させる。

ストーリー
主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。なぜ?人口は減少し、労働はAI(人口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている・・・。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった・・・嘘か?真か!?1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

作品タイトル:『麻雀放浪記2020』
キャスト:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、ピエール瀧、音尾琢真、小松政夫 / 竹中直人 ほか
監督:白石和彌
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
映倫区分:PG12/上映時間:118分
配給:東映

公式サイト:http://www.mahjongg2020.jp/
コピーライト:(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

4月5日(金)全国ロードショー!

↑上に戻る