【プレゼント】映画『マイ・ブックショップ』作家・林真理子さん登壇予定!アフタートーク付き一般試写会5組10名様ご招待☆

マイ・ブックショップ1950年代のイギリス。書店が1軒もなかった町に、本屋を開こうとした女性の物語。
英ブッカー賞受賞作家の原作を、『死ぬまでにしたい10のこと』のイザベル・コイシェ監督とビル・ナイら実力派キャストで映画化した話題作『マイ・ブックショップ』が3月9日(土)よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次ロードショーとなる。

このたび本作の公開に先駆け、ゲストに作家の林真理子さんをお迎えして、トーク付き試写会の実施が決定いたしました!貴重な機会となりますので、どうぞお見逃しなく…!
皆様のご応募を心よりお待ちしております。
※応募締切:2019年2月18(月)

『マイ・ブックショップ』アフタートーク付き一般試写会5組10名様ご招待!

【日時】3月1日(金) 18:50開場/19:10開演(上映時間112分)
【場所】シネスイッチ銀座
(東京都中央区銀座4丁目4-5 旗ビル)
◎上映終了後、ゲスト:林真理子さん(作家)による30分のトークがあります。

【ご注意事項】
※本イベントは郵送(招待状)での当選通知となります。
※予告なくイベントが中止、日程や時間が変更となる可能性がございます。
※やむを得ず、ゲストの登壇が当日変更・キャンセルとなる場合がございます。
※開演後のご入場は堅くお断りいたします。
※満員の際は消防法によりご入場をお断りいたします。予めご了承ください。
※当日は、メディア取材が入る予定です。お客様が取材等で写り込む場合がありますので予めご了承下さい。
※録画・録音機器などのお持込はご遠慮ください。
※会場までの交通費、宿泊費などは、当選者様ご自身のご負担となります。
※当選の途中経過や当選結果に関するお問い合わせは承ることができませんので、ご了承ください。

【応募方法:1】
アネモにご登録を頂いている方は、各注意事項の記載内容にご同意の上、「応募ページへ(ログイン)」よりお申込みください。
※ログインには、アネモへのご登録(無料)が必要です。
応募ページへ

 

【応募方法:2】
TwitterでRT&フォロー頂いた方は、各注意事項の記載内容にご同意の上、「Facebook・Twitter応募フォームへ」より、申込フォームへお進みください。
※こちらは、ログイン(会員登録)無しでお申込み頂ける応募フォームですアネモ会員様もご利用頂けますが、お手数でなければ、上記「応募ページへ(ログイン)」よりお申込み下さい。
Facebook・Twitter応募フォームボタン


第32回ゴヤ賞主要3冠(作品・監督・脚色)受賞
第68回ベルリン国際映画祭ベルリナーレ・スペシャル部門出品

舞台は1959年のイギリス。ある海岸地方の町。戦争で夫を亡くした女性フローレンスが、書店が1軒もなかった町で、夫との夢だった書店を開業しようとする『マイ・ブックショップ』。
世界で最も権威ある文学賞の1つである英国ブッカー賞受賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの原作を、『死ぬまでにしたい10のこと』『しあわせへのまわり道』のイザベル・コイシェ監督エミリー・モーティマー、ビル・ナイ、パトリシア・クラークソンの実力派キャストで映画化した。

画像04

エミリー・モーティマー

画像02

ビル・ナイ

画像03

パトリシア・クラークソン

物語のキーとして、レイ・ブラッドベリの「華氏451度」やウラジミール・ナボコフの「ロリータ」といった文学史上の名作の数々も登場する。
実力派俳優のアンサンブル、衣装や美術、小道具が蘇らせる50年代イギリスの雰囲気、夢のために一歩を踏み出す一人の女性の勇気と痛み、そして本離れ・書店離れがすすむ現代の人々に、一期一会の本との出会いのかけがえのなさを伝える感動の一作。

 

ストーリー
1959年のイギリス。書店が1軒もなかった保守的な地方の町で、夫を戦争で亡くした未亡人フローレンスが、周囲の反発を受けながらも本屋のない町に本屋を開く。ある日、彼女は、40年以上も邸宅に引きこもり、ただ本を読むだけの毎日を過ごしていた老紳士と出会う。フローレンスは、読書の情熱を共有するその老紳士に支えられ、書店を軌道に乗せるのだが、彼女をよく思わない地元の有力者夫人は書店をつぶそうと画策する。

画像01

画像05

画像06

画像07

画像08

画像09

画像10

画像11

画像12

作品タイトル:『マイ・ブックショップ』
出演:エミリー・モーティマー、ビル・ナイ、パトリシア・クラークソン
監督&脚本:イザベル・コイシェ
原作:「ブックショップ」ペネロピ・フィッツジェラルド著(ハーパーコリンズ・ジャパン*3/1刊行)
2017|イギリス=スペイン=ドイツ|英語|カラー|5.1ch|DCP 原題:The Bookshop
配給:ココロヲ・動かす・映画社○

公式サイト:http://mybookshop.jp/
コピーライト:(C) 2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.

3月9日(土)よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次ロードショー

関連記事:
50年代のイギリスを舞台に亡き夫との夢だった書店を開業した一人の女性を描く『マイ・ブックショップ』3/9(土)公開決定
映画『マイ・ブックショップ』予告編&ポスター解禁!本屋が1軒もなかった町に書店を開業した未亡人を描く―3月順次公開

↑上に戻る