コン・ユ&パク・ボゴム『SEOBOK/ソボク』第一弾予告編到着!永遠の命を巡る壮絶な戦いを描くSFエンターテインメント

SEOBOK/ソボク

コン・ユ&パク・ボゴム出演映画『徐福』が邦題を『SEOBOK/ソボク』とし、7月16日(金)より新宿バルト9ほか全国公開が決定あわせてティザービジュアル、予告〈第一弾〉が到着した

余命宣告を受けた元情報局員・ギホン。死を目前にし明日の生を渇望する彼に、国家の極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン・ソボクを護衛する任務が与えられる。だが、任務早々に襲撃を受け、なんとか逃げ抜くもギホンとソボクは2人だけになってしまう。危機的な状況の中、2人は衝突を繰り返すも、徐々に心を通わせていく―。しかし、人類の救いにも、災いにもなり得るソボクを手に入れようと、闇の組織の追跡は更に激しくなっていく― 。

死を目の前にした元情報局員・ギホンを演じるのは、『新感染ファイナル・エクスプレス』『82年生まれ、キム・ジヨン』などに出演のコン・ユ。死ぬことのない永遠という時間の中に閉じ込められた人類初のクローン・ソボク役にはパク・ボゴム。監督は『建築学概論』のイ・ヨンジュが務めた。

この度解禁となったティザービジュアルでは、遠くを見つめるクローン・ソボクと、彼を暖かい眼差しで見つめるギホンが印象的なもの。コピーには「君か、世界か―」と記され、ソボクを巡る壮大な物語が予感させられる。

また、予告〈第一弾〉では、2人の出会いのシーンから始まり、命を狙われるソボクと、彼を守るギボンの姿が迫力の映像とともに映し出される。

作品タイトル:『SEOBOK/ソボク』
出演:コン・ユ『新感染ファイナル・エクスプレス』 パク・ボゴム「青春の記録」
監督:イ・ヨンジュ『建築学概論』
2021年/韓国/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/114分/原題:서복

公式サイト:seobok.jp
コピーライト:(c)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

7月16日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

↑上に戻る