【レポート】『水は海に向かって流れる』完成披露試写会に広瀬すず、大西利空、高良健吾ら豪華キャスト陣&監督登壇!

水は海に向かって流れる

映画『水は海に向かって流れる』(6月9日(金)公開)の完成披露試写会に、主演の広瀬すずをはじめ、大西利空、高良健吾、戸塚純貴、當真あみ、生瀬勝久、前田哲監督が登壇した。

『水は海に向かって流れる』完成披露試写会 概要

日時:5月10日(水)18:20~18:50
登壇者(敬称略):広瀬すず、大西利空、高良健吾、戸塚純貴、當真あみ、生瀬勝久、前田哲監督/MC:奥浜レイラ
場所:有楽町朝日ホール

田島列島による同名コミックが原作で、26歳のOL・榊さんと高校1年生の直達を中心に曲者揃いのシェアハウスの賑やかな日常が描かれる本作は、「恋愛はしない」と宣言する榊さんと10歳年下の直達が綴る、ときめきと感動の物語。

過去のある出来事から「一生、恋愛はしない」と宣言するOL・榊千紗を演じた広瀬は、“年上のお姉さん”的役どころに「なぜ私にこの話が来たのかと。私には妹や末っ子イメージが強いと思うので、最初は『え?』と思いました。でも新しい挑戦でもあり、OLといっても働いているシーンはないので、意外とありのままというか変に構えずにできるかなと思った」と振り返った。

また、シェアハウスに引っ越してきた恋に鈍感な高校生・熊沢直達役の大西については「利空君とも年齢が離れているので距離感には苦労せず、楽しく演じることができました」と息ピッタリのようだった。

その大役をオーディションで掴んだ大西は、「大きな役だったので自分に務まるのかと心配だった。でも皆さんとても面白くて気さくで優しい方ばかり。いい現場で良かったです」と笑顔。

一方、直達の叔父でシェアハウスに住む脱サラした漫画家・歌川茂道役の高良は、広瀬について「撮影中はあまり喋れなかったので今緊張しています」と照れつつも、「役としての佇まいとか、広瀬さんはカッコいい人だなと思って現場で見ていました」とコメント。

シェアハウスの住人で女装の占い師・泉谷颯役の戸塚は「洗濯物を運ぶ際に、カゴから女性ものの下着がはみ出すシーンがあって、それがなかなか上手くいかず。スタッフみんなでブラとパンツをまさぐり合っての試行錯誤が大変でした」とユーモラスな舞台裏を回想した。

颯の妹で直達の同級生・泉谷楓役の當真は、これが長編実写映画デビュー作。「最初は手が震えるくらい緊張したけれど、皆さんが優しく声をかけてくれて後半に従って慣れていきました」と先輩勢に感謝。これに広瀬は「ずっと可愛くて可愛くて…話が頭に入ってこない!」と當真の初々しさにメロメロだった。

そしてシェアハウスの住人で、世界中を旅する大学教授・成瀬賢三役の生瀬は、広瀬の連ドラ初主演作「学校のカイダン」(2015年)での初共演時を振り返り、「(当時の広瀬は)それこそあみちゃんみたいに緊張されていて、とにかく可愛くて元気があってやる気しかなかったような少女がこんなお芝居をするようになって…」と泣いたふりをしながら感慨深げな様子。

そんな生瀬に広瀬は「目、カラカラですよ!?」と笑いつつも、「16歳の時に初めて務めた主演ドラマの現場で人と話すシーンがあった時、生瀬さんが人と会話するときのコツを何日も話してくれて、こんなに自分と向き合ってくれる先輩がいるんだと思った」と当時を回想。「今回生瀬さんが出ると知って、正直一番嬉しかった。こうして一緒に舞台に立てて光栄です」と感激していた。

そして前田監督は、大西と當真の成長に目を細め「立派になって驚いています。親としてウウウッとなります」と生瀬同様、感極まったふりをしながら喜んでいた。

続いて、映画のタイトルにかけ、“水が海に向かって流れる”ように最近「すっきりした」ことを問われた広瀬は、「普段声を出して怒ることがないので、あるお芝居で喉がつぶれるほど声を出し続けたときにすっきりしました。私、溜まっているのかな?と思ったけれど、ワー!と声に出したらスコーンと気持ち良くなった。怒鳴るとか叫び続けることが新鮮でした」とストレス解消を実感。同じ質問に生瀬は「髪の毛を切ってすっきりしました。以上!」とさっぱりした表情だった。

さらに広瀬は「一生、恋愛はしない」と宣言するOL・榊千紗にちなんで「一生、〇〇しない」ことを尋ねられると、「周りから気が強そうと言われるので、一生気を強くい過ぎない!」と答えるも、「でもまあまあ気は強いんでしょうね…」と苦笑いだった。

また、「最近一番ときめいたこと」を発表することになると、前田監督は「(広瀬)すず」、生瀬は「食事」、當真は「猫」、戸塚は「新しく買ったドラム式洗濯機」、高良は「地元熊本の琥珀コーヒー」、野球好きの大西は「中田翔選手のサヨナラホームラン」と回答。

そして広瀬は「一目惚れしたお気に入りのダイニングテーブル」と答え、「引っ越し先の部屋にそのダイニングテーブルが入らないと言われたけれど、別の業者にお願いをしたらギリギリ入れると言われた。やっと迎え入れることが出来そうで、嬉しくて業者さんと握手しました」と喜色満面で報告した。

最後に、主演の広瀬は「愉快な仲間たちとシェアハウスを舞台に穏やかな時間が流れているけれど、一人一人繊細な感情がグルグルと回っています。最後は皆さんにそっと寄り添ってくれるような作品になっていますので、楽しんで観てください」とアピールしていた。

水は海に向かって流れる
水は海に向かって流れる
水は海に向かって流れる
水は海に向かって流れる
水は海に向かって流れる
水は海に向かって流れる
水は海に向かって流れる
水は海に向かって流れる

ストーリー
この雨の日の出会いが、世界を変えたー
通学のため、叔父・茂道(高良健吾)の家に居候することになった高校生の直達(大西利空)。だが、どしゃぶりの雨の中、最寄りの駅に迎えにきたのは見知らぬ大人の女性、榊さん(広瀬すず)だった。案内されたのはまさかのシェアハウス。いつも不機嫌そうにしているが、気まぐれに美味しいご飯を振る舞う26歳のOL・榊さんを始めとし、脱サラしたマンガ家の茂道(通称:ニゲミチ先生)、女装の占い師・泉谷(いずみや/戸塚純貴)、海外を放浪する大学教授・成瀬(なるせ/生瀬勝久)…と、いずれも曲者揃いの男女5人、さらには、拾った猫ミスタームーンライト(愛称:ムー)をきっかけにシェアハウスを訪れるようになった直達の同級生で泉谷の妹・楓(かえで/當真あみ)も混ざり、想定外の共同生活が始まっていく。そして、日々を淡々と過ごす榊さんに淡い想いを抱き始める直達だったが、「恋愛はしない」と宣言する彼女との間には、過去に思いも寄らぬ因縁が……。榊さんが恋愛を止めてしまった《本当の理由》とは・・・?

作品タイトル:『水は海に向かって流れる』
出演:広瀬すず
大西利空 高良健吾 戸塚純貴 當真あみ/勝村政信
北村有起哉 坂井真紀 生瀬勝久
監督:前田哲
原作:田島列島「水は海に向かって流れる」(講談社「少年マガジンKCDX」刊)
脚本:大島里美
音楽:羽毛田丈史
主題歌:スピッツ「ときめきpart1」(Polydor Records)
製作プロダクション:スタジオブルー
製作:映画「水は海に向かって流れる」製作委員会
配給:ハピネットファントム・スタジオ

公式サイト:https://happinet-phantom.com/mizuumi-movie/
公式Twitter:mizuumi_movie
公式Instagram:mizuumi_movie
コピーライト:(C)2023映画「水は海に向かって流れる」製作委員会 (C)田島列島/講談社

6月9日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

関連記事:
映画『水は海に向かって流れる』田島列島による特別描き下ろし漫画解禁&山下和美ら人気漫画家からの絶賛コメントが到着!
広瀬すず主演『水は海に向かって流れる』當真あみが部活にも恋にもひたむきな女子高生を演じる場面写真が解禁!
『水は海に向かって流れる』クールな“オトナ女子”広瀬すずの魅力満載!公式フォトブック&ノベライズ本の発売決定
広瀬すず主演『水は海に向かって流れる』 高良健吾、戸塚純貴、生瀬勝久、當真あみ、シェアハウス住人たちの写真到着!
【応募終了】キャスト・監督登壇予定!『水は海に向かって流れる』舞台挨拶付き完成披露イベント15組30名様ご招待☆
映画『水は海に向かって流れる』広瀬すずと個性豊かなキャラクター達を写した場面写真一挙解禁!豪快な特盛料理シーンも
広瀬すず主演『水は海に向かって流れる』スピッツの主題歌が初披露となる予告映像解禁!全キャストも明らかに
『水は海に向かって流れる』広瀬すずとシェアハウスで同居する10歳年下の相手役は大西利空!高良健吾、當真あみも出演決定
田島列島「水は海に向かって流れる」が広瀬すず主演×前田哲監督で映画化決定!超特報映像&ティザービジュアル解禁

↑上に戻る