【プレゼント】『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』6月25日(金)公開記念!オリジナル絵本型シールを5名様に☆

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑

『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』が6月25日(金)より公開となる。

イギリスで最も美しいと称えられる湖水地方を舞台に、世界で一番愛されるウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター原作の絵本「ピーターラビット」。シリーズ累計発行部数全世界2億5000万部を超え、2018年に初めてハリウッドで実写映画化されると全世界興行収入が約386億円を超える大ヒットを記録。あれから3年、ピーターが今度は“モフワル”になって帰ってきた。

本作の公開を記念して、『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』オリジナル絵本型シールを5名様にプレゼント!皆様からのご応募を心よりお待ちしております。

ピーターラビット2/バーナバスの誘

【プレゼント名/ご当選者数】
『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』オリジナル絵本型シール/5名様
※応募締切:2021年6月24日(木)

【応募方法1】 WEBサイトからのご応募(ログイン)
※ご応募には、アネモへのご登録(無料)が必要です。
※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。


【応募方法2】 Twitterからのご応募
下記ボタンをクリックいただき、応募要項をご確認の上、お申込み下さい。

twitterから応募する

ピーターが大都会で出会ったのは、
モフワル200%なバーナバスだった―。

今作では新たなキャラクターが登場し、物語を思いも寄らない方向へ進めていく。副題にもなっているバーナバスは、ピーターの亡くなった父親の親友であり、都会で人間に恨みを抱く動物たちを組織している。湖水地方から家出したピーターは、都会でタフに生き抜く頼もしい彼に父親の面影を重ねて、やがて悪の道へ誘われて行く。バーナバスとの出会いによって、<モフカワ>から<モフワル>へピーターがさらに飛躍する―。

ストーリー
前作から3年−−ついに、ビアとマグレガーが結婚することに!ここ湖水地方で、ピーターはビアとマグレガーと“家族”として仲良く暮らすはずが、父親気取りのマグレガーに叱られ続け、イライラの毎日。元々マグレガーとは犬猿の仲で、ピーターの父親をパイにして食べた因縁の一族のひとりという遺恨もある。「あんなヤツ、父親じゃない!こんな生活ウンザリだ!」我慢の限界を超えたピーターは、湖水地方を飛び出し大都会へ家出してしまう−−。そこで出会ったのは、ピーターの父親の親友だったと語るバーナバス。都会でタフに生き抜くバーナバスに父親のような頼もしさを感じるピーター。しかし、人間に恨みを抱くバーナバスは、人家の冷蔵庫から野菜や果物を盗み、都会の動物たちを組織して、人間への復讐の機会をうかがっていた。ある日、バーナバスはイギリス中から市場に集まった最高級ドライフルーツの強奪作戦を計画。認めてもらいたいピーターは、湖水地方の妹や動物の仲間たちをメンバーに加えて作戦に参加する。作戦が成功したかに見えたその時、人間に捕まってしまう妹や仲間たち−−。最大の危機にピーターの前に現れたのは…まさかのマグレガー!?

ピーターラビット2/バーナバスの誘
ピーターラビット2/バーナバスの誘
ピーターラビット2/バーナバスの誘
ピーターラビット2/バーナバスの誘
ピーターラビット2/バーナバスの誘
ピーターラビット2/バーナバスの誘

作品タイトル:『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』
声の出演:ジェームズ・コーデン(『オーシャンズ8』CBSトーク番組「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」司会)/マーゴット・ロビー(『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)/エリザベス・デビッキ(『TENET テネット』)
出演:ドーナル・グリーソン(『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』)/ローズ・バーン(『ANNIE/アニー』)
日本語吹替版:千葉雄大(ピーター)/哀川翔(バーナバス)/浅沼晋太郎(マグレガー)/安元洋貴(ナイジェル)/鈴木達央(まちねずみジョニー)/森久保祥太郎(こねこのトム)/木村昴(大道芸リス)/千葉繁(JWルースター2世)
監督:ウィル・グラック(『ピーターラビット』『ANNIE/アニー』)
原題:Peter Rabbit 2: The Runaway
US公開日:2021年6月11日予定
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

公式サイト:https://www.peterrabbit-movie.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/PeterRabbit_JP
公式Facebook:https://www.facebook.com/PeterRabbitMovieJP/
公式Instagram:https://www.instagram.com/PeterRabbitMovieJP/ #ピーターラビット

6月25日(金)全国ロードショー

 

関連記事:
“新旧ピーターラビット”黒柳徹子&千葉雄大がうさ耳で2ショット!『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』CM映像公開
映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』×大人気キャラクター「うさぎ100%」とのコラボ映像&アートが解禁!
『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』本編映像解禁!かつての恋敵・マグレガーにピーターが強烈”うさキック”
『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』全米公開が2021年4月2日に再延期、日本公開も延期が決定
『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』ポスター・チラシにはエコロジー用紙を使用!作品メッセージを受けての取り組み
【レポート】『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』千葉雄大&哀川翔が“ウサ耳”スクショタイムで“うさグレ”ポーズ!
『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』来年2/5(金)日本公開決定!全国300館以上で公開、日本版ポスターも解禁
『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』日本語吹替版声優・千葉雄大&哀川翔が緊急出演する生配信10/27(火)開催決定!
『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』全米公開は2021年1月15日に延期、日本公開も延期が決定
【レポート】『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』千葉雄大がピーター役続投、哀川翔が地下組織のボス・バーナバス役に
『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』日本公開決定&予告編初解禁!今度のピーターは”悪”に染まる!?

プレゼント応募要項(Twitterからのご応募

【プレゼント名/ご当選者数】
『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』オリジナル絵本型シール/5名様

【応募条件】
◎Twitterのアカウントをお持ちの方
◎応募要項の「※注意事項」にご同意いただける方

【応募方法】
@anemo_movieをフォロー&プレゼントの記事をRT → 応募完了です!

【応募締切】
2021年6月24日(木)

【当選発表】
応募締切後、原則として1週間以内(※締切日が「土日・祝」前日となる場合は、翌営業日にご連絡いたします)に、応募者様の中から厳正な抽選のうえ当選者を決定し、当選者の方にはTwitter(@anemo_movie)のDM(ダイレクトメッセージ)にて通知させて頂きます。
また当選通知の際に、当選者の方に対し、発送に必要なお届け先情報(お名前、郵便番号・住所等)を別途、お伺いしますので通知メール内に記載される期限までにご回答ください。
なお、WEBサイトからご応募頂いた当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

※当選発表は行いませんので、予めご了承くださいますようお願いいたします。
※フォローは解除されないようご注意ください。また、DMは「すべてのユーザーからDMを受け取る」の設定をオンにしてください。
※都合により当選通知のご連絡が遅れる場合もございます。予めご了承ください。

【ご注意事項】
※お一人様につき1回のご応募とさせていただきます。
※ご応募は日本国内在住の方に限らせていただきます。
※賞品の発送先は日本国内に限らせていただきます。
※当選された方には、Twitterのダイレクトメッセージにてご連絡させていただきます。後日、お名前、郵便番号、ご住所などの発送先情報をお送りいただく必要がございますので、予めご了承ください。
※当選通知後、指定の締め切り日までにお届け先情報のご連絡がなかった場合は辞退とみなし、当選の権利は無効となります。他の方に権利を移行させていただきますのでご注意ください。
※当選者様の個人情報取得後、同一人物または同一住所による重複当選が発覚した場合には、2当選目より無効とさせていただきます。
※賞品の転売・譲渡はご遠慮下さい。
※応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
※Twitterを利用したプレゼントでは、当選者様にダイレクトメッセージで個人情報をお聞きすることはいたしません。お客様の故意または故意でない場合のいずれの場合においても、Twitterのタイムライン上に個人情報が流出しないようご注意ください。
※第三者がお客様の書き込み内容を利用したことによって受けた損害や、お客様が受けた損害については、一切の保証をいたしません。
※選考方法、応募受付の確認、当選・落選についてのご質問、お問い合わせにはお答えすることができませんので、予めご了承ください。
※その他個人情報の取扱いについては当社の「個人情報保護基本方針」をご確認下さい。


このページのトップへ戻る

 
↑上に戻る