ログイン

草笛光子×唐沢寿明がアドリブも交え軽妙な掛け合い『九十歳。何がめでたい』本編映像解禁

画像1

佐藤愛子のベストセラーエッセイ集を草笛光子主演前田哲監督で映画化した『九十歳。何がめでたい』(6月21日(金)公開)より、本編映像が解禁された。

直木賞をはじめ数々の賞を受賞し、昨年の11月5日に100歳を迎えた作家・佐藤愛子。90歳を迎えヘトヘトになった作家自身の日々の暮らしと世の中への怒り、戸惑いを綴った「九十歳。何がめでたい」は、書籍化されるやその「老い」や「現代社会」に対する歯に衣着せぬ物言いと独特のユーモアで、老若男女に共感を得た。その後、98歳を迎えますますヘトヘトになった日々の暮らしを綴った続編「九十八歳。戦いやまず日は暮れず」も刊行され、シリーズ累計発行部数は現在178万部を記録している。

解禁された映像では、草笛演じる作家・佐藤愛子と出版社の編集者・吉川(唐沢寿明)が登場。時代の変化に適応できずに昭和気質な言動で仕事も家庭もうまくいかない吉川だったが、異動先の編集部で持ち上がった愛子の連載エッセイ企画の担当に立候補。愛子を説得して周囲を見返してやろうと意気込んでいた。

しかし、断筆宣言をした愛子の意思は固く、愛子のことをよく調べもせずに調子の良いことばかりを話す吉川は軽くあしらわれてしまう。それでも諦めない吉川は愛子の経歴を入念に調べ、渾身の手土産を持って準備万端で愛子の家を再訪問。「先生の歯切れのいい言葉を求めていると思うんです」と説く吉川に対して、「突然書けなくなるかもしれないから」と切り返す愛子。吉川は「書けなくなったら連載終了で構いません!」と歩み寄るも、手土産だけ受け取られて追い返されてしまう。

日をあらためて再訪問すると「腱鞘炎なの」と痛々しそうに包帯を巻いた手を見せる愛子に、「腱鞘炎の名医にお連れします」と病院へ連れ出そうとする吉川。お互いに一歩も引かない舌戦を繰り広げる二人だったが、吉川が手土産を持ち帰ろうとすると愛子は思わず痛めているはずの手で押さえつける。すかさず吉川に「痛くないんですか?」と突っ込まれるも「痛い!」と言い張る愛子だった。

目次