『GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生』朝靄煙るケニアの山々…世にも美しい冒頭シーン&パスカル・プリッソン監督コメント解禁

GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生

『世界の果ての通学路』で世界中を驚きと感動で包んだパスカル・プリッソン監督が、ケニアに在住、小学校に通う94歳の“ゴゴ”(カレンジン語で“おばあちゃん”)を壮大な風景とともに追いかけたドキュメンタリー『GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生』が12月25日(金)シネスイッチ銀座ほか全国順次公開となる。

この度、本編の冒頭シーンと、パスカル・プリッソン監督のコメントが解禁された。

解禁された冒頭シーンでは、スクリーンいっぱいに広がる、ケニアの平原と山々が朝靄に浮かぶ美しい風景とあわせ、本作でその生き方を追ったゴゴの紹介が始まる。

ケニア人 プリシラ・ステナイ 通称”ゴゴ(おばあちゃん)“
不就学だった孫たちに愕然とした彼女は
自らが手本となるべく数年前に入学を決意
90歳で字も読めなかったが、6人のひ孫娘と学校へ
こうしてゴゴは世界一高齢の女子生徒になった

やがて、ある小さな小屋をカメラが覗き込む。中ではひ孫のチェプコエチがゴゴに本を音読してあげている穏やかな時間が流れていた。チェプコエチが「なぜ子供のころ学校に行ってないの?」とゴゴに質問をすると、「牛の世話があったんだよ。学校が大事だとも思ってなかった。父さんが“牛を優先しろ”って。そんな時代さ。女の子たちが学校に通う時代じゃなかった」と遠い少女時代を回想する。「だから今やるんだ。すっかり耳は遠いし、目も悪くなったけど、卒業試験に受かりたい。教育は大事だよ」。ゴゴが静かに強い思いを語るシーンに心が揺さぶられる、そんな冒頭シーンとなっている。

パスカル・プリッソン監督は、インタビューで「ゴゴとの出会い」について「ナイロビの友人が、世界で最も高齢の小学生であるゴゴに捧げられた地元紙の記事を読んで、私に教えてくれたのです。すぐにゴゴに会いにケニアへ行きました。彼女の性格や経歴、本物のカリスマ性が気に入りました。ひとつの作品を支えるのに十分な力強いキャラクターだったのです。」と語っている。そして、「彼女は映画がどのようなものか知りませんでしたが、この作品が見本となり他の少女たちの就学を奨励できるなら、と了承しました。ゴゴは全ての親が娘たちを学校に行かせるように説得したかったのです。」とゴゴの思いを応援する、そんな気持ちで撮影したことを明かした。

GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生
GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生

映画『GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生』親子割引・孫割引

実施期間:公開期間中
割引内容:親子、または祖父母と孫の関係で2名以上でご来場のお客様は、おひとりさまにつき1,000円でご鑑賞いただけます。劇場窓口で親子割引または孫割引とお申しつけください。

※本キャンペーンは劇場窓口でのご利用に限ります
※本キャンぺーンでは、前売券、その他割引との併用はできません
※通常料金が1,000円を下回る場合は除く(例えば、幼児800円であれば、800円のまま)

詳しくは公式サイトへ:https://www.gogo-movie.jp/


イントロダクション
プリシラ・ステナイは、3人の子供、22人の孫、52人のひ孫に恵まれ、ケニアの小さな村で助産師として暮らしてきた。皆から“ゴゴ”と呼ばれる人気者だ。ある時、彼女は学齢期のひ孫娘たちが学校に通っていないことに気づく。自らが幼少期に勉強を許されなかったこともあり、教育の大切さを痛感していたゴゴは一念発起。周囲を説得し、6人のひ孫娘たちと共に小学校に入学した。

年下のクラスメートたちと同じように寄宿舎で寝起きし、制服を着て授業を受ける。同年代の友人とお茶を飲んで一息ついたり、皆におとぎ話を聞かせてやることも。すっかり耳は遠くなり、目の具合も悪いため勉強するのはひと苦労…。それでも、助産師として自分が取り上げた教師やクラスメートたちに応援されながら勉強を続け、ついに念願の卒業試験に挑む。

作品タイトル:『GOGO 94歳の小学生』
監督:パスカル・プリッソン
2019年/フランス/英語・スワヒリ語/カラー/スコープサイズ/DCP/5.1ch/84分
原題:Gogo/字幕翻訳:長澤達也
レーティング:G
提供:木下グループ
配給:キノフィルムズ

公式サイト:https://www.gogo-movie.jp/
コピーライト:(C)Ladybirds Cinema

12月25日(金) シネスイッチ銀座 他全国順次公開

 

関連記事:
『GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生』監督が語る「映画から読み解くケニアの教育事情」、オスマン・サンコンさんコメントも到着
誰もが勇気をもらえる希望に満ちたドキュメンタリ―『GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生』予告編解禁! ―12/25公開
パスカル・プリッソン最新作、希望に満ちたドキュメンタリ―『GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生』12月公開決定!

↑上に戻る