Netflix映画『彼女』4/15~配信!新キャストに真木よう子、鈴木杏、田中哲司、南沙良、新納慎也、田中俊介、鳥丸せつこ

彼女

女性二人の極限の愛憎を描いた中村珍の「羣青」(小学館IKKIコミックス)が原作のNetflix映画『彼女』が2021年4月15日(木)より全世界独占配信される。

同性愛者の永澤レイと、夫から壮絶なDVを受けている篠田七恵。高校時代から七恵に恋をしていたレイは、彼女のために夫を殺害する。自分のために殺人まで犯したレイに疎ましさと恐ろしさを抱く七恵と、そんな彼女を生かすため、すべてを受け入れるレイ。互いに愛を欲しながら、絡み合わない想いをぶつけあうレイと七恵。正しいことも悪いことも、愛も憎しみも限界を超えた彼女たちの逃避行が描かれる。

日本の美しい景色を背景に、観る者に「愛」の本質を問うロードムービーのメガホンをとるのは『ヴァイブレータ』(2003)、『軽蔑』(2011)、『彼女の人生は間違いじゃない』(2017)、『ここは退屈迎えに来て』(2018)など、孤独を感じている人々を鋭く、かつ情熱的に描き出してきた廣木隆一監督。自由気ままに見えて、実は同性愛者であることを家族に言えず生きづらさを感じている永澤レイに水原希子、父に続き夫からもDVを受けて人生に絶望している篠田七恵をさとうほなみが演じる。

このたび、配信日の決定とともに、追加キャストとして真木よう子鈴木 杏田中哲司南 沙良新納慎也田中俊介鳥丸せつこらの出演が明らかになった。先の無い逃避行を続ける2人にどのように絡んでくるのか、一筋縄ではいかない展開を感じさせるキャスト陣の集結で、物語の行方にさらなる期待が高まる。

併せて解禁された超ティザーアートには、穏やかなような、それでいて寂しげにも見えるレイ(水原)の横顔と彼女の髪に優しく触れる手が切り取られている。「彼女」とは一体誰のことを指すのか。この手の持ち主はレイのこと愛しているのか、いないのか― 様々な印象を呼び起こす1枚だ。

日本発「Netflix映画」の2021年第一弾作品として「人を愛すること」「愛する人を守ること」の限界を描くNetflix映画『彼女』は2021年4月15日より、Netflixにて全世界同時配信。

作品タイトル:Netflix映画『彼女』
出演:水原希子 さとうほなみ
新納慎也 田中俊介 鳥丸せつこ 南 沙良 /  鈴木 杏 田中哲司  /  真木よう子
監督:廣木隆一
脚本:吉川菜美
原作:中村珍「羣青」(小学館IKKIコミックス)
テーマ曲:細野晴臣
音楽:森山公稀(odol)
エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆(Netflix コンテンツ・アクイジション部門ディレクター)
プロデューサー:梅川治男
企画・制作プロダクション:ステューディオスリー

Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/彼女

2021年4月15日、Netflixにて全世界同時独占配信

関連記事:
水原希子×さとうほなみで中村珍の「羣青」を映画化、Netflix映画『彼女』2021年春配信決定! ※コメント有

↑上に戻る