「精神科医療の7つの不思議」

「精神科医療の7つの不思議」病院で聞けない話、診察室では見えない姿
ライフサイエンス出版、夏苅郁子著

前作「人は、人を浴びて人になる」では、人との出会いを通して、夏苅先生が回復されていく過程が書かれてありましたが、今作「精神科医療の7つの不思議」では、精神科医療の課題ともいえる内容が「7つの不思議」という見出しで浮き彫りにされていました。

その7つの不思議とは…

不思議①「病名」を言われずに、何十年と通院している患者さんがいる

不思議②何十年も薬を飲んでいるのに、ゴールが見えない

不思議③精神疾患の原因や薬を見つけるための研究が進んでいない

不思議④医師から「統合失調症はありふれた病気」と言われる

不思議⑤「病気」を自覚できない人もいるのに、病院へ行かないと治療をされない

不思議⑥思春期の患者さんの入院に適した病院がほとんどない

不思議⑦成人した患者さんに対して、なぜ「家族会」が必要なのか

この7つの不思議は「精神科医」としての夏苅先生には、「当たり前」だと思ってきたこと。でもこの10年、診察室を飛び出して全国の患者さんやご家族と近い距離で交流する中で、患者さんやご家族の目には「不思議なこと」として映っていたと知ったと本書の中で書かれていました。

各章は患者・家族の経験をベースにした「精神科医としての考察」と後半では「患者・家族としての私の願い」として、提案が書かれてあります。

新宿フレンズ家族会の会長が、会報の中で「実にストレートに患者、家族の声を代弁してくれている。」とこの本の感想を書いていましたが、私も同感で、「患者」「患者の家族」「精神科医」という3つの視点がある夏苅先生だからこそ書ける非常に説得力のある内容でした。

かなり濃い内容なので、何回も読み直して、各章の課題をじっくり反芻して考えようと思っています。

そうそう。第7章の不思議⑦では、私が願ってきた「ケアしなくてもいい権利」と「ケアする権利」についても触れられており、とても嬉しかったです。

この両方の権利が与えられるからこそ、「義務」ではなく「自分で選んだ選択肢」としてのケアが、そして「ケアが重荷になったときに、荷をおろせる安心感」のもとに支援者となれるのだと実感しています。ここ最近、ヤングケアラーという言葉をよく耳にするようになりましたが、ヤングケアラーだった私としては、これからの若い人たちが、若い時だからこその成長できる大切な時間を、家族のケアで追われて奪われないようなシステムができるといいなと願っています。

さいごに…174ページに

『もしもまた、あの金沢のステージに上がることがあったなら、今度は「ちっちゃくて、儚げな夏苅さん」ではなく「堂々と、しっかり歩む夏苅さん」としてみてもらえたらいいなぁと願っています。そう言われるように、これからも努力していきたいと思います。』と書かれてありましたが

「家族」としての夏苅さんに、一番最初に出会った私としては、

もう随分前から「堂々と、しっかり歩む夏苅さん」で、「儚げ」ではなく「キュートだけれど芯のある」素敵な人生の先輩だと思っています。

健診

先週は内科と眼科の健診を受けた。

眼科の方は「やばそうだな」と思いつつ作業を継続していたら、眼球がつぶれるのでは?と思うくらい痛くなり目を開けられなくなったので、慌てて受診した次第(;´Д`)

提案を受けたので緑内障などの検査もしてもらったけれど、とりあえず大きな問題はなさそうでよかった。眼精疲労の治療はしばらく続けないといけなさそうだ。

内科の方は、年に一度の健診に合わせて腹部のエコーなども今年は受けてみた。画像診断では緊急的な問題はないとのことで、血液検査の結果を合わせて後日問診とのこと。早く結果が知りたくてウズウズしている。

タキさんのお弁当。幼稚園児サイズなのでご飯の上までオカズを乗っけるようにしている。

今年はお弁当用の小さい梅漬けを7キロ漬けた。干すのが面倒になり「梅干」から「梅漬け」に変更なのだけれど、干さなくても十分美味しい。

美味い!

青じそを大量にゲットしたので、味噌漬けにしてみた。

(材料)・刻んだ青じそ・味噌・生姜(すりおろし&みじん切り)、しょうゆ漬けニンニク(みじん切り)、キビ砂糖、ニンニク醤油、ごま油、すりゴマ

いつもは青ネギで作るのだけれど、青じそもこれまた美味い!ご飯にそのままのせても良し。大きく切ったキュウリにのせても良し。味付けせず焼いただけの肉にのせても、焼く時に絡めても最高に合う( *´艸`)

ひとりで食べる昼ご飯。作るのが面倒なので、ここのところ毎日ご飯にこれをのせて食べている。冷蔵庫にあると、重宝する一品かも。

 

ある日のできごと

追伸、タキさんの紫蘇が枯れました…(;´Д`)

祝!新宿フレンズ50周年記念誌

新宿区の精神障害者家族会「新宿フレンズ」の50周年記念誌が届きました。

ズッシリ重い!充実した内容の240ページです。内容の詳細は→ラグーナ出版

東京つくし会理事で元みんなねっと理事長の川崎さんが、新宿フレンズのことを「他にはない家族会」とこの本の原稿の中で書いていらっしゃるのですが、私も同感です。毎月講師を呼んでの講演がある「昼の会」。関係者以外はクローズ(立ち入り禁止)が普通の家族会の中で、関心のある方は誰でも参加できる「夜の会」を開催したり。いちはやく全国の人が参加できるML(メーリングリスト)家族会を作ったりなど…画期的な取り組みを続けてきた家族会なのです。

毎月講演会を開催してきたフレンズですので、43ページから始まる第3部 ~治療と生活「昼の会」の講演録より~にはギッシリ精神疾患の知識が詰まっています。なんでも最初は統合失調症をメインに160ページに仕上げる予定が「発達障害も入れて」「うつも、躁鬱も入れて」との声が上がり、このページ数になったそうです。

一般販売もされることになり、アマゾンでも買えるそうですが版元のラグーナ出版からだと送料なしで送っていただけるとのこと。

みなさまにも、是非手にとって頂けると嬉しいです。

 

 

精神科医療の「7つの不思議」

(お知らせ)夏苅郁子先生の新刊が本日発売です。

タイトルは『精神科医療の「7つの不思議」』 ライフサイエンス出版

 

更年期

一般的に閉経前後の5年間を「更年期」といい、更年期障害と称する症状を経験する女性は全体の6割くらいとのこと。
そして、閉経前後の2年程の期間に、この症状が重くなる人もいるらしい。

詳しくは→メディカルノート「更年期障害」

周りの女性から教えてもらっていたので、ホットフラッシュを初めて体験した時に「あ!これか!!」と驚かずにすんで助かった。

最初は顔だけの症状で、それからだんだんと身体部分にも感じるようになり、「聞いていたような、汗だくにはならないなぁ」なんて思っていたら、今はホットフラッシュが起こると汗かきまくってます。静かに座っているだけなのに、汗だくになるので本当に不思議。着替えるのが面倒なので、あまり長い期間続かないでほしいと思う今日この頃だったりする。

暑い(;´Д`)

今日はとにかく暑かった!

髪の毛がうっとおしくて、いっそ坊主頭にしてしまおうかと何度か頭によぎった。タキさんが坊主頭なので、私も坊主にしたら出家した夫婦みたいで絵的に面白いかもしれない( *´艸`)

 

 

晩ご飯は冷やし中華に…。

小梅を見つけたので、タキさんのお弁当用の梅干を作るために2キロゲットした。洗ってヘタをとるところまで作業したので、熟したら塩分20%で漬ける予定。

最近のできごと

しその葉をワサワサとって、しそ巻きを作りたいのだけれど…なんとなく終わりそうな予感。

(お知らせ)久しぶりにホームページのトップ画面を更新しました。

第4次老いるショック

漫画家のみうらじゅん氏が「老いるショック」という言葉を使っていて、大いに笑ってしまいました。

私の老いるショックはというと…


更年期を過ぎたら体調が落ちつくのか?期待しながら、何とかやり過ごす毎日です。
マイペースに頑張ろう。