ダニエル・オートゥイユ主演!大切な人との未来が愛おしくなるヒューマンドラマ『ベル・エポックでもう一度』6月日本公開

ベル・エポックでもう一度

フランス映画界を代表する俳優ダニエル・オートゥイユ主演最新作『LA BELLE ÉPOQUE』(原題)が『ベル・エポックでもう一度』の邦題で、6月よりシネスイッチ銀座ほかにて公開となる。

今や何もかもがデジタル化された社会、タブレットかスマホさえあれば、たいていのことは解決できる。そんな世の中の変化についていけない元売れっ子イラストレーターのヴィクトル。仕事を失い、妻のマリアンヌにも見放されてしまった父を元気づけようと考えた息子は、友人のアントワーヌが始めた〈タイムトラベルサービス〉をプレゼントする。映画製作の技術を応用して客の戻りたい過去を広大なセットに再現する、体験型のエンターテイメントサービスだ。

ヴィクトルは「1974年5月16日のリヨン」をリクエスト。指定されたセットに行くと、まさに1974年のリヨンの街並みと彼が泊まったホテルがそこにあった。部屋に用意された70年代ファッションに着替え、今はなき想い出のカフェで、アントワーヌの恋人で女優のマルゴが演じる〈運命の女性〉と出会うヴィクトル。記憶通りの輝かしき日々の再体験にすっかり夢中になり、見違えるほどイキイキしたヴィクトルは、延長の為に妻に内緒で唯一にして全財産である別荘まで売り払ってしまう。しかし、そんな彼を思いがけない出来事が待ち受けていた―。

主人公のヴィクトルを演じるダニエル・オートゥイユ、そして妻のマリアンヌにはファニー・アルダンと、フランス映画界を代表する2人の共演が実現した。さらに、〈タイムトラベルサービス〉の生みの親で総監督を務めるアントワーヌにはギヨーム・カネ。彼の恋人でヴィクトルの〈運命の女性〉を演じることになったマルゴにはドリア・ティリエ。監督・脚本・音楽は『タイピスト!』などに俳優として出演し、本作が監督2作目となるニコラ・ブドス

2019年のカンヌ国際映画祭で上映されるや、「甘くて独創的なリチャード・カーティスのような、観客を楽しませるロマンチック・コメディーだ。」(Screen Daily誌)と評され、その後のフランス公開時には当時全世界でヒットを記録していた『ジョーカー』から興行ランキング首位を奪って初登場第1位を記録。国内最高峰の賞となるセザール賞3部門受賞&8部門ノミネートも果たした注目作が、ついに日本に上陸する。

フランスが誇る名優と若き才能のハーモニーで紡ぐ、今を生きるすべてのひとを応援する人生讃歌『ベル・エポックでもう一度』は6月よりシネスイッチ銀座ほかにて公開。

作品タイトル:『ベル・エポックでもう一度』
出演:ダニエル・オートゥイユ、ギョーム・カネ、ドリア・ティリエ、ファニー・アルダン、ピエール・アルディティ、ドゥニ・ポダリデス
監督・脚本・音楽:ニコラ・ブドス
2019年|フランス|カラー|シネスコ|DCP|5.1ch|115分|字幕翻訳:横井和子|原題:LA BELLE ÉPOQUE|R15|
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ

公式サイト:https://www.lbe-movie.jp
コピーライト:(C)2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHÉ FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINÉMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

6月、シネスイッチ銀座ほか公開

↑上に戻る