映画『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』2021年2月26日(金)より劇場公開決定!ポスタービジュアルも公開

11歳の少女ミアと、クリスマスの⽇にやってきた⼩さなホワイトライオン・チャーリーがはぐくむ友情、そして家族の再⽣を通して、南アフリカの社会問題が映し出される、映画『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』が2021年2月26日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて劇場公開となることが決定した。

本作の監督を務めるのは、映画『アラン・デュカス 宮廷のレストラン』(17)など、多くのドキュメンタリー作品を⼿掛けるジル・ド・メストル。南アフリカの社会問題である“缶詰狩り”(トロフィー・ハンティングの⼀部)をテーマにメガホンをとった。

少女とライオンの関係性をリアルに描くため、ヨハネスブルグ近郊で野⽣動物保護区を所有・運営している動物研究家で保護活動家のケヴィン・リチャードソンが撮影に参加。実際に3年を超える年⽉をかけて撮影され、少女とライオンの友情はもちろん、南アフリカの大自然が映し出されたCGなしの圧巻の映像が完成した。

主⼈公・ミアには、300⼈以上が参加したオーディションから抜擢されたダニア・デ・ヴィラーズ。⻑い月日をかけて築いた小さなホワイトライオンとの信頼関係を元に表現されるフレッシュかつ体当たりの演技を披露している。また、ミアの母親・アリスには、幅広い役柄をこなし、近年では映画監督としても才能を発揮もしている女優メラニー・ロラン(『イングロリアス・バスターズ』(09)出演、『ガルヴェストン』(18)監督)、父にラングレー・カークウッドなど多彩な俳優陣が顔をそろえる。また、ミアの相棒となるチャーリーは、ダニアとの相性を⾒ながら選ばれたホワイトライオンのトールが⼈間さながらの演技を披露している。

全世界57ヵ国で上映され、大ヒットを記録した本作。CGなしで描かれる少女とホワイトライオンのワイルドすぎる友情に期待が高まる。

缶詰狩り(キャンドハンティング)とは?

トロフィー(獲物の角などから作られる狩猟記念品)や娯楽の獲得を目的とした狩猟形態「トロフィー・ハンティング」の中の一つ。人工的に繁殖させた(野生)動物を囲いの中に放って狩猟するため、「フェア・チェイス(Fair chase)」の精神と倫理性が⽋けるといった観点で、動物愛護団体だけではなく、同じハンターからも批判が集中し、南アフリカにおいて社会問題となっている。

 

ストーリー
ライオンファーム経営のために家族で南アフリカに移った11歳のミアは、心に病を抱える兄・ミックにかかりきりの母、仕事に追われる父の中で、孤独を感じていた。南アフリカでの⽣活に馴染めない日々が続く中、クリスマスの日にファームにホワイトライオンのチャーリーが生まれた。初めは心を閉ざしていたミアだったが、まとわり付いてくる⼩さなチャーリーの世話をし、共に成⻑していくうちに互いに特別な友情で結ばれていく―。

3年の時が過ぎ、チャーリーの存在はファームにとっても観光客を呼べる重要な存在となっていた。そんなある日、ミアは⽗親が隠していた驚きの事実を知る。
父親は囲いの中で野生動物をハンティングする「缶詰狩り」の業者にファームで育てたライオンを売っていたのだ。チャーリーを救うため、ミアはあらゆる危険に立ち向かいながら、ティムババティ野⽣保護区を目指し、南アフリカを横断しようと試みる。

作品タイトル:『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』
出演:ダニア・デ・ヴィラーズ、メラニー・ロラン、ラングリー・カークウッド ほか
監督:ジル・ド・メストル
脚本:プルーン・ド・メストル、ウィリアム・デイヴィス
提供:⽊下グループ
2018年/フランス/98分/原題:Mia et le lion blanc/英題:Mia and the White Lion
配給:シネメディア

公式サイト :miaandthewhitelion.jp
公式Twitter:@mia_whitelionjp
公式Instagram︓@mia_whitelionjp
コピーライト:(c) 2018 Galatée Films – Outside Films – Film Afrika D – Pandora Film – Studiocanal – M6 Films

2021年2月26日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開!

 

↑上に戻る