映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』もはや芸術!彫刻の様な美しさが際立つティモシー・シャラメの新場面写真が解禁

Photography by Jessica Miglio (c)2019 Gravier Productions, Inc.

『ミッドナイト・イン・パリ』『マジック・イン・ムーンライト』などで知られるウディ・アレン監督の最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』が、7月3日(金)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBI GADEN CINEMAほかにて全国公開される。この度、芸術的なティモシーの横顔を揃えた新場面写真6点が解禁となった。

ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、現代を代表するアイコニックな人気俳優たちが集結し、ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンチック・コメディとなる本作。メガホンを取ったのは、これまでに『マンハッタン』(77)、『アニー・ホール』(79)、『カフェ・ソサエティ』(16)、『女と男の観覧車』(17)などニューヨークを舞台に数々の作品を発表してきた巨匠ウディ・アレン監督。古きよきアメリカの風情が残るニューヨークへのラブレターの集大成とも言える。

SNSでは「えええティモシー・シャラメとウディ・アレン!??!?絶対に映画館で観たい」「シャラメが懐古主義のニューヨーカーってファッション的に絶対好きなやつ見る前から辛いしタイトルも好きな感じ」「『A ainy Day in New York』のティモシー、色気とんでもなくて7月3日公開日が私の命日になりそうです」「ギャンブルするティモシー、タバコ吸うティモシー、ピアノを弾くティモシー、『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』のティモシー・シャラメ激アツ」「ティモシー・シャラメのラブストーリー、観ない選択はない」と、早くもティモシーファンの間で話題をさらっている。

ルカ・グァダニーノ監督『君の名前で僕を呼んで』(17)で、彫刻の様な美しさと繊細な演技でその名を世界中に馳せ、一躍スターダムへと駆け上がったティモシー・シャラメ。『レディ・バード』(17)、『HO MME NIGH/ホット・サマー・ナイツ』(17)、『ビューティフル・ボーイ』(18)を始め、ウェス・アンダーソン監督『he French Dispatch(原題)』、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『DNE(原題)』、ルカ・グァダニーノ監督『君の名前で僕を呼んで』続編へのカムバックや、ジェームズ・マンゴールド監督が手掛けるボブ・ディランの伝記映画の主演が決まるなど、続々と巨匠たちのコラボを果たし、今最も勢いのある実力派の若手俳優のひとり。浮世離れしたその美しさは、ファッション業界からも注目を浴び、レッドカーペットではスタイリストをつけず、パリコレではリュックサック姿でさらりと登場するなど、独自のスタイルが話題になっている。

この度解禁された新場面写真6点では、伏し目がちな表情で優雅にピアノをひくセクシーな姿や、アシュレーと馬車に乗りセントラル・パーク内の自然を見渡すカット、旧友と再会し過去を懐かしむ表情は、シャープなあごと首のラインが完璧すぎて彫刻のようだ。偶然チャンとタクシーに乗り合わせるシーンでは、雨の中でも神々しい輝きを放ち、活きいきと楽しそうな表情をみせる。

Photography by Jessica Miglio (c)2019 Gravier Productions, Inc.

 

Photography by Jessica Miglio (c)2019 Gravier Productions, Inc.

 

ほか、兄の家でただのソファに座ってくつろいでいるだけで雑誌モデルのような様になる姿、映画撮影でのチャンとのシーンでは、夕陽に照らされた美しい横顔などが切り取られている。彫刻のように美しすぎるギャツビーの姿を眺めているだけで、思わず微笑みがこぼれ、幸せな気持ちになること間違いなし。また本作では自身のアイデンティティに悩みながらも、魅力を隠し切れない好青年ギャツビーを見事に演じている。語り口調や猫背な姿勢はまるでウディ・アレン監督を投影しているかのよう、モラトリアム男子に扮した、悩ましくも美しいティモシーの姿は必見だ。

Photography by Jessica Miglio (c)2019 Gravier Productions, Inc.

 

Photography by Jessica Miglio (c)2019 Gravier Productions, Inc.

 

ストーリー
大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。きっかけは、アシュレーが学校の課題で、有名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをする機会に恵まれたこと。生粋のニューヨーカーのギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャツビーは自分好みのクラシックなスポットを巡るためのプランを詰め込むが、2人の計画は晴れた日の夕立のように瞬く間に狂い始め、思いもしなかった出来事がつぎつぎと起こるのだった……。
現代を代表するアイコニックな俳優たちが集結し、ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンチック・コメディ!

作品タイトル:『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
出演:ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)、エル・ファニング(『マレフィセント』)、セレーナ・ゴメス(『デッド・ドント・ダイ』)、ジュード・ロウ(『シャーロック・ホームズ』)、ディエゴ・ルナ(『ビール・ストリートの恋人たち』)、リーヴ・シュレイバー(『スポットライト 世紀のスクープ』)
監督・脚本:ウディ・アレン(『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』)
2019年/アメリカ/英語/92分/ユニビジウム/カラー/5.1ch/PG12/原題:A Rainy Day in New York /日本語字幕:古田由紀子
提供:バップ、シネマライズ、ロングライド
配給:ロングライド

公式サイト:https://longride.jp/rdiny/
公式Twitter:@rainydayinnyjp #レイニーデイインニューヨーク
コピーライト:(C)2019 Gravier Productions, Inc.

7/3(金)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

 

関連記事:
映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』エル・ファニング&セレーナ・ゴメスの新場面写真10点が解禁!7月3日(金)公開
『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ティモシーファン必見!洗練されたニューヨーカースタイルの新場面写真5点解禁
ウディ・アレン監督最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』すれ違いの恋模様の行方はいかに!?日本版予告解禁
ティモシー・シャラメ×エル・ファニング、ウディ・アレン監督最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』海外版予告解禁!

↑上に戻る