2019年ドイツ映画No.1『コリーニ事件』高級ホテルに突如現れた血みどろの殺人犯が自白ー緊迫感溢れる冒頭映像が到着!

コリーニ事件

日本の芥川賞にあたる、ドイツのクライスト賞を受賞した作家、フェルディナント・フォン・シーラッハの小説を映画化し、2019年の上半期ドイツ映画No.1ヒットとなった話題作『コリーニ事件』が、6月12日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となる。この度、本作の冒頭映像が解禁となった。

原作はドイツでも屈指の刑事事件弁護士として活躍している、フェルディナント・フォン・シーラッハの同名小説。シーラッハが2009年に発表したデビュー作『犯罪』(創元推理文庫刊)はドイツ国内外で大ベストセラーとなり、30か国以上で翻訳され、クライスト賞他複数の賞を受賞。当時日本でも本屋大賞翻訳部門1位になるなど大反響を呼んだ。自身で取り扱った事件をベースにした社会派ミステリーを多く執筆し、初の長編作となった本作は、ドイツ国内で50万部を超えるベストセラーとなった。作中で語られた驚愕すべき“法律の落とし穴”がきっかけとなり、出版後の2012年にはドイツ連邦法務省が省内に調査委員会を立ち上げた。文字通り、“国家を揺るがした”小説を映像化した圧巻の法廷劇がついに日本に上陸。

主人公ライネンを演じるのは、『ゲーテなんてクソくらえ』、『ピエロがお前を嘲笑う』、『はじめてのおもてなし』のエリアス・ムバレク。被告人コリーニに扮するのはジャンゴでお馴染みの『続・荒野の用心棒』などマカロニ・ウェスタンで大活躍し、近年ではタランティーノ監督『ジャンゴ 繋がれざる者』や『ジョン・ウィック:チャプター2』などでも知られる名優フランコ・ネロ。監督を務めるのは2008年にドイツで最もヒットした作品の1本であり、数々の国内映画賞にも輝いた『クラバート 闇の魔法学校』のマルコ・クロイツパイントナー。

ある殺人事件が、誰も知らなかったドイツの法律に隠された闇を解き明かしていくというサスペンスでありながら、ミステリーの要素もある本作。原作小説と同様に、事件の発生が冒頭で描かれる“ホワイダニット(「Why done it?」犯人を見つけるのではなく、犯行に至った動機の解明を重視したミステリー)”形式で物語が紡がれていく。

最初に映し出されるのは高級ホテルの廊下を静かに歩くコリーニ(フランコ・ネロ)の後ろ姿。目的の部屋につくと、清潔感のある人の良さそうな男が出迎える。ベルリンの街が一望できるスイートルームへと通されたところ、後ろを振り返った男は驚いた表情を見せる。後に自身初となる刑事弁護を任されることになる事件がたった今起こっているとは露知らず、新人弁護士のライネン(エリアス・ムバレク)はボクシングのトレーニングに励んでいる。やがて、血の足跡を残しながらホテルのロビーにやって来たコリーニ。異常な様子を不審に思ったフロント係が話しかけると「奴は死んだ 最上階のスイートだ」と殺人を仄めかせ、物語は幕を開ける――。後のコリーニとライネンの二人の奇妙な運命を示唆するオープニング映像となっている。

今回の映画化は原作小説を基にしながらも、より幅広い年代の人々が解釈しやすいよう、筋立てや設定にいくつかの改変が加えられている。完成された映画を観た原作者のシーラッハは「自分より台本作家の方が物語作りがうまい!」と大絶賛。すでに小説を読んだファンでも改めて物語を楽しめる要素が加えられているので、本を先に読んでからでも映画を観てから本を読んでも、どちらでも楽しめる作りになっている。

ストーリー
新米弁護士のカスパー・ライネンは、ある殺人事件の国選弁護人に任命される。30年以上もの間、ドイツで模範的な市民として働いてきた67歳のイタリア人コリーニが経済界の大物実業家をベルリンのホテルで殺したのだ。ライネンにとってこれが被告側弁護士として初めて手掛ける大きな事件。しかし被害者は、少年時代からの恩人だった。殺害について一切口を閉ざすコリーニだが、ライネンは事件を深く調べるうちに自分の過去、ドイツ史上最大の司法スキャンダル、そして想像を超える衝撃の真実に向き合うこととなる――。

作品タイトル:『コリーニ事件』
出演:エリアス・ムバレク、アレクサンドラ・マリア・ララ、ハイナー・ラウターバッハ、フランコ・ネロ
監督:マルコ・クロイツパイントナー(『クラバート 闇の魔法学校』)
原作:『コリーニ事件』フェルディナント・フォン・シーラッハ(創元推理文庫刊)
2019年/ドイツ/スコープサイズ/DCP5.1ch/123分/英題:THE COLLINI CASE
配給:クロックワークス

公式サイト:https://collini-movie.com
コピーライト:(c) 2019 Constantin Film Produktion GmbH

6月12日(金)、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国ロードショー

 


関連記事:
国家を揺るがした世界的ベストセラーの映画化『コリーニ事件』公開決定、ポスター&予告編解禁!戦後ドイツの不都合な真実 

↑上に戻る