【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』シリーズ再登場のヴィランを演じるキャスト陣からコメント特別映像が到着!

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム

トム・ホランド主演のシリーズ最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が2022年1月7日(金)公開となる。

世界中に正体を知られてしまったスパイダーマン/ピーター・パーカー(トム・ホランド)の依頼によってドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)が危険な呪文を唱えたことにより、「スパイダーマン」過去シリーズに登場したヴィラン達がこのユニバースに集結してしまった本作。このたび、本作で再び「スパイダーマン」シリーズへの出演を果たしたヴィラン達を演じるキャスト陣からのコメント特別映像が到着した。

『スパイダーマン2』(2004)に登場した《ドック・オク》を演じるアルフレッド・モリーナは17年ぶりの「スパイダーマン」作品への出演について、『スパイダーマン』(2002)から20年ぶりに《グリーン・ゴブリン》を演じるウィレム・デフォーと共に、真っ先に「戻れてうれしいよ。この懐かしくも新しい世界にね」と笑顔で語る。

また、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)以来、7年ぶりに《エレクトロ》を演じたジェイミー・フォックス「懐かしのキャラが大暴れする」と明かしつつ、過去とは一味違うヴィラン達の様子を感じさせるコメントも。

復讐を企むドック・オク、手に入れた力で不遇の憂さ晴らしをするエレクトロ、力こそがすべてという信念で立ちはだかるグリーン・ゴブリン…スパイダーマンは果たして彼らを元のユニバースに戻すことができるのか。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム

さらに、映像の最後にはジェイミー・フォックス「観客は驚くだろうね」と気になる発言をしたところで二人が慌てて遮るシーンが。すでに過去シリーズのヴィラン達が集結することも大きなサプライズとなっている本作だが、ジェイミーの発言によりさらなるサプライズの可能性も予感させる。毎回観客に大きな衝撃を与えてきた「スパイダーマン」シリーズとマーベル・シネマティック・ユニバースだけに、期待は高まるばかりだ。

ついにマルチバースの扉が開いたことにより”彼らの存在がこのユニバースを危うくする“として、ストレンジが彼らを元のユニバースに戻すべくピーター、彼女のMJ、親友のネッドの3人に危険を訴えるが、その後さらなる混乱が引き起こされようとする様が描かれる本作。複数のユニバースを同時に生き始めたピーターの「僕の責任だ。全員は救えない」という台詞の果てに、彼が下す選択とは――。今、ここに全ての運命が集結する。

目次