主演・井上真央×杉田真一監督『閉じ込めた吐息』製作スタートが発表!“娘”と“母”の繊細な家族像を描くー監督コメント到着

『八日目の蝉』『白ゆき姫殺人事件』などで主演を務めた井上真央を迎え、映画『閉じ込めた吐息』の製作がスタートすることが発表された。

監督は、映画長編デビュー作『人の望みの喜びよ』で第64回ベルリン国際映画祭にてスペシャルメンション(準グランプリ)を受賞し、「光り輝く宝物のような映画」と評され、「第42回 Festival Sesc Melhores Film」「第10回 Tel Aviv International Children’s Film Festival」などブラジル、イスラエル、UAE、イギリスと世界的に評価が高い杉田真一。本作のオリジナル脚本も手がけている。

最新作となる『閉じ込めた吐息』は、“娘”と“母”であるからこその伝えられない感情の複雑さを繊細に描いている。今回、脚本を読んだ井上真央が出演を快諾、杉田真一監督との“初”タッグが実現することになった。
3月より、愛知県・刈谷市を中心に撮影を予定しており、撮影支援を行う刈谷フィルムコミッションは刈谷日劇を中心に運営している。

監督コメント
本作主人公の夕子に、井上真央さんの息を吹き込んで頂けることとなりました。
オリジナル脚本として描いた夕子が、ようやく体温を持つんだなぁ、生き始めるんだなぁと思うと、今から楽しみで仕方がありません。
井上真央さんでしか表現出来ないであろう繊細さと強さ。そのあいだで揺らぐ言葉にならない“思い”を、こぼしてしまわない様に、そっと掬い取れればと考えています。
白や黒のはっきりしたコントラストだけでは描けない、そんな豊かで美しい灰色の映画になればと思っています。

作品タイトル:『閉じ込めた吐息』
主演:井上真央
監督・脚本:杉田真一

公式ツイッター:@tojikometatoiki
コピーライト:(C)「閉じ込めた吐息」製作委員会

2020年3月より、製作スタート

↑上に戻る