ログイン

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム エクステンデッド・エディション』本日よりデジタル配信開始!特別予告編も解禁

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム

世界中で大ヒットした映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のエクステンデッド・エディションが、11月11日(金)よりデジタル配信されることが決定し、特別予告編が解禁された。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、トム・ホランドが主演を務める『スパイダーマン』の『ホーム』シリーズ三部作の最終章。世界中に正体を知られてしまったピーター・パーカー(スパイダーマン)の依頼を受けたドクター・ストレンジが、危険な呪文を唱えたことでマルチバースの扉が開き、過去シリーズに登場したヴィランたちが別次元から集結してピーターに襲い掛かるストーリーが描かれる。

さらに、『スパイダーマンTM』からトビー・マグワイア、『アメイジング・スパイダーマンTM』からアンドリュー・ガーフィールドも登場、歴代のスパイダーマン3人による共闘も実現した。

そして今回、デジタル配信が決定したエクステンデッド・エディションは、日本では今年9月に全国5館のみで劇場公開され、オリジナル版に約11分の新規映像が追加されたバージョン
オリジナル版公開時に『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の予告編だったポストクレジットシーンも変更され、ピーターの存在が世界中から忘れられた後の具体的な様子など今後のストーリー展開に期待が高まる描写や、考察しながら本作をもっと楽しめるシーンの数々が新たに追加されている。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム

また、デジタル配信決定にあわせて公開された特別予告編には、ピーターとメイおばさんと一緒に、ヴィランのドック・オク、ノーマン・オズボーン(グリーン・ゴブリン)、エレクトロ、サンドマンらがエレベーターに同乗し、誰も話さず気まずそうな時間が流れる様子のシーンが収められている。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム エクステンデッド・エディション』は、各種配信サービスにて11月11日(金)よりデジタルセルが配信中、12月7日(水)よりデジタルレンタルが開始。

目次