山形国際ドキュメンタリー映画祭で奨励賞/日本映画監督協会賞をW受賞した映画『あまねき旋律(しらべ)』10月公開決定

あまねき旋律(しらべ)

山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017〈アジア千波万波部門〉で上映され、奨励賞/日本映画監督協会賞をW受賞したドキュメンタリー映画『あまねき旋律(しらべ)』がポレポレ東中野にて10月に公開することが決定。公開に併せて、作品ビジュ アル、場面写真を解禁。またピーター・バラカンさんからの推薦コメントも到着した。

共同監督の、アヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマールは、インドの南部出身。ナガランドに古くから伝わるこの音楽に魅了された彼らは、山々に広がる棚田の雄大な風景や季節の移り変わり、人々の生活や農作業の一部始終を誇張することなく淡々とカメラに捉えていく。山形国際ドキュメンタリー映画祭・アジア千波万波部門で日本映画監督協会賞と奨励賞をW受賞したのを始め、世界各国の映画祭で人々を静かに深く魅了した音楽ドキュメンタリーが遂に日本公開となる。

画像01

画像02

画像03

ピーター・バラカンさん(ブロードキャスター)コメント
田植えなどの肉体労働のリズムに合わせた集団の歌は、パッと聞いてアフリカのものかと思うような響きですが、これまでぼくは知らなかったナガランドはインド北東部、山間部の僻地。 楽器も何も要らない皆の呼応する歌声が日常の潤滑油になっています。屈託ない人々の素朴な 生活を追った素敵な映画です。

画像04

画像05

ストーリー
インド東北部、ミャンマー国境付近に位置するナガランド州。あたり一面の棚田では、いつも歌が響いている。村人たちは信じられないほど急な斜面に作られた 棚田の準備、苗木植え、穀物の収穫と運搬といった作業をグループごとに行っている。

画像06

画像07

そして、その作業の間はいつも歌を歌う。移ろいゆく季節の豊かさ、友愛の歌、その他、生活のすべてを歌で表現しているのだ。農作業をしている最中、一人が声を発すると、それに呼応して他の一人も歌いはじめる。女性も男性も一緒になって掛け合いながら歌われる「リ」と呼ばれるその歌は、山々の四方八方に広がっていく。

画像08

画像09

画像10

田畑も、恋も、友情も、苦い記憶も、すべてが歌とともにある。それはどこか、現代に生きる私たちが忘れてしまった、人と共に生きることの大切さを思い出せてくれる。

山形国際ドキュメンタリー映画祭・アジア千波万波部門 奨励賞/日本映画監督協会賞

画像11作品タイトル:『あまねき旋律(しらべ)』
監督:アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール
原題:kho ki pa lu
英題:Up Down & Sideways
2017/インド/83分/チョークリ語/16:9/カラー
製作:ウ・ラ・ミ・リ プロジェクト
配給:ノンデライコ

公式サイト:amaneki-shirabe.com
コピーライト:(c) the u-ra-mi-li project

2018年10月、ポレポレ東中野にてあまねきロードショー!以降全国順次公開

↑上に戻る