『ブリグズビー・ベア』主人公のブリグズビー愛を見事に凝縮、お笑い芸人「魂の巾着」の本多おさむ氏制作の紹介動画到着!

ブリグズビー・ベア
第33回サンダンス映画祭(2017年)でUS ドラマ・コンペティション部門に出品、その独創的なキャラクターと興味深いストーリーで話題をさらい、いまやマスコミ試写でも、モデル・女優・評論家・漫画家・映像作家など多岐にわたるジャンルの表現者たちから絶賛の嵐を賜り話題騒然となっている『ブリグズビー・ベア』が6月23日(土)より日本公開となる。この度、本作の紹介動画を、本作に感銘を受けたお笑い芸人「魂の巾着」の本多おさむ氏が緊急制作。主人公ジェームスのブリグズビー愛を見事にパラパラ動画に凝縮させ、可愛らしい作品に昇華した。

動画制作には、約1週間かかったそうだが、可愛い出来栄えに本人も満足した様子。「ポスト鉄拳」と呼ばれるその才能をとくとご覧頂きたい。
動画のバックに流れる音楽は、劇中で主人公ジェームスの人生に絶大な影響を与え続ける教育番組「ブリグズビー・ベア」のオープニングテーマソング「It’s Brigsby Bear (Opening Theme)」。多くの映画やテレビ番組の作曲を手がけるMichael Montesによるもので、SpotifyやAmazon Musicなどで購入できる『ブリグズビー・ベア』サウンドトラックにも収録されている、どこか懐かしさを覚えるメロディがクセになる名曲だ。

「魂の巾着」本多おさむさんコメント

画像01とにかくジェームスの周りに振り回されないブリグズビーベア愛がすごくてそこで笑ってしまう箇所が何回もありました。
ものづくりをする者としてやっぱり作品の中のキャラを愛してあげることでよりその作品が良くなるんだなあと勉強にもなりました。
ジェームス、ありがとうございます!粘土のベリグズビーベアに服を着せようと青い布を買ったんですがちゃんと着るタイプの服を作るのがなかなかに難しくタオルケットみたいな掛けるタイプになってしまいました。けど僕の中では逆に可愛らしくなったと思ってます。

「魂の巾着」本多おさむ(プロフィール)
CX「とくダネ!」にてパラパラ漫画特集や神奈川県かなチャン、チャンネル交通マナーのパラパラ漫画、西梅田劇場告知パラパラ漫画、チハラトークにてパラパラ漫画作成など今話題のお笑い芸人。

本作品の製作プロデューサーは『俺たちポップスター』の監督・脚本・本学・主演を務めたコメディユニット[ザ・ロンリー・アイランド]に、『LEGO(R)ムービー』の監督・脚本コンビ、フィル・ロードとクリストファー・ミラー。監督・脚本・主演は、デイヴ・マッカリー(監督)、ケヴィン・コステロ(脚本)、コメディアンのカイル・ムーニー(脚本・主演)。 デイヴ、カイルは「サタデー・ナイト・ライブ」で大活躍し、YouTubeでチャンネルが大人気のコメディユニット〈GOOD NEIGHBOR〉のメンバーでもある。
ジェームスを支える強力な役者陣も豪華な顔ぶれ。ジェームスの育ての親テッドに『スター・ウォーズ』シリーズの“ルーク・スカイウォーカー”ことマーク・ハミル、カウンセラーのエミリーに海外ドラマ「HOMELAND」でゴールデン・グローブ賞とエミー賞をW受賞したクレア・デインズ、『リトル・ミス・サンシャイン』のグレッグ・キニア、『テッド』のマット・ウォルシュ、『永遠の僕たち』のジェーン・アダムス。そして「サタデー・ナイト・ライブ」仲間のベック・ベネット、ニック・ラザフォード、アンディ・サムバーグなどがカメオ出演しているのもファンにとっては大きな見どころとなっている。

画像02

サンダンス映画祭 正式出品作品
カンヌ国際映画祭 新人監督賞ノミネート作品

ストーリー
大切なことはすべて、「彼」が教えてくれた―

ジェームスは、外気から遮断された?さなシェルターで、両親と3人で暮らす25歳の青年。子供の頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、今は「ブリグズビー・ベア」の世界の研究に勤しむ毎日を送っていた。少し退屈でも、パソコンでチャットする友人や仲の良い両親と、平和な日々がずっと続くのだと思っていた。しかしある日、警察がジェームスを連れ去り、両親は逮捕されてしまう…

作品タイトル:『ブリグズビー・ベア』
出演:カイル・ムーニー、マーク・ハミル、グレッグ・キニア、マット・ウォルシュ、クレア・デインズ 他
監督:デイヴ・マッカリー
脚本:ケヴィン・コステロ、カイル・ムーニー
製作プロデューサー:フィル・ロード、クリストファー・ミラー(『くもりときどきミートボール』『LEGORムービー』ほか)
2017/アメリカ/カラー/97min/PG12/
提供:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
配給:カルチャヴィル

公式サイト:www.brigsbybear.jp
コピーライト:(c) 2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.

6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか公開

記事提供:映画・ドラマニュース

映画・ドラマニュース

このコーナーでは、新作映画情報、インタビュー記事などをお届けしています!

「映画・ドラマニュース」URL:https://www.anemo.co.jp/category/movienews/

↑上に戻る