写真家・森山大道のドキュメンタリー映画、本予告編が解禁!ナレーションに菅田将暉も登場 ―来年4月30日(金)公開

写真家・森山大道のドキュメンタリームービー『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』が2021年4月30日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開される。この度、本作の本予告編が解禁となった。

本作はスナップショットの帝王として知られ、世界で最も尖った81歳の写真家・森山大道に密着し、見るものを魔法にかけるような作品の魅力について迫ったドキュメンタリー。本編オープニングナレーション(冒頭映像コメント)を俳優の菅田将暉が担当している本作だが、今回解禁される本予告編でも、菅田のナレーションが一部使用されている。

なお、本作は11月3日・5日にイギリス最大のインディペンデント映画祭である「レインダンス映画祭」の「Arty」部門に正式招待上映されたほか、10月17日~19日に開催された中国最大級のドキュメンタリー映画祭「西湖国際ドキュメンタリー映画祭」でも正式招待上映されている。

近年、中国での森山大道人気はますます高まっており、ファンを増やしている。中国の映画監督でも、『薄氷の殺人』や『鵞鳥湖の夜』などで評価の高いディアオ・イーナン監督が、森山大道の作風への影響を公言しているほどだ。今回の上映もチケットが早々に完売し、上映後のQ&Aでは、zoomで参加した岩間玄監督に、予定時間ギリギリまで質問があがるなど、現地の熱気を感じさせた。

イントロダクション
スナップショットの帝王として知られる森山大道は、国内外の若手クリエイターから絶大な支持を集めてきた。
菅田将暉や宇多田ヒカル、木村拓哉、ONE OK ROCKなど、時代を彩るトップスターを積極的に撮影するとともに、写真のノーベル賞と呼ばれるハッセルブラッド賞を受賞、名実ともに写真界のトップに君臨する。
けれども、万華鏡のようなパブリックイメージとは裏腹に、天才の内実に触れた者はわずかしかいない。
内省と含羞。沈黙と熱狂。憂愁と知性。
その人生は、写真同様、解きがたい謎として、ファンを魅了してきた。
森山大道とは、いったい何者なのか?
本作は、カメラと一体化した写真家のみずみずしい身ぶりを大胆に捉え、
いままで誰も見たことのなかった素顔を明らかにしていく。
奇跡的なショットと魔法のようなシークエンスの連続に、観客はひたすら身を委ねるしかない。
写真史上、最大の謎に迫る前人未踏のドキュメンタリー、ついに解禁。

(C)Daido Moriyama Photo Foundation

(C)Daido Moriyama Photo Foundation

作品タイトル:『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』
出演:森山大道、神林豊、町口覚ほか
監督・撮影・編集:岩間玄
音楽:三宅一徳
プロデューサー:杉田浩光、杉本友昭、飯田雅裕、行実良
企画協力:森山大道写真財団ほか
印刷協力:東京印書館、誠晃印刷
2021年/日本/112分/5.1ch/スタンダード/DCP/G
配給協力・宣伝:プレイタイム
制作・配給:テレビマンユニオン

公式サイト:daido-documentary2020
公式Twitter:@daido_doc
コピーライト:(c)『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい』フィルムパートナーズ

2021年4月30日(金)、新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開

 

関連記事:
写真家・森山大道のドキュメンタリー映画、45秒の特報予告解禁!「レインダンス映画祭」正式招待上映も決定
写真家・森山大道のドキュメンタリー映画、本編OPナレーションは菅田将暉!特別先行上映(9/12ほか)で初上映決定
写真家・森山大道のドキュメンタリームービー × 「TOKYO CULTUART by BEAMS」コラボレート商品が発売決定!
写真家・森山大道のドキュメンタリー映画、新公開日と劇場が決定!写真展開催記念とあわせ4日間の特別先行上映も決定
世界で最も人気のある日本人写真家・森山大道のドキュメンタリー映画、ポスタービジュアル解禁! ―公開は2021年春に延期

↑上に戻る