映画『リンドグレーン』黒柳徹子、LiLiCo、あさのあつこ、篠原ともえら各界の著名人による絶賛コメント到着!―12/7公開

「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「ロッタちゃん」の著者で、“子どもの本の女王”と呼ばれた、スウェーデンを代表する児童文学作家のアストリッド・リンドグレーンの知られざる若き日々を描いた映画『リンドグレーン』が、12月7日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開される。

日本を含め世界中で愛されるスウェーデンを代表する児童文学作家、アストリッド・リンドグレーン。数々の著作は、全世界100か国以上で翻訳され、世界中の子どもたちに大いなる影響を与え続けてきた。
そんなリンドグレーンの人生で最も激動といえる若かりし日々を描いた本作の監督・脚本を手掛けたのは長編監督デビュー作『A SOAP』(06)が、ベルリン国際映画祭で銀熊賞、及び最優秀新人作品賞に輝いたペアニレ・フィシャー・クリステンセン。主演に、巨匠ビレ・アウグスト監督の娘、新星アルバ・アウグスト。その他、スウェーデン、デンマークを中心に北欧の才能が集結し、アストリッド・リンドグレーンの知られざる半生と名作誕生のルーツに迫った感動作が誕生した。

この度、解禁された各界の著名人からのコメントには、黒柳徹子、LiLiCo、あさのあつこ、篠原ともえをはじめとした各界の著名人から絶賛の声が寄せられている。
女優・ユニセフ親善大使の黒柳徹子は、大好きな作家と語るリンドグレーンの物語に、「「子どもの本の女王」と呼ばれた陰にこんなことがあったの?才能ってこんな風に花開くんですね。すごい!!」と絶賛。
スウェーデン出身の映画コメンテーターのLiLiCoも、リンドグレーン作品が子ども時代に与えた影響の大きさを語り、「知らなかったことばかり…でもあの物語たちの本当の意味を理解できた気がします。」と驚きと感動の声を寄せている。
そして、リンドグレーンがあこがれ続けた存在であるという作家のあさのあつこは、「リンドグレーン作品の圧倒的な魅力。その原点をまのあたりにして震えている。」と語り、自身も舞台で長くつ下のピッピを演じたことがあるデザイナー・アーティストの篠原ともえは、「世界中で愛される彼女の物語のように、そのたくましい生き方は全ての女性の背中を押してくれるでしょう。」とコメント。

そのほか、絵本作家・イラストレーターの荒井良二、文筆家の青木奈緒、翻訳家の石井登志子、作家の嶽本野ばら山内マリコ、漫画家・コラムニストの辛酸なめ子、北欧児童文学翻訳家の菱木晃子、ライターのブレイディみかこ、画家・絵本作家のミロコマチコら各界の著名人からもコメントが届いている。

リンドグレーン著名人コメント

私の大好きな「長くつ下のピッピ」の作者リンドグレーンの若い頃の話。こんな経験があの作品を作らせたの?「子どもの本の女王」と呼ばれた陰にこんなことがあったの?才能ってこんな風に花開くんですね。すごい!!
黒柳徹子(女優・ユニセフ親善大使)

わたし達に楽しい夢を見させて、強く生きる力を注いでくれて、子ども時代を素晴らしいものにしてくれた。そんなリンドグレーンの半生を知って、大人になったわたしに感動をも与えてくれた。知らなかったことばかり…でもあの物語たちの本当の意味を理解できた気がします。
LiLiCo(映画コメンテーター)

リンドグレーン

憧れ続けた作家の生の姿がここにある。観終わった後、胸の高鳴りが収まらなかった。迷い、悩み、抗い、傷付き、それでも自分の闘いを止めなかった。リンドグレーン作品の圧倒的な魅力。その原点をまのあたりにして震えている。
あさのあつこ(作家)

知られざるリンドグレーンの人生を美しい季節とやわらかな音楽でリアルに体験できる作品。舞台で長くつ下のピッピを演じましたが、世界中で愛される彼女の物語のように、そのたくましい生き方は全ての女性の背中を押してくれるでしょう。
篠原ともえ(デザイナー・アーティスト)

リンドグレーン

アストリッドは偉大な喜びの大河だ。その源流をたどる旅は、僕らに「生きる力」を与えてくれる!
「決して諦めるな!」と!
荒井良二(絵本作家・イラストレーター)

長くつ下のピッピは世界一強い女の子――アストリッドこそ、ピッピになりたかったに違いありません。自分の心に忠実に、自由に生き、何があってもくじけない。リンドグレーンの作品はこうして生まれたということを得心しました。
青木奈緖(文筆家)

リンドグレーン

はじめて魂を奪われるほどの恋をしたアストリッド。我が子を預けて働くことは、若くて純粋なアストリッドにはつらすぎて…。でも、幼い自分の魂を震えさせたお話の魅力は、生涯彼女の魂をゆすぶりつづけた。
石井登志子(翻訳家)

監督が女の人だと知りとても嬉しかったです。Dearクリステンセン――
全ての母、全ての少女、全ての不格好な勇気を祝福する、あなたは現実をかけがえのないものに変えてくれる。
嶽本野ばら(作家)

リンドグレーン

スウェーデン版、朝ドラのようなストーリーで、2時間に女の人生が凝縮。ヒロインの魅力で物語に引き込まれ、見終わったあとはインナーチャイルドがピッピのように元気になっていました。
辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)

女性として、母親として、作家として、自分らしさを貫いたアストリッドの人生に思いを馳せずにはいられない。あらためて彼女の作品を全部、読みたくなる。
菱木晃子(北欧児童文学翻訳家)

リンドグレーン

書き始める前の作家の人生には、彼女が書いた作品のすべてがある。
ブレイディみかこ(ライター)

想像する力は、魂の叫び、想いを貫く勇気、物語を紡ぐこと、それによってつながれる世界!わたしの心の中でたくさん広がって、鐘が鳴ったみたいに誇らしかった!
ミロコマチコ(画家・絵本作家)

主演のアルバ・アウグストが名演!幸せに満ち満ちてそうなアストリッド・リンドグレーンの人生にこんな思いがけない、苦い日々があったなんて。女性が自分の足で立つまでの物語は、どうしてこうおもしろいんだろう。
山内マリコ(作家)

*敬称略・順不同

リンドグレーン

リンドグレーン

「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「ロッタちゃん」の作家
アストリッド・リンドグレーンの知られざる人生

ストーリー
兄弟姉妹とスウェーデンのスモーランド地方の自然の中で伸び伸びと育ったアストリッドは、思春期を迎え、より広い世界や社会へ目が向きはじめる。教会の土地で農業を営む信仰に厚い家庭で育ちながら、“率直で自由奔放”な彼女は、次第に教会の教えや倫理観、保守的な田舎のしきたりや男女の扱いの違いに、息苦しさを覚え始めていた。そんな折、文才を見込まれ、地方新聞社で働き始めた彼女は、才能を開花させはじめる。しかしその矢先、アストリッドの人生は、予期せぬ方向へと進んでいく――。

作品タイトル:『リンドグレーン』
出演:アルバ・アウグスト、マリア・ボネヴィー、マグヌス・クレッペル、ヘンリク・ラファエルセン、トリーネ・ディアホム
監督・脚本:ペアニレ・フィシャー・クリステンセン
脚本:キム・フォップス・オーカソン
原題:Unga Astrid
字幕:大西公子 字幕監修:菱木晃子
後援:スウェーデン大使館、デンマーク大使館
2018年/スウェーデン=デンマーク/スウェーデン語・デンマーク語/123分/カラー/シネスコ/5.1ch レイティング:PG12
配給:ミモザフィルムズ

公式サイト:http://lindgren-movie.com/
コピーライト:(C) Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights

12月7日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー!


関連記事:
「長くつ下のピッピ」「ロッタちゃん」作者の激動の半生を描いた感動作『リンドグレーン』予告編と場面写真が一挙解禁!
「長くつ下のピッピ」「ロッタちゃん」作者の激動の半生を描いた感動作『リンドグレーン』公開決定&ポスタービジュアル解禁

↑上に戻る