『妖怪大戦争 ガーディアンズ』赤楚衛二とSUMIREが<鬼>役で出演決定!本格特殊メイクで天邪鬼と茨木童子を熱演

妖怪大戦争 ガーディアンズ

1968年からの三部作、2005年には平成版が興行収入20億円の大ヒットを記録した映画『妖怪大戦争』が令和の新たな時代と共にスケールアップし、『妖怪大戦争 ガーディアンズ』として今夏に全国公開を迎える。

今回の主役は寺田心。数奇な運命に導かれ世界の存亡をかけた戦いに挑む主人公・渡辺兄(わたなべけい)を演じる。
監督は2005年版に引き続き三池崇史。脚本は『20世紀少年』シリーズ、『GANTZ』シリーズ、『ドラゴンボールZ 神と神』、『MONSTERZ モンスターズ』、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の渡辺雄介。製作総指揮に角川歴彦荒俣宏が名を連ねる。

寺田演じる主人公・兄(けい)をとりまく妖怪キャストに、狐面(きつねめん)の女役に杉咲花、狸の総帥・隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)役に大沢たかお、ぬらりひょん役に大森南朋、姑獲鳥(うぶめ)役に安藤サクラ、猩猩(しょうじょう)役に大倉孝二、天狗役に三浦貴大、雪女役に大島優子が出演する。

この度、“鬼”役に赤楚衛二SUMIREの出演が決定した
赤楚衛二が演じるのは、主人公の兄(けい)が冒険の中で出会う鬼の一人・天邪鬼(あまのじゃく)。
名前の通りあまのじゃくな性格で、いつも自分の考えとは真逆の回答をして兄を振り回す。道を急ぐ兄を必死で追いながら「お前、歩くの遅いなー」(=速い)、窮地に陥ると「絶体絶命の、チャーンス!」(=ピンチ)など、コミカルでどこか憎めない性格が特徴のキャラクターだ。
一方で、捨てられていた白いガラケー(聞いたことは何でも教えてくれる不思議なガラケー)を唯一の友達として大切にするピュアな一面も。

演じる赤楚は、発表済みのキャスト同様、真っ赤な顔にアシンメトリーの角、特徴的な鼻など、本格特殊メイクで見事鬼への変身を果たし、新境地を披露している。
初の三池監督作への出演で気合十分な赤楚が、こちらも初となる“鬼”役にして自身も「めちゃくちゃ大好き!」と語る、チャーミングな天邪鬼は必見だ。

SUMIREが演じるのは、武闘派な鬼の一族のリーダー・茨木童子(いばらきどうじ)。
兄(けい)の先祖にして、平安時代に実在した伝説の妖怪ハンター・渡辺綱(わたなべのつな)に痛い目に合わされた過去があり、鬼の大群を従えて兄(けい)の命を狙おうとしている。実際の言い伝えでは、茨木童子は綱に腕を切り落とされたという話も多々存在しており、好戦的な鬼として知られる存在だ。

赤楚同様、本作では初の三池監督作で初の鬼役での出演となるSUMIREは、見た目にもド派手な鬼に変貌し、迫力のアクションシーンにも挑戦している。

キャストコメント

◆赤楚衛二/天邪鬼(あまのじゃく)役
前作を映画館で観ていたので、今回の出演については『また妖怪大戦争をやるんだ!』という驚きと、新作で鬼を演じさせていただける喜びで溢れています。天邪鬼を演じる上では、たたずまいや動きも参考にしたくて『マスク』や『ロード・オブ・ザ・リング』など特殊メイクが印象的な作品も見直しました。独特な声の出し方は『ちびまる子ちゃん』の山田くんをイメージしたりもしています(笑)。
天邪鬼のことはめちゃくちゃ大好きです!鬼だけど、どこか垣間見える人間らしさに共感してもらえる役だと思います。初めて演じた鬼役ということもありますが、とても愛らしいし、実は辛い思いもしてきたキャラクターなので、撮影が終わった時には兄(けい)たちと出会えてよかったなとしみじみ思いました。

◆SUMIRE/茨木童子(いばらきどうじ)役
妖怪に対する仲間意識の強さや芯のある茨城童子として、初めてのアクションや役作りの上で妖怪の格好をして三池監督の非現実的でも魅力的でアクティブな世界観のある作品に携わる事が出来て楽しかったです。
初めて寺田心君との共演で今まで自分が持っていた心君のイメージと違い、撮影の合間に学校で流行っている事を話してくれたり一緒に遊んだり無邪気な子供らしい部分をたくさん見せてくれて嬉しかったです。


さらに、今年は夏の映画公開に向け、日本はもちろん世界に向けて”妖怪”を発信していく一大プロジェクト《妖怪大ヤミット》もスタートする。

《妖怪大ヤミット》概要

“妖怪”をテーマに、イベント、映像企画などが一堂に会するビッグ企画。映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』に登場する、日本の妖怪や世界のモンスターが集まる“ヤミット”(=闇のサミット)になぞらえて命名された。

映像TVドラマ「大江戸もののけ物語」
旗本の次男坊・新海一馬と謎の妖怪・天の邪鬼がバディを組み、江戸で起きるさまざまな問題を仲間の妖怪たちと力を合わせて解決する新感覚の妖怪ファンタジー時代劇。NHKBSプレミアムにて20年夏にOA、ひかりTV、dTVチャンネルRにて配信中。出演は岡田健史、本郷奏多ほか。

【イベント】荒俣宏の妖怪伏魔殿2020 -YOKAI PANDEMONIUM
妖怪研究の第一人者・荒俣宏氏監修による展覧会「荒俣宏の妖怪伏魔殿2020」を開催。本展では、日本各地に潜む見える妖怪から誰も見たことがない妖怪まで、妖怪のありようを端的に表した荒俣語録とともに紹介。新進気鋭のイラストレーターが描く妖怪絵図や、妖怪のイメージが具象化されたミイラなど、伏魔殿之門の向こうに広がる異世界空間が堪能できる。11/6~2/28、ところざわサクラタウンの角川武蔵野ミュージアムにて。

【イベント】「みんなの妖怪絵 角川武蔵野妖怪絵コンクールより」
2019年の「角川むさしの妖怪絵コンクール」で所沢市内の小学生を対象に公募された484点の作品群。地元ならではの風土をとらえた妖怪や、日常生活の体験から生まれた妖怪など、ユニークな視点で創造された妖怪は、妖怪研究の第一人者、荒俣宏も大絶賛。荒俣自らすべての作品に目を通し、入賞作品を選定。2020年はこの入賞作品および参加作品を「荒俣宏の伏魔殿」の中で「みんなの妖怪絵  角川武蔵野妖怪絵コンクール2019」として展示。また、「角川武蔵野妖怪絵コンクール2020」を、今年は公募範囲を広げて開催予定。作品は11/6~2/28「荒俣宏の妖怪伏魔殿」の中で鑑賞できる。

【イベント】朗読劇「風の聲~『妖怪大戦争 ガーディアンズ』外伝~」
映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』のスピンオフストーリーを豪華声優陣、スタッフによる朗読劇で贈る。スーパーバイザーは荒俣宏、朗読劇プロデュースは水島裕が務める。2021年、ところざわサクラタウン・ジャパンパビリオン ホールAにて開催予定。

【映像妖怪前夜祭
妖怪は日本映画の中でどのように描かれてきたか、いかに妖怪が時代を超えて日本映画のクリエイターたちを刺激してきたか、いかに観客がそれを受け入れてきたかを検証する映画祭企画。20年は12/27(日)、妖怪伏魔殿2020開催期間中にところざわサクラタウンジャパンパビリオンにて『妖怪大戦争』(68)、『妖怪大戦争』(05)を上映。ニコニコ生放送でのオンライン妖怪前夜祭も同時開催。さらに、妖怪作品5本を七夜連続でネット上映会を開催。21年には都内劇場にて、「妖怪映画祭2021」を開催予定。
https://blog.nicovideo.jp/niconews/143146.html

【出版】所沢ウォーカー
クチコミ満載!「食べる」「買う」「遊ぶ」所沢市の全部入り本が完成!
ところざわサクラタウン徹底紹介、地元民のクチコミで集めた!所沢の地元自慢ランキングBEST50、所沢市出身EXILE・NAOTOが巡るデリシャスカレー、コラボ麺も登場!ラーメン激戦区厳選10杯、人気漫画「青春鉄道」と西武鉄道の特別特急列車「ラビュー」の特別描き下ろし漫画を収録、絶品!所沢グルメ、ところざわサクラタウンの非売品手帳、西武鉄道のオリジナルグッズと交換できる引換券付き!(数量限定)。990円(税込)にて発売中。

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』限定デザインムビチケ

現在発売中
販売:ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム・ロックミュージアムショップにて販売いたします。
価格:一般 2,100円(税込)、ジュニア 1,400円(税込)
特典:オリジナルマスク 「狐面の女」タイプ、「隠神刑部」タイプ
各一般サイズ、ジュニアサイズから1種類を選べます。

※本商品は数量限定のため、なくなり次第終了となります。
※詳細情報は映画公式サイトをご覧ください。
公式サイト:https://movies.kadokawa.co.jp/yokai/

妖怪大戦争 ガーディアンズ

作品タイトル:『妖怪大戦争 ガーディアンズ』
主演:寺田心 杉咲花 大沢たかお
監督:三池崇史
脚本:渡辺雄介
製作総指揮:角川歴彦、荒俣宏
製作プロダクション:OLM
配給:東宝、KADOKAWA

公式サイト:https://movies.kadokawa.co.jp/yokai/
公式Twitter:@yokai_movie
コピーライト:(C)2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ

今夏 全国ロードショー!

関連記事:
『妖怪大戦争 ガーディアンズ』に大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子参戦!衝撃の妖怪ビジュアル到着
『妖怪大戦争 ガーディアンズ』ところざわサクラタウン限定!狐と狸デザインのオリジナルマスク付きムビチケ発売決定
『妖怪大戦争 ガーディアンズ』寺田心、ステージで迫力の刀アクションを披露!三池監督「この映画は妖怪からのメッセージ」
映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』新キャストに狐面の女役・杉咲花、隠神刑部役・大沢たかおが決定!新ビジュアルも解禁
映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』製作決定!主演は寺田心、監督は三池崇史 ―新たな冒険がド派手に始まる!

↑上に戻る