【レポート】映画『かぞくわり』初日舞台挨拶に作中で家族として共演した陽月華・小日向文世・竹下景子らキャスト陣登壇

かぞくわり

日本で最も古い歴史を持つ奈良に住む、平凡なある家族を通して「今本当に守るべきもの、残すべきもの」を提示する注目映画『かぞくわり』は1月19日(土)より全国順次公開中だ。主演は元宝塚歌劇団宙組のトップ娘役を務め、『駆込み女と駆出し男』、『チア☆ダン』等話題作に出演して いる陽月華。さらに『アウトレイジ』シリーズ、『サバイバルファミリー』の小日向文世、『花戦さ』、『聖の青春』の竹下景子の名優達が夫婦役で出演している。監督は、奈良県で地元に根ざした映画製作を精力的に行なっており、前作『茜色の約束』で関西の動員2万人以上というヒットをとばした新鋭・塩崎祥平。今作が6年ぶりの新作映画となる。この度本作の初日舞台挨拶が実施され、陽月華・小日向文世・竹下景子など家族として共演した超豪華役者陣が揃って登壇。拍手喝采を浴びた晴れやかな初日を迎えた。

『かぞくわり』 有楽町スバル座 初日舞台挨拶 概要

日時:1/19(土)10:00の回上映後
登壇者(敬称略):陽月華 小日向文世 竹下景子 石井由多加 佃井皆美 木下彩音

本作で初主演を飾った陽月は、「自分で務まるのかと不安でしたが、一緒にいてくださる家族役の皆さんが頼もしく支えてくださいました。」と共演者を絶賛。劇中で演じた絵画を描くシーンについては「絵から受けるパワー、そして舞台となった奈良で感じたエネルギーが大きな力となりました。」と語った。
気弱な父親役を演じた小日向は、役と自らの共通点について「奥さんに主導権を握られているところは同じですね」と話し、観客からは笑い声が上がった。また、「この撮影で家族を演じた皆さんとこうして再会できて、本当の家族みたいに嬉しいです」と話し、俳優陣の仲の良さを語った。
今までのイメージとは異なる強気な母親を演じた竹下は、「この作品は手作りの映画で、各地から集まってくれた スタッフや小日向さんたちが現場の雰囲気を盛り上げてくれて、自分の中でも新鮮な役でしたが演じていて楽しかったですね」と語った。
陽月の演じたヒロインと対立する妹役を演じた佃井は、自らの役どころについて「普段はアクションシーンや舞台が多いんですが今回はアクションなしで不安でした。でも小日向さんが「映像も演劇も心を動かして演じることには変わりない」とおっしゃってくださって、吹っ切れて演じられました」と小日向からのメッセージに後押しされたと笑顔を見せた。
今作が初出演となる木下は、「本格的な演技も初めてで緊張していたんですが、ベテランの皆さんと共演させていただいて、学ぶことが多かったです。劇中で私も絵を描くシーンがあって、使ったことのない道具を使っての撮影だったので家でも練習したりしました」と撮影中の思い出を振り返った。 脚本から手がけた塩崎祥平監督は、タイトルの意味について「割れてばらばらになった家族が、別の役割をもってもう一度ひとつになりますように、という願いを込めて付けました」と話した。

ストーリー
堂下香奈、38歳。画家になる夢を挫折し、両親の元で無気力な生活を送っていた。ある日、妹の暁美と娘の樹月が家に住み着き、香奈を軽蔑したことで堂下家の生活が一変する。家に居づらくなった香奈は神秘的な男性と出会い、ふたたび絵を描くようになった。絵に没頭するようになり、香奈が内に秘めていた魂が解き放たれる時、家族、そして奈良の街に危機が降り掛かる―――。

作品タイトル:『かぞくわり』
出演:陽月 華 石井 由多加 佃井 皆美 木下 彩音 松村 武 今出 舞 星能 豊 小日向 えり 関口 まなと 高見 こころ 雷門 福三 国木田 かっぱ 竹下 景子 小日向 文世
監督・脚本:塩崎祥平
音楽:Slavek Kowalewski
主題歌:花*花「額縁」(Ten Point Label)
特別協賛:株式会社みぞえ画廊
協賛:セントラル画材株式会社 ホルベイン株式会社
企画製作:かぞくわり LLP
宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
制作:PKP
2018年/日本/アメリカンビスタ/5.1ch/129分
配給:日本出版販売

公式サイト:http://kazokuwari-llp.com
コピーライト:(c)2018 かぞくわり LLP

1月19日(土)より有楽町スバル座・TOHO シネマズ橿原他全国順次ロードショー

↑上に戻る