映画『存在のない子供たち』ナディーン・ラバキー監督とキャストの絆、その撮影の裏側に迫るメイキング特別映像が到着!

存在のない子供たち

是枝裕和監督作『万引き家族』とともにカンヌ国際映画祭を震わせ、コンペティション部門〈審査員賞〉〈エキュメニカル審査員賞〉を受賞、本年度ゴールデン・グローブ賞ならびにアカデミー賞(R)〈外国語映画賞〉にノミネートされたナディーン・ラバキー監督最新作『存在のない子供たち』が、7月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほかにて全国公開となる。この度、ラバキー監督とキャストたちの信頼関係が垣間見える、笑顔溢れるメイキング映像が解禁となった。

「両親を訴える―僕を産んだ罪で。」両親を告訴するという衝撃的なオープニングから心を鷲づかみ、物語をひと息に過去へと遡らせ、その理由と経緯をつぶさに描き出した世界を揺るがした衝撃作。解禁されたメイキング映像では、主人公のゼイン少年をはじめ、ラバキー監督自身以外はストリートで見出されたキャストたちの劇中ではみることの出来なかった笑顔、リラックスした表情が見ることができる。ゼインが辿り着いた遊園地で出会う大人たちのコメント、ラバキー監督とまだ赤ん坊のヨナス役を演じたトレジャーちゃんとの触れ合い、順撮りで撮影された本作がクランクアップを迎える瞬間などがおさめられているほか、、昨年のカンヌ国際映画祭で読み書きができなかったゼインが求められたサインに応え、大舞台に立ち輝く彼らの姿が印象的な映像となっている。

戸籍がなく学校へ通うこともなく、兄妹たちと路上で朝から晩まで働き暮らしていた少年ゼイン。唯一の支えだった大切な幼い妹が強制結婚させられ、怒りと悲しみから家を飛び出し、行くあてのないままバスで辿りついたのは遊園地だった。エチオピア移民のラヒルとその子供ヨナスとの出会いにより、ひとときの愛情と温もりを感じたが、ラヒルが不法就労の疑いで逮捕されてしまう。ゼインを待っていたのは、さらに過酷な“現実”だった。果たしてゼインの未来とは―。

存在のない子供たち

存在のない子供たち

存在のない子供たち

存在のない子供たち

存在のない子供たち

存在のない子供たち

存在のない子供たち

ストーリー
わずか12歳で、裁判を起こしたゼイン。訴えた相手は、自分の両親だ。裁判長から、「何の罪で?」と聞かれたゼインは、まっすぐ前を見つめて「僕を産んだ罪」と答えた。中東の貧民窟に生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らないし、法的には社会に存在すらしていない。学校へ通うこともなく、兄妹たちと路上で物を売るなど、朝から晩まで両親に働かされている。
唯一の支えだった大切な妹が11歳で強制結婚させられ、怒りと悲しみから家を飛び出したゼインを待っていたのは、大人たちが作ったさらに過酷な“現実”だった──。

作品タイトル:『存在のない子供たち』
出演:ゼイン・アル・ハッジ、ヨルダノス・シフェラウ、ボルワティフ・トレジャー・バンコレ
監督・脚本・出演:ナディーン・ラバキー 『キャラメル』
2018/レバノン、フランス/カラー/アラビア語/125分/シネマスコープ/5.1ch/PG12
字幕翻訳:高部義之
配給:キノフィルムズ/木下グループ

公式サイト:http://sonzai-movie.jp/
公式twitter:@sonzai_movie
公式facebook:@sonzai_movie
コピーライト:(C)2018MoozFilms / (C)Fares Sokhon

7/20(土)、シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国公開


関連記事:
【レポート】『存在のない子供たち』ナディーン・ラバキー監督初来日&家族でトークイベントに登壇!「映画の力を信じたい」
『存在のない子供たち』難民だった彼らの実体験が描かれる“物語の強さ”主人公の少年ゼインが語る特別映像が解禁-7/20公開

『存在のない子供たち』ナディーン・ラバキー監督が7月に来日決定!監督のコメント到着&特別予告編・メイキング画像解禁
本年度アカデミー賞(R)外国語映画賞ノミネート作品、世界を揺るがした衝撃作『存在のない子供たち』7月公開決定
第91回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート!中東の貧困、移民などの社会問題を映し出す衝撃作『CAPHARNAÜM』(原題)

↑上に戻る