菅田将暉×有村架純W主演『花束みたいな恋をした』超特報・場面写真・あらすじと役名が一挙初解禁! ―2021年公開

花束みたいな恋をした

「東京ラブストーリー」(’91)、「Mother」(’10)、「最高の離婚」(’13)、「Woman」(’13)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(’16)、「カルテット」(’17)、「anone」(’18)など、各時代において連続ドラマの金字塔を数多く手掛けてきた脚本家・坂元裕二が、「2020年の東京」を舞台に、今この瞬間を生きるすべての若者へ贈るため書き下ろした映画『花束みたいな恋をした』が2021年、全国公開される。坂元が映画オリジナルのラブストーリーを手掛けたのは今作が初となる。

主役を演じるのは、時代を象徴しながらその先端を拓いていく2人の実力派俳優、菅田将暉有村架純。執筆段階から坂元が主役に想定していたという2人による〈初のダブル主演〉が見事に実現した。

監督を担うのは、小栗旬×星野源の共演が話題の『罪の声』の公開も控える土井裕泰。『いま、会いにゆきます』(’04)、『ハナミズキ』(’10)、『映画 ビリギャル』(’15)など多くの大ヒット映画を手がけて来た土井は、ドラマ「カルテット」で坂元と組んで以来、映画では初のタッグとなる。

描かれるのは、東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会い、その夜から始まるひとつの恋の5年間の行方を、同時代のカルチャーを背景にしながら坂元による唯一無二のセンスで紡いでいく物語。

そしてこの度、<超特報><場面写真><あらすじと役名>が一挙に初解禁となった。

東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山音麦[やまねむぎ](菅田将暉)と八谷絹[はちやきぬ](有村架純)。好きな音楽や映画がほとんど同じで、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。拾った猫に2人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店してもスマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に2人は就職活動を続けるが──。

ずっと2人で一緒にいたいと願い続けた麦と絹が過ごした〈最高の5年間〉。2人が過ごしたいくつもの季節は、誰もが思い出す〈恋する月日のすべて〉を紡いでいく。

解禁された超特報では、2人の恋の始まりから幸せな日々、そして何かに思い詰めるそれぞれの表情までも15秒の中で描いていく。

また同時に解禁された場面写真は、焼きそばパンを食べながらトイレットペーパーを抱えて歩く2人の、何気ない日常を写す1枚となっている。

作品タイトル:映画『花束みたいな恋をした』
出演:菅田将暉、有村架純
監督:土井裕泰
脚本:坂元裕二
製作:TBSスパークル、東京テアトル、テレビ東京、ジェイアール東日本企画、フラーム、CBCテレビ、MBS、朝日新聞社、KDDI、テレビ大阪、BSテレビ東京、TCエンタテインメント、フィルムメイカーズ、リトルモア
製作プロダクション:フィルムメイカーズ、リトルモア
配給:東京テアトル、リトルモア

公式サイト:hana-koi.jp
公式Twitter:@hana_koi_jp
コピーライト:(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

2021年、全国公開

 

関連記事:
菅田将暉×有村架純W主演『花束みたいな恋をした』超ティザービジュアル解禁! ―坂元裕二、初のオリジナル恋愛映画脚本

↑上に戻る