菅田将暉×有村架純W主演『花束みたいな恋をした』超ティザービジュアル解禁! ―坂元裕二、初のオリジナル恋愛映画脚本

「東京ラブストーリー」(’91)、「Mother」(’10)、「最高の離婚」(’13)、「Woman」(’13)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(’16)、「カルテット」(’17)、「anone」(’18)など、各時代において連続ドラマの金字塔を数多く手掛けてきた脚本家・坂元裕二が、「2020年の東京」を舞台に、今この瞬間を生きるすべての若者へ贈るため書き下ろした映画『花束みたいな恋をした』が来冬、全国公開される。坂元が映画オリジナルのラブストーリーを手掛けたのは今作が初となる。

主役を演じるのは、時代を象徴しながらその先端を拓いていく2人の実力派俳優、菅田将暉有村架純。執筆段階から坂元が主役に想定していたという2人による〈初のダブル主演〉が見事に実現した。

監督を担うのは、小栗旬×星野源の共演が話題の『罪の声』の公開も控える土井裕泰。『いま、会いにゆきます』(’04)、『ハナミズキ』(’10)、『映画 ビリギャル』(’15)など多くの大ヒット映画を手がけて来た土井は、ドラマ「カルテット」で坂元と組んで以来、映画では初のタッグとなる。

描かれるのは、東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会い、その夜から始まるひとつの恋の5年間の行方と、子供でも大人でもない時期を迷いながら歩んでいく20代の2人の姿。
稀代の脚本家・坂元裕二が、菅田将暉、有村架純と共に打ち上げる、今世紀最強のラブストーリーが誕生した。

そしてこの度、本作の「超ティザービジュアル」が解禁された。デザインを手掛けたのは、クリエイティブユニット「KIGI」(キギ)。

KIGIは植原亮輔と渡邉良重が2012年に共同で設立したクリエイティブユニット。2人はデザイン会社「DRAFT」在籍時より、アートディレクションとして企業やブランドなど多くのデザインや同社のオリジナルプロダクトブランド「D-BROS」を手がけてきた。海外でも広く販売されているビニール製のフラワーベースをはじめ、琵琶湖周辺の職人たちとのオリジナルブランド「KIKOF」、「ほぼ日」と立ち上げた洋服ブランド「CACUMA」などを手がけ、評価の高い商品をさまざまに制作。2015年には東京ADCでグランプリを受賞、2人ともに亀倉雄策賞(第11回/植原・第19回/渡邉)を受賞している。2017年には初の大規模な個展を宇都宮美術館で開催、オリジナルショップ&ギャラリー「OUR FAVOURITE SHOP」を白金にオープンするなど、多彩な活動を展開している。

そんなKIGIが映画のポスターを手がけるのは今作が初のこと。坂元裕二の脚本を読み、撮影現場も見学するなど、映画の制作段階から本作に積極的に参加。渡邉がイラストを仕上げ、植原がディレクションを行い、美しさと斬新さが同居するまだ誰も見たことのない超ティザービジュアルが完成した。

フライヤーの裏面には「この花ってよく見るけど、何て花?」「女の子に花の名前を教わると、男の子はその花を見るたびに一生その子のこと思い出しちゃうんだって」という意味深なテキストがデザインされている。

なお、こちらのポスターとフライヤーは7月30日(木)より全国の劇場で展開予定(※一部劇場を除く)。映画館に行った際に、ぜひ探してみては。

作品タイトル:映画『花束みたいな恋をした』
出演:菅田将暉、有村架純
監督:土井裕泰
脚本:坂元裕二
製作:TBSスパークル、東京テアトル、テレビ東京、ジェイアール東日本企画、フラーム、CBCテレビ、MBS、朝日新聞社、KDDI、テレビ大阪、BSテレビ東京、TCエンタテインメント、フィルムメイカーズ、リトルモア
製作プロダクション:フィルムメイカーズ、リトルモア
配給:東京テアトル、リトルモア

公式サイト:hana-koi.jp
公式Twitter:@hana_koi_jp
コピーライト:(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

来冬、全国公開

 
↑上に戻る