菅田将暉×有村架純W主演『花束みたいな恋をした』本予告&本ポスター解禁!Awesome City Clubの出演も決定

花束みたいな恋をした「東京ラブストーリー」(’91)、「Mother」(’10)、「最高の離婚」(’13)、「Woman」(’13)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(’16)、「カルテット」(’17)、「anone」(’18)など、各時代において連続ドラマの金字塔を数多く手掛けてきた脚本家・坂元裕二が、「2020年の東京」を舞台に、今この瞬間を生きるすべての若者へ贈るため書き下ろした映画『花束みたいな恋をした』の公開日が2021年1月29日(金)に決定した。坂元が映画オリジナルのラブストーリーを手掛けたのは今作が初となる。

主役を演じるのは、時代を象徴しながらその先端を拓いていく2人の実力派俳優、菅田将暉有村架純。執筆段階から坂元が主役に想定していたという2人による〈初のダブル主演〉が実現した。

監督を担うのは、『罪の声』の土井裕泰。『いま、会いにゆきます』(’04)、『ハナミズキ』(’10)、『映画 ビリギャル』(’15)など多くの大ヒット映画を手がけて来た土井は、ドラマ「カルテット」で坂元と組んで以来、映画では初のタッグとなる。

描かれるのは、東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会い、その夜から始まるひとつの恋の5年間の行方を、同時代のカルチャーを背景にしながら坂元による唯一無二のセンスで紡いでいく物語。稀代の脚本家・坂元裕二が、菅田将暉、有村架純と共に打ち上げる今世紀最強のラブストーリーだ。

そしてこの度、本予告&本ポスター、そしてAwesome City Club(オーサムシティクラブ)の出演情報が一挙解禁となった。

今回解禁となったのは、東京・京王線の明大前駅で終電を逃し偶然に出会った山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)の、その夜をきっかけに始まる奇跡のような人生最高の恋の5年間の行方を映し出す本予告。

不思議なほどの共通点にお互いを意識し合い、「話が合うからってだけなのかな?」「友達だって思ってるのかな?」「3回ご飯食べて告白しなかったら、ただの友達になってしまうよって説あるし」「次は絶対に告白しようって」と、坂元裕二らしさが溢れる独特な台詞の掛け合いと共にあっという間に距離を縮めていく様子が描かれている。同棲を始め穏やかに過ぎていく幸せな毎日、迷いながらも就活で励まし合う日々など、かけがえのない<最高の5年間>を過ごした2人の行き着く未来に注目したい。

そして本予告に流れている楽曲「勿忘」(読み:わすれな)は、本作を鑑賞し感銘を受けたAwesome City Clubが、その時の気持ちをそのまま書き下ろしたインスパイアソング。Awesome City ClubのボーカルPORIN(ポリン)は、本人役としても初演技を披露しており、劇中のライブリハのシーンでは、メンバー全員も出演している。

また、併せて解禁された本ポスターは“何かがはじまる予感がして、心臓が鳴った―”というキャッチコピーに、それぞれ相手を見つめる麦目線、絹目線の印象的な写真が使用されており、オーソドックスでありながら特別感のある不滅のラブストーリーを予感させる仕上がりとなっている。

坂元裕二による初のオリジナル恋愛映画脚本となる本作。劇中で描かれる麦と絹が生きているありふれた日常は、この時代だからこそいまを生きるすべての人が切なく愛おしく感じるはずだ。

花束みたいな恋をした

【Awesome City Club(オーサムシティクラブ)】
2013年に東京で結成された男女ツインボーカルの3人組グループ。今を生きる若者の心情をバンドサウンドにとどまらない幅の広いポップスで表現し、聴き手の心をざわつかせ続けている。


ストーリー
猛スピードで加速する恋の忘れられない〈最高の5年間〉を描く、不滅のラブストーリー誕生!
東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山音麦(やまねむぎ)(菅田将暉)と八谷絹(はちやきぬ)(有村架純)。好きな音楽や映画がほとんど同じで、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店してもスマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続けるが──。

作品タイトル:映画『花束みたいな恋をした』
出演:菅田将暉 有村架純
清原果耶 細田佳央太
韓英恵 中崎敏 小久保寿人 瀧内公美
森優作 古川琴音 篠原悠伸 八木アリサ
押井守 Awesome City Club PORIN/佐藤寛太 岡部たかし
オダギリジョー
戸田恵子 岩松了 小林薫
監督:土井裕泰
脚本:坂元裕二
撮影:鎌苅洋一 照明:秋山恵二郎 美術:杉本 亮 装飾:茂木 豊 撮影効果:実原康之 録音:加藤大和 編集:穗垣順之助(J.S.E.)
音楽:大友良英
衣裳:立花文乃 ヘアメイク:豊川京子 スクリプター:加山くみ子 イラストレーション:朝野ペコ VFXプロデューサー:赤羽智史 助監督:石井 純 製作担当:宮下直也
企画:孫 家邦 菊地美世志 那須田 淳
プロデューサー:有賀高俊 土井智生
製作:TBSスパークル、東京テアトル、テレビ東京、ジェイアール東日本企画、フラーム、CBCテレビ、MBS、朝日新聞社、KDDI、テレビ大阪、BSテレビ東京、TCエンタテインメント、フィルムメイカーズ、リトルモア
製作プロダクション:フィルムメイカーズ、リトルモア
配給:東京テアトル、リトルモア

公式サイト:hana-koi.jp
公式Twitter:@hana_koi_jp
公式Instagram:@mugikinu
コピーライト:(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

2021年1月29日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか、全国公開

 

関連記事:
『花束みたいな恋をした』清原果耶、細田佳央太、オダギリジョーら追加キャスト一挙解禁!押井守監督も本人役で出演
菅田将暉×有村架純W主演『花束みたいな恋をした』超特報・場面写真・あらすじと役名が一挙初解禁! ―2021年公開
菅田将暉×有村架純W主演『花束みたいな恋をした』超ティザービジュアル解禁! ―坂元裕二、初のオリジナル恋愛映画脚本

↑上に戻る