【レポート】『シャイロックの子供たち』ティーチインイベントに渡辺いっけい&忍成修吾ら登壇!“例のシーン”の反響語る

シャイロックの子供たち

累計発行部数60万部を突破した池井戸潤による小説を映画化した『シャイロックの子供たち』(公開中)のティーチインイベントに、渡辺いっけい、忍成修吾、本木克英監督が登壇した。

先日、阿部サダヲ&佐藤隆太が登壇した【チーム木更津】では、映像作品では約20年ぶりの共演となった二人が撮影時のエピソードや過去作品での共演時の思い出を披露し、ファン垂涎のお宝トーク連発の貴重なイベントとなった。

そして第二弾として開催された今回は【チーム中間管理職】として、劇中でも強烈な印象を鑑賞者に植え付けた渡辺と忍成が、今だからこそ話せるトークを繰り広げた。

『シャイロックの子供たち』スペシャルウィーク in 新宿ピカデリー
チーム中間管理職(鹿島&遠藤)の回 実施概要

日時:3月6日(月)
登壇者(敬称略):渡辺いっけい、忍成修吾、本木克英監督
会場:新宿ピカデリー SC3

鹿島を演じた渡辺は、周りからの反響について「公開されて奥さんと映画を観に行きまして、自分が出ていないシーンを観るのが凄く新鮮でしたし、例の神社のシーンがきたら奥さんが『嘘でしょ』と声を出していて、成功したのかなと思いました」とコメント。

“例のシーン”というのは、忍成演じる遠藤が仕事の重圧に耐えきれずに心が壊れてしまう衝撃のシーンだ。会場からに集まったファンは泣いた方と笑った方が半々といった様子で、多くの人の心を動かすシーンとなっている。

忍成は周りからの反響について「遠藤の気持ち、凄く良くわかるよと言わるのですが、社会ってこんなに辛いのかと思いました(笑)。今回は、遠藤の気持ちをいっけいさんが繋げてくれたと言っていいぐらい、引っ張ってくれたのでありがたかったです」と述懐。

さらに、本木監督は「このシーンは共感したという声を本当に多くいただきました。遠藤については壊れてしまうまで働かなくてもいいのにという声や、鹿島と自分の気持ちが一緒という方も多かった。部下がああいうことになってしまった時に何も出来ずに見守ることしかできない鹿島を見て『あれは俺だ』と言う方も多かったです」と明かした。

シャイロックの子供たち
シャイロックの子供たち

ここで3人へのサプライズとして、すでに6回も鑑賞しているという原作の池井戸からの、〈遠藤と鹿島の役のリアルさについて、具体的な役作りをしていたのか〉という質問が読み上げられた。

この質問に対し、渡辺は「僕の役は遠藤や他のキャラクターの行動に対してリアクションするだけなんです。なので、現場で周りの役者さんの空気の中で作り上げただけなんです」振り返った。

忍成は「お二人に助けていただいたことばかりで、いっけいさんが現場で色々と提案していただけたおかげで、遠藤の心情がスムーズにつながっているなと思いましたし、虚ろな表情は監督からの細かい演出のおかげで作り上げることができました」と撮影を振り返った。

続いて、会場に集まった方からの質問コーナーに。一番大変だったシーンと裏話についての質問に対し、渡辺は「忍成君と玉森君が本当に寡黙で、本番以外では気配を消していましたね。玉森君って本当に不思議な方で、アイドルオーラを完全に消していた(笑)。普段からすごく冷静だったので演じているのかわかなくなるシーンもあってなんかドキュメンタリーを観ているかのようにリアルでした」と共演者の玉森に対する裏話を披露。

忍成は「いっけいさんのアドリブが本当に嬉しくて、ドラマデビューの時もいっけいさんに大変お世話になったので、今回しっかりと共演することができて本当に嬉しかったです」と、尊敬する渡辺との共演に改めて感謝を述べ、イベントは幕を閉じた。

シャイロックの子供たち
シャイロックの子供たち
シャイロックの子供たち

ストーリー
東京第一銀行の小さな支店で起きた、現金紛失事件。
ベテランお客様係の西木(阿部サダヲ)は、同じ支店の愛理(上戸彩)と田端(玉森裕太)とともに、事件の真相を探る。一見平和に見える支店だが、そこには曲者揃いの銀行員が勢ぞろい。出世コースから外れた支店長・九条(柳葉敏郎)、超パワハラ上司の副支店長・古川(杉本哲太)、エースだが過去の客にたかられている滝野(佐藤隆太)、調査に訪れる嫌われ者の本店検査部・黒田(佐々木蔵之介)。そして一つの真相にたどり着く西木。それはメガバンクにはびこる、とてつもない不祥事の始まりに過ぎなかった―。

作品タイトル:『シャイロックの子供たち』
出演:阿部サダヲ
上戸彩、玉森裕太、柳葉敏郎、杉本哲太、佐藤隆太、柄本明、橋爪功、佐々木蔵之介 ほか
原作:池井戸潤『シャイロックの子供たち』(文春文庫)
監督:本木克英
脚本:ツバキミチオ
音楽:安川午朗
主題歌:エレファントカシマシ「yes. I. do」(ユニバーサルシグマ)
製作:映画「シャイロックの子供たち」製作委員会
配給:松竹

公式サイト:movies.shochiku.co.jp/shylock-movie/
公式Twitter:@shylock_film
コピーライト:(C) 2023映画「シャイロックの子供たち」製作委員会

大ヒット上映中!

関連記事:
【レポート】『シャイロックの子供たち』で約20年ぶりに共演!阿部サダヲ&佐藤隆太がティーチインイベントに登壇
映画『シャイロックの子供たち』阿部・上戸・玉森が「ヴェニスの商人」の解説ナレーションに挑戦する特別映像が解禁!
『シャイロックの子供たち』池井戸潤も各キャストの役作りに太鼓判!キャラクター紹介特別映像&オピニオンコメント到着
【レポート】『シャイロックの子供たち』公開直前イベントに豪華キャスト陣が着物姿でご祈祷&フォトセッションに参加
『シャイロックの子供たち』SNSでも話題沸騰!豪華キャスト陣が“キャラクター診断やってみた”特別映像解禁
【レポート】『シャイロックの子供たち』究極の2択大阪verも実施!阿部サダヲ、上戸彩、本木監督が作品への思いを熱烈PR
【レポート】『シャイロックの子供たち』超豪華キャストが「金か?魂か?」にちなんだ2択をめぐり大暴露トーク連発!
『シャイロックの子供たち』事件の鍵を握る?クセモノたちの姿が一挙解禁!「やられたら倍返し!」TVCM映像も
『シャイロックの子供たち』新場面写真解禁!豪華キャスト陣が本作の魅力を語る特別メイキング映像も ―来年2/17公開
阿部サダヲ主演『シャイロックの子供たち』本予告映像&本ビジュアル解禁!書き下ろし主題歌はエレファントカシマシ

↑上に戻る