12ヶ月連続名作上映プロジェクト「12ヶ月のシネマリレー」8月5日(金)より開催決定!ポスター&予告映像解禁

(C) Recorded Picture Company

12ヶ月連続名作上映プロジェクト「12ヶ月のシネマリレー」が8月5日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋ほかにて開催が決定し、あわせてポスタービジュアルと予告編が解禁された。

本プロジェクトでは、20世紀後半、映画の黄金時代に生まれた輝かしい名作を1ヶ月に1本ずつ、月替わりで上映。
4Kレストア版・劇場未公開・国内最終上映を含めた、未来へ継ぐべき貴重な12作品がセレクトされている。

本特集でレストア/リマスター版として蘇るのは、アカデミー賞(R)主要9部門を総ナメし、坂本龍一が出演・音楽も手がけた歴史的傑作ベルナルド・ベルトルッチ『ラストエンペラー』をはじめ、ヴィム・ヴェンダース『ことの次第』デヴィッド・クローネンバーグ『裸のランチ』など、今もなお世界中で高く評価されている名作たち。また、ジョニー・デップ&レオナルド・ディカプリオが心に残る名演を刻んだ『ギルバート・グレイプ』ルパート・エヴェレット&コリン・ファース共演で絶大な人気を博した『アナザー・カントリー』
その他にも、これまで劇場未公開であったスティーヴン・フリアーズ『殺し屋たちの挽歌』ペーター・ハントケ『左利きの女』、国内最終上映となるアーヴィング・ラッパー『黒い牡牛』なども含め、近年スクリーンで観る機会のなかった全12作品がラインナップ。

このたび解禁となったポスターは、両サイドに本特集で上映される12作品のタイトルが添えられ、『ラストエンペラー』の有名な場面である幼き溥儀(ふぎ)が中心に据えられたダイナミックなデザインが印象的なビジュアルとなっている。
<ふたたび出会う。いまこそ出会う。>というキャッチコピーからは、公開当時に劇場へ足を運んだ世代にも、これまで劇場で観る機会のなかった若い世代にもあらためて名作に出会ってほしい、というメッセージが読み取れる。

予告編では、冒頭に『薔薇の名前』ショーン・コネリー『ギルバート・グレイプ』レオナルド・ディカプリオ、『カラヴァッジオ』のティルダ・スウィントンなど、誰もが知る映画スターたちが若き日の姿で現れ、次々と映し出される映画史の輝かしいワンシーンに期待が高まる。
また、<映画館から未来(あなた)へつなぐ>という言葉にあるとおり、配信サービス全盛の時代、そしてコロナ禍以降を生きる世代に“映画館”というリアルな場所で味わえる特別な体験の素晴らしさを繋いでいきたい――この「12ヶ月のシネマリレー」はそうしたコンセプトのもとに企画された特集上映となっている。

なお、本企画にはFilmarksが運営するプレチケが協力、上映期間中はプレチケを利用してチケットを販売するトークイベントや入場者プレゼント付きの上映が実施される予定だ。

上映作品一覧

第1弾 『ギルバート・グレイプ』(1993)
監督:ラッセ・ハルストレム
第66回アカデミー賞(R)助演男優賞ノミネート
第51回ゴールデングローブ賞 助演男優賞ノミネート

『ギルバート・グレイプ』
TM & (C) MCMXCIII by Paramount Picture Corporation. All Rights Reserved.

第2弾 『アナザー・カントリー HDニューマスター版』(1984)
監督:マレク・カニエフスカ
第37回カンヌ国際映画祭 最優秀芸術貢献賞受賞

『アナザー・カントリー HDニューマスター版』
(C) 1984 Eastern Counties Newspaper Group. All Rights Reserved.

第3弾 『殺し屋たちの挽歌』(1984)
監督:スティーヴン・フリアーズ ※劇場初公開

『殺し屋たちの挽歌』
(C) MCMLXXXIV Central Productions Limited. All Rights Reserved.

第4弾 『黒い牡牛 レストア版』(1956)
監督:アーヴィング・ラッパー ※国内最終上映
第29回アカデミー賞(R)原案賞受賞

『黒い牡牛 レストア版』
(C) 1956 by RKO Radio Pictures, Inc. All Rights Reserved.



第5弾 『裸のランチ 4Kレストア版』(1991)
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
第57回NY映画批評家協会賞 最優秀脚本賞・最優秀助演女優賞受賞

『裸のランチ 4Kレストア版』
(C) Recorded Picture Company (Productions) Limited and Naked Lunch Productions Limited. 1991.



第6弾 『ラストエンペラー 劇場公開版 4Kレストア』(1987)
監督:ベルナルド・ベルトルッチ
第60回アカデミー賞(R)9部門受賞、第45回ゴールデングローブ賞4部門受賞

『ラストエンペラー 劇場公開版 4Kレストア』
(C) Recorded Picture Company



第7弾 『カラヴァッジオ』(1986)
監督:デレク・ジャーマン
第36回ベルリン国際映画祭 銀熊賞(優秀個人賞)受賞

『カラヴァッジオ』
(C) 1986 Derek Jarman



第8弾 『マリリンとアインシュタイン』(1985)
監督:ニコラス・ローグ
第38回カンヌ国際映画祭 フランス映画高等技術委員会賞受賞

『マリリンとアインシュタイン』
(C) MCML XXXⅤ Zenith Productions Limited. All Rights Reserved.



第9弾 『薔薇の名前 レストア版』(1986)
監督:ジャン=ジャック・アノー

『薔薇の名前 レストア版』
(C) 1986 Neue Constantin Film Produktion GmbH



第10弾 『左利きの女 4Kレストア版』(1977)
監督:ペーター・ハントケ ※劇場初公開

『左利きの女 4Kレストア版』
(C) Wim Wenders Stiftung 2015



第11弾 『ことの次第 4Kレストア版』(1981)
監督:ヴィム・ヴェンダース
第39回ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞受賞

ことの次第 4Kレストア版』
(C) Wim Wenders Stiftung 2015



第12弾 『クライング・ゲーム デジタルリマスター版』(1992)
監督:ニール・ジョーダン
第65回 アカデミー賞(R) 脚本賞受賞

『クライング・ゲーム デジタルリマスター版』
(C) Palace (Soldier’s Wife) Ltd. and Nippon Film Development & Finance Inc. 1992

料金
通常料金\1,500均一/HC割 \1,000 ※記載以外の割引サービス、招待券、優待券 使用不可 ※プレチケで販売するトークイベント付きの上映回は料金が異なる場合がございます。チケット代のほか別途システム利用料(160円/枚)がかかります。

12ヶ月連続名作上映プロジェクト「12ヶ月のシネマリレー」
配給:東北新社
企画協力:東京テアトル、武蔵野興業
宣伝協力:プレチケ(Filmarks) 協賛:スターチャンネル

公式サイト:https://12cinemarelay.com
公式Twitter:@12cinemarelay

2022年8月5日(金)より ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋 ほか全国順次公開

↑上に戻る