『ジョーンの秘密』公開初日が8/7(金)に決定&本編映像解禁!ジョーンは国を裏切ったのか?最愛の息子から疑惑の視線

ジョーンの秘密

アカデミー賞に7度ノミネートされ、『恋におちたシェイクスピア』で受賞した英国映画・演劇界の至宝 ジュディ・デンチを主演に迎えた、イギリス史上最も意外なスパイの実話から生まれた衝撃作『ジョーンの秘密』の公開初日が8月7日(金)TOHOシネマズ シャンテ他ロードショーに決定した。

また、スパイ容疑で告発されたジョーン(ジュディ・デンチ)の姿が映し出された本編映像が初解禁された。

イギリス史上最も意外なスパイ ジョーンは、イギリス郊外で穏やかな一人暮らしを送っていた。ところが2000年5月、ジョーンは突然訪ねてきたMI5に逮捕されてしまう。この度解禁された本編映像では、ほぼスッピンのジョーンが取り調べ室で、弁護士であり実の息子のニック(ベン・マイルズ)に対して自身の弁護を依頼する…というシーンが静かに、そして激しく映し出されている。

「謝るわ。ニック」と、謝罪するジョーン。しかし息子のニックは、実の母が国を裏切り、祖国を裏切っていた疑惑をかけられていると知り「謝罪じゃ足りない」と憤りを隠せない。「お願いがあるの。裁判になったら弁護を担当してくれない?罪は認める。偽証は頼まない」とジョーンが弁護を依頼するも「なぜこんなことを?」と、母のしたことの大きさ、そして過ちを受け入れることができない。ジョーンは自分の思いを伝えようと「ニック。あなたは信念に生きてるでしょ。私も同じよ。」と思いを語るが、その短い台詞では全てを伝えることはできないのだった。

絶望的な気持ちになりながらも、捜査官の取り調べは1938年まで遡り、次々と明かされるジョーンの驚くべき真実―。仲間や家族を裏切ってまで、彼女は何を守ろうとしたのか。そして、ジョーンを突き動かしたものとは?本編に期待が高まる。

 

イギリス史上、最も意外なスパイの実話から生まれた衝撃作。

世界がミレニアムに浮かれていた2000年、英国では驚愕のニュースが国内を駆け抜けた。ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれたと報道されたのだ。

だが、人々に衝撃を与えたのは、その事実よりも容疑をかけられた“その人物”。それは、まさに私たちの隣に住んでいるような80代の老女ジョーン。彼女は信じられないほどの過去を隠し続けて静かに生活を送ってきたのだ。

この数奇な実話をもとに、英国の作家ジェニー・ルーニーが書き上げ、ベストセラーとなった小説の映画化が実現した。

ジョーンは祖国を裏切ったのか、KGBに利用されたのか、レオへの愛のためなのか、それとも── スリリングな謎解きに息をのみ、クライマックスのジョーンのスピーチに、今を生きる私たちに深くつながる物語であることに気づかされる衝撃作が完成した。

ストーリー
夫に先立たれ、仕事も引退したジョーン・スタンリー(ジュディ・デンチ)は、イギリス郊外で穏やかな一人暮らしを送っていた。ところが、2000年5月、ジョーンは突然訪ねてきたMI5に逮捕されてしまう。半世紀以上も前に、核開発の機密情報をロシアに流したというスパイ容疑だった。ジョーンは無罪を主張するが、先ごろ死亡した外務事務次官のW・ミッチェル卿が遺した資料から、彼とジョーンがロシアのKGBと共謀していた証拠が出てきたというのだー。彼女の息子で弁護士を務めるニック(ベン・マイルズ)立ち会いのもと、次々と明かされるジョーンの驚くべき真実ー。仲間や家族を裏切ってまで、彼女は何を守ろうとしたのか。そして、ジョーンを突き動かしたものとは?

作品タイトル:『ジョーンの秘密』
出演:ジュディ・デンチ、ソフィー・クックソン、トム・ヒューズ、スティーヴン・キャンベル・ムーア、ベン・マイルズ
監督:トレヴァー・ナン
原作:ジェニー・ルーニー著「Red Joan」
2018/英語/イギリス/101分/5.1ch/カラー/スコープ/原題:REDJOAN/PG12
字幕翻訳:チオキ真理
配給:キノフィルムズ

公式サイト:https://www.red-joan.jp/
コピーライト:(c) TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018

8月7日(金)TOHOシネマズ シャンテ他ロードショー

 

関連記事:
ジュディ・デンチ主演『ジョーンの秘密』公開決定&予告編解禁!イギリス史上最も意外なスパイー実話から生まれた衝撃作

↑上に戻る