『SING/シング:ネクストステージ』サントラ発売決定!劇中で使用されたU2の2年ぶり新曲も収録

『ミニオンズ』、『ペット』、『怪盗グルー』シリーズなど、世界中で愛される作品を生み出し続けるイルミネーション・エンターテインメントが2017年に公開し、大ヒットを記録した『SING/シング』から5年。待望の最新作『SING/シング:ネクストステージ』(2022年3月18日(金)公開)のサウンドトラックシング:ネクストステージ – オリジナル・サウンドトラックの発売が決定した。

サウンドトラックのリード曲であり、映画のオリジナル曲として劇中に登場するのは、U2がリリースした2年ぶりの新曲「ユア・ソング・セイヴド・マイ・ライフ」(Your Song Saved My Life)。U2はこれまでに数多くの映画のサウンドトラックに曲を提供しており、アカデミー賞「歌曲賞」に2回ノミネートされている(2003年『ギャング・オブ・ニューヨーク』に提供した「ザ・ハンズ・ザット・ビルト・アメリカ」、2014年『マンデラ 自由への長い道」に提供した「オーディナリー・ラヴ」)。なお、U2のボノは『SING/シング:ネクストステージ』のクレイ・キャロウェイ役で声優デビューを果たすことでも話題を呼んでいる。

さらに、サウンドトラックには前述のU2の新曲も含む計3曲の新曲が収録される他、ホールジーファレル・ウィリアムスエルトン・ジョンビリー・アイリッシュなどのグローバル・アーティストたちが参加しているほか、海外版の声優キャストのトリー・ケリースカーレット・ヨハンソンリース・ウィザースプーンニック・クロールタロン・エガートンなどによる映画用の楽曲(人気曲のカヴァー)も収録されるなど、豪華な内容となっている。

また、ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」にて、U2が今までリリースした全楽曲が解禁され、アカウントも新たに開設された。「ビューティフル・デイ」や「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」などを含む過去のヒット曲に加え、新曲「ユア・ソング・セイヴド・マイ・ライフ」もTikTokで先行配信されている。そして、楽曲解禁と合わせて開設されたU2のTikTokアカウントでは、ボノが自ら制作したアートワークを用いた動画を見ることができる。

U2「ユア・ソング・セイヴド・マイ・ライフ」

商品情報

■ U2「ユア・ソング・セイヴド・マイ・ライフ」
配信中
U2 / Your Song Saved My Life (From Sing 2)
試聴・購入:https://umj.lnk.to/U2_ys

SING/シング:ネクストステージ

シング:ネクストステージ – オリジナル・サウンドトラック
(原題:Sing 2 Original Motion Picture Soundtrack)
2021年12月17日(金) 輸入盤・デジタルリリース予定(国内盤:発売日後日発表予定)
試聴・予約:https://umj.lnk.to/Sing2_NextStage_POPR

SING/シング:ネクストステージ

【輸入盤CD収録曲】
※(  )内はオリジナル・アーティスト。★は映画用の新曲。
1.Your Song Saved My Life (From Sing 2) – U2 ★
2.Let’s Go Crazy (Prince) – Tori Kelly, Taron Egerton, Reese Witherspoon & Nick Kroll
3.Can’t Feel My Face (The Weeknd) – Kiana Lede
4.Goodbye Yellow Brick Road – Elton John
5.Heads Will Roll (Yeah Yeah Yeahs) – Scarlett Johansson
6.Holes – Mercury Rev
7.bad guy – Billie Eilish
8.Sing 2 Audition Medley – Sing 2 Cast
9.Where the Streets Have No Name (U2) – Tori Kelly, Taron Egerton, Scarlett Johansson, Reese Witherspoon & Nick Kroll
10.Higher Love – Kygo x Whitney Houston
11.There’s Nothing Holdin’ Me Back (Shawn Mendes) – Taron Egerton & Tori Kelly
12.Sueltate (From Sing 2) – Sam i feat. Anitta, BIA & Jarina De Marco ★
13.Stuck In a Moment You Can’t Get Out Of (U2) – Scarlett Johansson
14.Soy Yo (Sing 2 Mix) – Bomba Estero
15.A Sky Full of Stars (Coldplay) – Taron Egerton
16.Could Have Been Me (The Struts) – Halsey
17.I Say A Little Prayer (Aretha Franklin) – Tori Kelly & Pharrell Williams
18.Break Free (Ariana Grande feat. Zedd) – Reese Witherspoon & Nick Kroll
19.I Still Haven’t Found What I’m Looking For (U2) – Scarlett Johansson & Bono
20.Tippy Toes ? Adam Buxton with Fancy Feelings feat. DSCOSTU [BONUS TRACK] ★
21.Christmas (Baby Please Come Home) (Mariah Carey, etc.) – Keke Palmer feat. Scarlett Johansson, Taron Egerton, Reese Witherspoon & Tori Kelly [BONUS TRACK]

SING/シング:ネクストステージ

U2 公式サイト(日本)https://www.universal-music.co.jp/u2/
OFFICIAL SITE(海外)https://www.u2.com/
U2 TikTokアカウントhttps://www.tiktok.com/@u2

▼『SING/シング:ネクストステージ』サウンドトラック日本公式サイト
https://www.universal-music.co.jp/sing/


イントロダクション
最新作『SING/シング:ネクストステージ』では、バスター率いるロジータやグンターらは地元で人気を博し、ニュー・ムーン・シアターは連日満席に。しかしバスターは華やかで煌びやかなエンターテイメントの聖地レッド・ショア・シティにあるクリスタル・タワー・シアターで新しいショーを披露するという大きな夢を抱いていた。人生最大の夢の舞台でバスターたちの新たな挑戦が始まる。

最新作にはお馴染みのニュー・ムーン・シアターの面々に加えて、本作で声優デビューするU2ボノが伝説のロックスター・ライオンのクレイ役を演じるほか、魅力的な新キャラクターが数多く登場。果たしてバスターたちはショーを成功することができるのか?

豪華ヒットソングに乗せてダンスあり、ミュージカルあり、ライブありのパワーアップした圧倒的スケールで贈るミュージック・エンターテインメント『SING/シング:ネクストステージ』に期待が高まる。

作品タイトル:『SING/シング:ネクストステージ』
出演:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、タロン・エガートン、トリー・ケリー、ニック・クロール、ボビー・カナヴェイル、ホールジー、ファレル・ウィリアムス、ニック・オファーマン、レティーシャ・ライト、エリック・アンドレ、チェルシー・ペレッティ、ボノ(U2) ほか
日本版 声の出演:内村光良、坂本真綾、斎藤司(トレンディエンジェル)ほか
監督・脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
配給:東宝東和

公式サイト:sing-movie.jp
公式twitter:@SingMovieJP
公式Facebook:@sing.movie.jp
YouTube:https://www.youtube.com/c/IlluminationJP
コピーライト:(C) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

2022年3月18日(金)、全国ロードショー!

関連記事:
『SING/シング:ネクストステージ』内村光良、斎藤司、坂本真綾の声優続投決定!キャストコメント&日本限定特報映像到着
『SING』新キャラにU2ボノ、ホールジー、ファレル・ウィリアムスらが集結した最新作が2022年春全国公開&邦題決定!

↑上に戻る