「北欧、暮らしの道具店」初の映画!西田尚美主演『青葉家のテーブル』2021年春公開!場面写真&キービジュアルも到着

「フィットする暮らし、つくろう」をテーマに日々の暮らしに寄り添った様々なコンテンツを発信する「北欧、暮らしの道具店」

そんな「北欧、暮らしの道具店」から2018年4月より配信が始まり、600万回以上再生された短編ドラマを長編映画化した『青葉家のテーブル』2021年春公開となることが決定した。あわせて、場面写真とキービジュアルも解禁された。

当初2020年秋の公開予定となっていたところ、新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期されていた本作。ドラマ版から引き続き、「半沢直樹」への出演も大きな話題となった西田尚美が主演を務める。西田演じる青葉春子を中心とした青葉家の家族に、現在公開中の映画『滑走路』に主要キャストとして抜擢された寄川歌太、60本以上の映画作品に参加し、現在公開中の深田晃司監督『本気のしるし』にも出演している忍成修吾、映画『見栄を張る』主演の久保陽香が続投する。

さらに、映画版には春子の友人・国枝知世役に約5年ぶりの映画出演となる市川実和子、その娘で青葉家に居候をする国枝優子役に新人女優の栗林藍希など、特別キャストの出演も決定した。

今回の映画版『青葉家のテーブル』では、ドラマ版のファンだけではなく、初めて鑑賞する方も楽しめるような映画オリジナルストーリーで制作されており、監督はドラマシリーズから引き続き松本壮史が手掛ける。青春のみずみずしさと葛藤を映し出す松本監督に、「北欧、暮らしの道具店」の世界観で作り出された美術・料理・音楽・衣装を組み合わせ、青春の延長にある大人たちの切実な暮らしを、細部まで神経を行き届かせた映像で描く。

また、松本監督と「北欧、暮らしの道具店」店長であり、本作のエグゼクティブ・プロデューサーを務める佐藤友子からのコメントも到着した。

コメント一覧

【監督・松本壮史】
2018年の春にWEBドラマとしてはじまった「青葉家のテーブル」が長編映画になりました。西田尚美さんをはじめとしたお馴染みのメンバーと共に、映画として新たな物語を紡ぐ事が出来て本当に嬉しいです。そこに魅力あふれる新たな登場人物も加わり、青葉家の世界がぐっと拡がりました。大人も子供も混じり合ったひと夏の青春群像劇となっています。音楽もとびきり良いのです。ぜひ劇場でご覧ください。

【エグゼクティブプロデューサー/「北欧、暮らしの道具店」店長 佐藤友子】
日々奮闘している大人世代の方にも、自分とはなんぞやと模索をしているい若い世代の方にも「こんな映画をずっと待ってた」と思ってもらえる作品になっているのではないかと期待しています。映像を構成する美術や小物使い、料理・衣装・光の具合などなど、大きなスクリーンでぜひ鑑賞していただきたい演出面のポイントをたくさんしのばせています。「14年前に雑貨屋としてスタートした会社が製作した映画」という目線でもぜひお楽しみください。

「北欧、暮らしの道具店」とは

「フィットする暮らし、つくろう」をテーマに、北欧を中心とした様々な国の雑貨を販売しながら、料理のレシピやインテリア紹介など様々なコンテンツを、Web記事、動画、音声でお届けするECメディア。Webサイトや公式アプリのMAU(月間アクティブユーザー)は200万人以上、YouTube公式チャンネルで配信されるオリジナル動画の閲覧数は月間100万回超え、SNSの総フォロワー数は200万人を超える。
公式サイト:https://hokuohkurashi.com/

ストーリー
シングルマザーの春子(西田尚美)と、その息子リク(寄川歌太)、春子の飲み友達めいこ(久保陽⾹)と、その彼氏で小説家のソラオ(忍成修吾)という一風変わった4人で共同生活をしている青葉家。夏のある日、春子の旧友の娘・優子(栗林藍希)が美術予備校の夏期講習に通うため、青葉家へ居候しにやって来た。そんな優子の母・知世(市川実和子)は、ちょっとした”有名人”。知世とは20年来の友人であるはずの春子だが、どうしようもなく気まずい過去があり…。

作品タイトル:『青葉家のテーブル』
出演:西田尚美、市川実和子、栗林藍希、寄川歌太、忍成修吾、久保陽香
監督:松本壮史
エグゼクティブプロデューサー:佐藤友子(「北欧、暮らしの道具店」店長)
プロデューサー:杉山弘樹
企画・製作:北欧、暮らしの道具店
製作プロデュース:THINKR
制作協力:株式会社ギークピクチュアズ
配給:エレファントハウス

公式サイト:https://hokuohkurashi.com/note/162688
コピーライト:(C) 2021 Kurashicom inc.

2021年春、全国順次公開

↑上に戻る