『バッドボーイズ フォー・ライフ』1月31日(金)日本公開決定&日本版予告映像解禁! ―ウィル・スミス主演シリーズ第3弾

バッドボーイズ フォー・ライフ

全世界でシリーズ累計4億ドルを突破した大ヒット『バッドボーイズ』シリーズ。その第3弾となる『バッドボーイズ フォー・ライフ』が2020年1月31日(金)に公開となることが決定し、あわせて日本版予告編が解禁された。

1995年、製作ジェリー・ブラッカイマー&監督マイケル・ベイのハリウッド映画史上最高のヒットメーカー・チームが放った『バッドボーイズ』。マイアミを舞台に、ウィル・スミス×マーティン・ローレンスという2人の刑事が挑んだ本作は、カーアクションと銃撃戦をたっぷりと盛り込み、身体をフルに使った体当たりの映像でアクション映画の真髄を伝え、ジェリー・ブラッカイマー×マイケル・ベイコンビの金字塔を打ち立てた。と同時に、当時27歳だったウィル・スミスを一躍ハリウッドのスターダムに押し上げた。ウィルにとって初めての主演映画であり、初めてのアクション映画という記念碑的作品でもあった。さらに、8年後の2003年『バッドボーイズ 2バッド』で再びブラッカイマーとベイの製作チームで、この黄金コンビが再会した。

あのウィル・スミスが、バッドボーイズとして再び帰ってきた!

ジェリー・ブラッカイマーが、2018年米バラエティ誌による「観るべき10人の監督たち」に選出されたアディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーというフレッシュな監督コンビを迎え、再び『バッドボーイズ』コンビを再結成させた。主演はもちろんウィル・スミスとマーティン・ローレンスという永遠にして唯一無二のバディ。この2人が強力タッグを組んでこその“バッドボーイズ”なのだ。ブランド物のスーツを着こなし、ポルシェをカッ飛ばすマイク・ローリー(ウィル・スミス)、かたや家族こそが守るべき大切なものとして、危険な職務に臨むことには消極的なマーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)。この二人の危険すぎるワイルドで無鉄砲な捜査が、マイアミを舞台に縦横無尽に展開する。

引退を真剣に考えるマーカスに対し、「信頼できるのはお前しかいない。これが最後だ」とマイクがコンビとして最後の共同捜査を依頼。“バッドボーイズ”としての2人のコンビ愛はもちろん、シリーズお馴染みのカーチェイスと銃撃戦など、体当たりのド派手なアクションも満載。再び、危険なミッションが幕を開ける――!

作品タイトル:『バッドボーイズ フォー・ライフ』
出演:ウィル・スミス(『メン・イン・ブラック』『アラジン』)、マーティン・ローレンス(『バッドボーイズ』シリーズ)
監督:アディル・エル・アルビ、ビラル・ファラー
全米公開:2020年1月17日
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

公式サイト:http://badboys-movie.jp
ソニー・ピクチャーズ映画部公式Twitter:https://twitter.com/SPEeiga #バッドボーイズ

2020年1月31日(金)全国ロードショー

↑上に戻る