映画『ビール・ストリートの恋人たち』70年代NYをイメージしたこだわりのセットが堪能できる場面写真解禁―2/22(金)公開

ビール・ストリートの恋人たちアカデミー賞(R)作品賞受賞『ムーンライト』バリー・ジェンキンス監督最新作『ビール・ストリートの恋人たち』は2月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開となる。この度、本作こだわりのセット美術が堪能できる場面写真が一挙解禁された。

『ムーンライト』では、舞台である現代のマイアミを重要なキャラクターの一つと位置づけ、強く降り注ぐ太陽の光や、木々の緑、青い月の光に照らされたビーチの姿を、生命力たっぷりに描いてみせたジェンキンス監督。本作では、今から50年前のNY・ハーレムの生き生きとした姿の再現に挑戦。70年代NYのイメージによく使われる茶やグレー中心のくすんだ色味ではなく、ロマンティックなラブ・ストーリーの感情の動きにぴったり寄り添う、情熱的でハイコントラストなカラーパレットを用意した。
ジェンキンス監督はインスピレーションを、ライフ誌、ヴォーグ誌で初の黒人専属カメラマンであり、世界最高峰の写真家集団マグナム・フォトにも所属したゴードン・パークスや、当時のNYのストリートの写真でよく知られるジャック・ガラファローらの作品から得たという。「撮影の準備段階においては僕と衣装、美術部門でじっくりと案をねった。一貫したデザインや色彩を、衣装とインテリアなどすべてに使いたかった。主人公のティッシュを、鮮やかな世界や、時には色あせた世界の中に置いていったんだ。」そして、「ボールドウィンの文章と、ハーレムの街へ敬意を示すためにも」との熱い思いから、撮影は2017年10月より、実際に映画の舞台となるNY・ハーレムで行われた。

画像01

美術担当のマーク・フリードバーグは、これまでジム・ジャームッシュ作品やウェス・アンダーソン作品の美術監督も務めている人物。ニューヨークを舞台にした作品では『脳内ニューヨーク』や昨年公開『ワンダーストラック』など、この魅力的な大都市の様々な顔をスクリーンの中で息づかせてきた。そんなフリードバーグは、「70年代のハーレムで主人公達が直面していた経済的な状況は、若きカップルであるティッシュとファニーのラブ・ストーリーを語る上で重要な文脈となっていた。ティッシュが生まれ育ったリヴァーズ家と、すでに独り立ちし、アーティストとして生きるファニーが暮らす家、それぞれに明確なビジョンを持って美術に落とし込んでいった」と語る。

画像02

「母シャロンの愛情に溢れるリヴァーズ家には、家庭的豊かさがある。ただ、居住年数20年くらい経つが資金不足でリフォームもできていないという経済状況も表す必要があって、複雑だった。」そこでフリードバーグは、改装工事を行うためちょうど空き家になっていたハーレムのアパートメントを見つけ出し、リヴァーズ家の内装をイチから思い描いた通りに作り上げるという大胆な方法をとった。インテリアには、あたたかみのある優しい光を基調とした照明にカラフルな家具、使い込まれて少しくたびれた様子のソファ、時代感ある花柄の壁紙やリアルなキズが映し出されおり、70年代の黒人家庭の、決して裕福ではないものの、親しみと愛情を感じさせる生活空間を実現している。

画像03

画像04

一方、ファニーの住むアパートメントは、当時は移民が多く暮らしていたウエストヴィレッジのバンク・ストリートの地下という設定。22歳の駆け出しのアーティストが生活する現実味をだすため、リサイクルショップで買えるようなヴィンテージの家具が揃えられ、壁にはあえてヒビを入れるというこだわりも。画像05このアイディアを実践したフリードバーグに対し、ジェンキンス監督は、「当時のヴィレッジにある欠陥住宅なら若いアーティストでも借りられるだろうと考えてくれた。このキズによって、ヴィレッジに一世紀以上も存在しているようなアパートに見えてきたんだ。映画では誰も気づかないかもしれないけれど、マークにとっては必要不可欠なキズだったんだよ。」と美術が映画の世界観に与えた影響の大きさを明かしている。
今回解禁された写真の中には、古いバスタブに板を乗せダイニングテーブルとして使っている様子も写されているが、これも彫刻家として生きるファニーらしい、貧しいながらも創造的な人物像を感じさせる細部へのこだわりだ。その他、友人ペドロシートが働くスペイン料理店のレトロで華やかな壁紙やランプシェード、二人が相合傘で歩く雨の路地裏に停まる70年代らしいクラシックカー、若い二人と友人が囲む質素だが楽しげなご馳走の並ぶ食卓など、随所に光る監督とフリードバーグの美意識を感じさせるカットも見逃せない。

画像06

画像07

画像08

先日発表された<第91回アカデミー賞>のノミネーションでは、脚色賞、助演女優賞、作曲賞の3部門にノミネートされた本作。前作『ムーンライト』に続いて、2作品連続のオスカー獲得も期待されるその受賞結果も注目だが、登場人物たちが本当にそこで生活していたかのような息遣いを感じさせてくれる美術も注目となっている。

画像09

画像10

画像11

ストーリー
1970年代、ニューヨーク。幼い頃から共に育ち、強い絆で結ばれた19歳のティッシュと22歳の恋人ファニー。互いに運命の相手を見出し幸せな日々を送っていたある日、ファニーが無実の罪で逮捕されてしまう。二人の愛を守るため、彼女とその家族はファニーを助け出そうと奔走するが、様々な困難が待ち受けていた…。

作品タイトル:『ビール・ストリートの恋人たち』
出演:キキ・レイン、ステファン・ジェームス、レジ―ナ・キング他
監督・脚本:バリー・ジェンキンス
原作:ジェイムズ・ボールドウィン「ビール・ストリートの恋人たち」(早川書房刊)
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド

公式サイト:longride.jp/bealestreet/
コピーライト:(c)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

2月22日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

関連記事:
アカデミー賞(R)作品賞受賞のバリー・ジェンキンス監督最新作、映画『ビール・ストリートの恋人たち』2/22(金)全国公開
映画『ビール・ストリートの恋人たち』第76回ゴールデン・グローブ賞の作品賞、助演女優賞、脚本賞の3部門にノミネート!
映画『ビール・ストリートの恋人たち』ローリン・ヒルの名曲がやさしく包み込む特報&ポスター解禁―2月22日(金)公開
映画『ビール・ストリートの恋人たち』レジーナ・キングがGグローブ賞助演女優賞を受賞!スピーチで女性達に呼びかける
映画『ビール・ストリートの恋人たち』舞台は70年代のNY、レトロな衣装と美術にも注目の場面写真一挙解禁!2/22(金)公開
映画『ビール・ストリートの恋人たち』日本版本予告解禁!バリー・ジェンキンス監督の緊急初来日が決定―2/22(金)公開
■ 映画『ビール・ストリートの恋人たち』第91回アカデミー賞脚色賞、助演女優賞、作曲賞にノミネート!2月22日(金)全国公開
■ 映画『ビール・ストリートの恋人たち』本年度のアカデミー賞助演女優賞大本命!レジーナ・キングのインタビュー映像解禁
■ 映画『ビール・ストリートの恋人たち』B・ジェンキンス監督のインタビュー映像解禁!本作の映画化に挑んだ理由とは
映画『ビール・ストリートの恋人たち』バリー・ジェンキンス監督×水曜日のカンパネラ・コムアイ登壇付き上映会開催決定!

↑上に戻る