『CUBE 一度入ったら、最後』極限状態で露わになる”恐怖”と”怒り”…閉じ込められた6⼈を捉えた場面写真一挙解禁

CUBE

密室サスペンスの先駆けとして世界中でカルト的人気を誇るヴィンチェンゾ・ナタリ監督による映画『CUBE』(1997年公開)初の公認リメイクを菅田将暉主演で映画化、さらに岡田将生田代輝斎藤工吉田鋼太郎らが勢揃いした『CUBE 一度入ったら、最後』10月22日(金)全国公開より、謎の⽴⽅体=CUBEに閉じ込められた6⼈の姿を捉えた場面写真6点が解禁された。

不穏な気配漂う「CUBE」内の全⽅向にある謎の扉を開け、脱出を試みるエンジニア・後藤裕⼀(菅⽥将暉)。無限と続くその先の部屋(CUBE)で、⼀体何が起こるのか、どんなトラップが仕掛けられているのかは⼀切不明。意を決した様な表情を浮かべ振り返る後藤の真意とは…。

また<⻘⾊の部屋>の中で、後藤をはじめ、団体職員・甲斐()、フリーター・越智(岡⽥将⽣)、中学⽣・千陽(⽥代輝)、何故か裸⾜姿で靴を担いでる整備⼠・井⼿(斎藤⼯)ら年齢も性別も職業もバラバラの⾯々が集い、会社役員・安東(吉⽥鋼太郎)の話に⽿を傾けているシーンのほか、後藤、千陽、甲斐の3⼈がしゃがみ込んでいる場⾯では、後藤と千陽が誰かに何かを訴えかけている様⼦も。

さらには、<オレンジ⾊の部屋>の中で、怒りに満ちた表情を⾒せる安東と、反対に余裕の笑みを浮かべて安東を⾒つめる越智。【CUBEが⾚く染まる時は、誰かの殺意を感知する時…】⼆⼈の表情が意味するものとは。

さらには、肩に痛々しい傷を負った井⼿が後藤の胸ぐらを掴みあげて激昂するシーンや、<緑⾊の部屋>の中で、何かを⾒て怯えた表情を⾒せる越智と、⽬を⾒開き驚く甲斐の姿をとらえたシーンも公開された。

どの写真も「CUBE」の殺⼈トラップばかりでなく、互いの素性を知らない6⼈が極限状態の中繰り広げる展開の⾏⽅が気になるシーンばかり。「⼀度⼊ったら、”最期”」果たして6⼈の運命は…。⽬的も理由もその全てが謎の⽴⽅体。ますます謎が深まっていく映画『CUBE ⼀度⼊ったら、最後』は10月22日(金)全国公開。

CUBE
CUBE
CUBE
CUBE
CUBE

ストーリー
目が覚めるとそこは謎の立方体=CUBEの中だった―。
突然閉じ込められた男女6人。エンジニア、団体職員、フリーター、中学生、整備士、会社役員。彼らには何の接点もつながりもない。理由もわからないまま、脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。体力と精神力の限界、極度の緊張と不安、そして徐々に表れていく人間の本性…。恐怖と不信感の中、終わりが見えない道のりを、それでも「生きる」ためにひたすら進んでいく。果たして彼らは無事に脱出することはできるのか?!

作品タイトル:『CUBE 一度入ったら、最後』
出演:菅⽥将暉、杏、岡⽥将⽣、柄本時⽣、⽥代輝、⼭時聡真、斎藤⼯/吉⽥鋼太郎
原作:ヴィンチェンゾ・ナタリ「CUBE」
監督:清水康彦
コンセプトデザイン:カイル・クーパー
クリエイティブアドバイザー︓ヴィンチェンゾ・ナタリ
製作:「CUBE」製作委員会
配給:松竹株式会社

公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/cube/
公式twitter:@cube_m0vie
公式TikTok:@cube_m0vie
コピーライト:(C)2021「CUBE」製作委員会

10月22日(金)全国ロードショー

 

関連記事:
菅田将暉主演『CUBE』死のトラップが次々と襲いかかる劇薬予告編&本ビジュアル解禁!サブタイトルも決定 ―10/22公開
映画『CUBE』“伝説のタイトルデザイナー”カイル・クーパーが邦画初参戦!「特別映像~キャストコメント編~」も解禁
『CUBE』令和版サイコロステーキ先輩が実写で爆誕!新キャスト・柄本時生の出演情報&場面写真解禁! ―10/22公開
山時聡真、先輩・菅田将暉と共演!世界中でカルト的人気を誇る密室サスペンス『CUBE』初の公認リメイクとして10月公開

↑上に戻る