映画『クワイエット・プレイス PARTⅡ』特報映像到着!次の舞台は”安全な家”から”危険な外の世界” ―公開日は5/8に決定

クワイエット・プレイス PARTⅡ

一昨年全米で公開され、全米累計興収1億8800万ドル以上を稼ぎ出し、2018年度No.1(BoxOfficeMojo調べ)ヒットホラーとなった映画『クワイエット・プレイス』。日本でも「音を立てたら、即死。」というキャッチーコピーが話題となり、ホラー映画で類を見ない大ヒットを記録した本作の続編、映画『クワイエット・プレイス PARTⅡ(原題:A Quiet Place: Part II)』の日本公開日が5月8日(金)に決定した。

米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では驚異の“95%Fresh”と大絶賛され、90分間“呼吸の音さえ恐怖に変わる”劇場の緊張感が、新たな映画体験だと『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』の原作者スティーヴン・キングや、クリス・プラット『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、ライアン・レイノルズ「デッドプール」シリーズらがこぞってSNS上で作品を絶賛するなど著名人からの口コミも殺到した前作。ホラー映画史に残る社会現象級大ヒットとなったサバイバルホラーが、更なる“沈黙”とスケールで再び帰ってくる。

出演キャストは前作同様、母親・エヴリン役を実力派女優エミリー・ブラント、自身も役柄と同じ聴覚障害を持つ『ワンダーストラック』の新星ミリセント・シモンズ、本作や『フォードVSフェラーリ』で活躍中のノア・ジュプが娘・リーガン役と息子・マーカス役で引き続き出演。実生活でもエミリーと夫婦で知られ、前作で夫・リー役&監督をつとめたジョン・クラシンスキーが同じくメガホンをとる。そして、新キャストとして、『ダンケルク』(17)、『ダークナイト ライジング』(12)のキリアン・マーフィ、『ブラッド・ダイヤモンド』(06)、『キャプテン・マーベル』(19)のジャイモン・フンスーが加わり、どのようなストーリーが展開するのか期待が高まっている。

そしてこの度、スケールアップした「音を立てたら、“超”即死」の世界を収めた<特報映像と場面写真>が到着した。

今回解禁となった特報映像では、音に反応し人間を襲う“何か”がやってきた日の混沌の【1日目】、そして前作のラストから続く本編映像が収められている。夫・リーを亡くした母・エヴリン(エミリー・ブラント)は、産まれたばかりの赤ん坊と2人の子供たち(ミリセント・シモンズノア・ジュプ)を連れ、燃えてしまった家を後に新たな避難場所を探しに出発。前作の舞台となった音を立てない工夫をした安心できる家とは打って変わって、ノイズが溢れる外の世界で敵か味方か分からない謎の生存者・エメット(キリアン・マーフィ)と出会う。どうやらアボット家以外にも生存者がいるようなのだが、エヴリンは「アイツらを助けても無駄だ。」という意味深な言葉をエメットから投げかけられる。

さらに、新たに解禁となった場面写真には、アボット家が音が漏れない静かな空間で身を隠すシーンも。荒廃した世界で生き延びた人々が、“何か”の手からどのように生き残ったかが分かる手がかりとなっている。他の生存者たちはどのように身を守っていたのか、そして生存者たちの精神の限界や混沌に満ちた世界で、エメットが言う助ける価値のない人々も出現するのだろうか。果たして、ラストに収められているエヴリンの銃口は“何か”に向けられているのか、はたまた生き残った人間に向けてなのか・・・ストーリーの展開が気になるばかりだ。

想像のつかない脅威が待ち受ける新たな地を舞台に描く、スケールアップした「音を立てたら、“超”即死」の世界に期待が高まる。

作品タイトル:『クワイエット・プレイス PARTⅡ』
監督・脚本・製作・出演:ジョン・クラシンスキー
出演:エミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ、キリアン・マーフィ、ジャイモン・フンスー
製作:マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラ-
北米公開:2020年3月20日
原題:A Quiet Place: Part II
配給:東和ピクチャーズ

公式サイト:https://quietplace.jp/
公式Twitter:@Quietplace_JP
コピーライト:(C) 2019 Paramount Pictures. All rights reserved.

2020年5月全国公開


関連記事:
映画『クワイエット・プレイス PARTⅡ』インターナショナル版予告映像&場面写真が到着! ―2020年5月全国公開
ホラー映画史に残る社会現象級大ヒットのサバイバルホラー続編『クワイエット・プレイス PARTⅡ』日本公開5月に決定!

↑上に戻る