中条あやみ×杉野遥亮『水上のフライト』二人の出会いシーンは恋の予感!?本編抜き映像解禁 ―11月13日(金)公開

事故で歩けなくなった失意のヒロインが、出会ったのはカヌー。心を閉ざす彼女の新たな夢となるよう、母、仲間、コーチたちが支えていく―。実話に着想を得た奇跡の感動ヒューマンドラマ『水上のフライト』が2020年11月13日(金)より全国公開となる。

本作は、映画『超高速!参勤交代』シリーズ等数多くの大ヒット作の脚本を手掛ける土橋章宏が、実在するカヌー日本代表選手との交流を通じて作り上げたオリジナルストーリー。土橋が自ら描きたいと熱望し、企画・脚本をTSUTAYA CREATORS’ PROGRAMに応募し、審査員特別賞を受賞して遂に映画化となった。

監督は『キセキ ―あの日のソビト―』の兼重淳。主演を中条あやみが務め、杉野遥亮小澤征悦大塚寧々らが出演、主題歌はSUPER BEAVERの「ひとりで生きていたならば」。観る者の心の奥底に届く、一人の女性の成長を描いた奇跡の大逆転劇、驚異の感動サクセスストーリーが誕生した。

このたび、主人公・遥(中条あやみ)と、その遥を支えるカヌーのエンジニア・颯太(杉野遥亮)との【出逢いのシーン】が解禁となった

物語の冒頭、事故に遭い、心を閉ざす遥が、カヌーの存在を知り、カヌーの本を探しに図書館を訪れる。車いすの遥が、高い場所にある本に手が届かずにいると、そっと本を取り、遥に手渡すひとりの青年・颯太。ほとんど会話もなく、見つめ合うふたり。颯太は、傷ついた遥を気づかい、車いすのこと、本についての質問をせず、遥の前から姿を消す。
その後、遥と颯太は、カヌーの選手とエンジニアとしての絆を深め、颯太は遥を心身ともにサポートしていく存在となっていく。ハンディキャップがある遥のことを特別扱いせず、常に自然体で接する颯太に対し、遥は次第に心を開き、気持ちを打ち明けるまでに成長する―。
この二人の“関係の行方”にもご注目を。

水上のフライト

ストーリー
自分の実力に絶対の自信を持つ高慢な遥は、走高跳で世界を目指し、有望スポーツ選手として活躍していた。だがある日、不慮の事故に合い、命は助かったものの二度と歩くことができなくなってしまう。将来の夢を絶たれた遥は、心を閉ざし自暴自棄になるが、周囲の人々に支えられカヌーという新たな夢を見つける―。きらめく水面を背景に、母の愛、淡い恋心、恩師との約束・・・そして、大切な人の想いを乗せて、どん底から道を切り開いていく。

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017 審査員特別賞受賞作品

作品タイトル:『水上のフライト』
出演:中条あやみ / 杉野遥亮 高月彩良 冨手麻妙 / 大塚寧々 / 小澤征悦
監督:兼重淳『キセキ ―あの日のソビト―』
企画:土橋章宏
脚本:土橋章宏『超高速!参勤交代』・兼重淳
主題歌:「ひとりで生きていたならば」SUPER BEAVER
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:KADOKAWA

公式サイト:https://suijo-movie.jp/
公式Twitter:@suijo_movie
コピーライト:(C)2020 映画「水上のフライト」製作委員会

11/13(金)全国公開

 

関連記事:
【レポート】『水上のフライト』中条あやみ「みんなの愛が詰まった作品」完成報告イベントにキャスト・監督登壇!
カヌーの難演技に挑む中条あやみのストイックさに目が奪われる『水上のフライト』メイキング映像第1弾+新規場面写真解禁
【プレゼント】大阪開催!中条あやみ主演『水上のフライト』特別試写会3組6名様ご招待☆実話から着想を得た奇跡の物語
中条あやみ主演『水上のフライト』第33回東京国際映画祭で上映決定!公開劇場にてバリアフリー上映の実施も
中条あやみ主演『水上のフライト』2020年11月13日(金)公開決定!小谷実可子、寺川綾らスポーツ界からの絶賛コメント到着

↑上に戻る