『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』本編映像解禁!激動の時代を感じる、フロイト教授と過ごすカフェ時間

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン

ニコラウス・ライトナー監督作品『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』が、7月24日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国で公開となる。

この度、本作の本編映像が解禁された。

1937年、ナチ・ドイツとの併合に揺れる激動のウィーン。17歳の⻘年フランツが、精神分析学者ジークムント・フロイト教授の教えを請いながら、恋に悩み、成⻑していく姿を幻想的な映像美とともに描いた本作。

原作は、2012年にオーストリアで出版されて以降、社会現象に発展するほどの人気からドイツ国内で50万部以上が発⾏されたローベルト・ゼーターラーのベストセラー「キオスク」。また、本作でフロイト教授を演じたのは『ベルリン・天使の詩』『ヒトラー ~最期の12⽇間~』などで主演を務めその名を世界に知らしめた名優ブルーノ・ガンツ。遺作となった本作では、ナチスによる抑圧や、老いからくる病に耐えながらも、うぶな青年の人生に華やかな彩りを添える人生の師を演じている。

この度解禁された本編映像は、主⼈公のフランツがフロイトの家を訪ね、2⼈でカフェを訪れるシーン。

ナチ・ドイツによるオーストリア併合直前、ユダヤ⼈への迫害が強くなっていたウィーンでの外出を危惧する家族をよそに、「外の空気を吸わないと、⽯のように固まって私の⾻董品の中に紛れ込んでしまう」とフランツとともに街へ繰り出すフロイト教授が描かれている。しかし、馴染みのカフェを訪れたフロイト教授とフランツは、カフェの奥にある仕切られた席に案内される。店内には鍵⼗字の腕章を付けたナチの親衛隊がビリヤードを楽しむ姿も⾒られ、フランツは激動の時代を迎えようとしているオーストリアの現実を⽬の当たりにすることになる。フロイトは、その後実際にロンドンへ亡命し、翌年故郷であるウィーンに戻ることなくその⽣涯を閉じている。

16世紀に誕⽣し、⽂化の発信地でもあったと⾔われるウィーンのカフェ⽂化は、2011年にユネスコの世界無形⽂化遺産に登録されている。本編では、新聞を⽚⼿に飲み物を楽しむ⼈々の姿や、ビリヤードを楽しむナチの親衛隊の姿が映され、当時から市⺠に愛されていたカフェの雰囲気を感じることができる。

 

ストーリー
1937年、ナチ・ドイツとの併合に揺れるオーストリア。自然豊かなアッター湖のほとりに母親と暮らす17歳の少年フランツは、タバコ店の見習いとして働くためウィーンへやってきた。常連のひとりで“頭の医者”として知られるフロイト教授と懇意になったフランツは、教授から人生を楽しみ恋をするよう勧めを受ける。やがてボヘミア出身の女性に一目惚れをし。はじめての恋に戸惑うフランツは、フロイトに助言を仰ぐ。しかし時代は国全体を巻き込んで、激動の時を迎えようとしていた。

作品タイトル:『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』
出演:ジーモン・モルツェ、ブルーノ・ガンツ、ヨハネス・クリシュ、エマ・ドログノヴァ
監督:ニコラウス・ライトナー
脚本:クラウス・リヒター、ニコラウス・ライトナー
原作:ローベルト・ゼーターラー(「キオスク」2017年 東宣出版 酒寄進一訳)
オーストリア、ドイツ/2018/113分/R15+
原題:Der Trafikant
日本語字幕:吉川美奈子
提供・配給:キノフィルムズ 配給協力:REGENTS

公式サイト:17wien.jp
公式Twitter:@17wien_movie
公式Facebook:@17wien.movie.jp
コピーライト:(C) 2018 epo-film,Glory Film

7月24日(金・祝)Bunkamuraル・シネマほか全国公開

 

関連記事:
『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』夏木マリ、竹中直人、萬田久子、石丸幹二、吹雪ジュンら絶賛コメント到着
『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』フロイトが若き?年に恋愛を指南する本編映像&キャストコメントが解禁!

フロイト教授を演じるブルーノ・ガンツの熱演は必見!映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』予告編解禁
『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』7/24公開決定!若い青年とフロイト教授の友情を描くベストセラーを映画化

↑上に戻る