『ホーンテッド 世界 一怖いお化け屋敷』日本公開決定&ビジュアル解禁!ホラー界最強タッグが放つアトラクション・ホラー

『ホーンテッド 世界 一怖いお化け屋敷新作ホラー映画『HAUNT』が『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』の邦題でTOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開されることが決定した。

多様な仕掛けにドッキリさせられ、楽しませてくれるアトラクョン・お化け屋敷。しかし、このお化け屋敷は“楽しい!”などとはしゃいではいられない。そこにはお化けはいないが、恐るべき殺人鬼たちが潜んでいた・・・。そう、ここは一度足を踏み入れたなら、二度と生きては出られない惨劇の館。

『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』が描くのは、迷宮のようなその中に足を踏み入れてしまった者たちに待ち受ける絶望のスパイラルだ。

恐怖の仕掛け人は、『キャビン・フィーバー』『ホステル』などのガチ恐ホラーに加え『デス・ウィッシュ』などヒット作を世に放ち、プロデューサーとしても若い才能の台頭を積極的に後押ししている鬼才イーライ・ロス

そんなロスのプロデュースの下、監督を務めたのは『クワイエット・プレイス』で”音を立てたら即死”という衝撃設定を生み出して絶賛された気鋭の脚本家コンビ、スコット・ベックブライアン・ウッズ。『クワイエット・プレイス』と同時に脚本執筆が進められたという本作は、過去のホラー映画へのリスペクトを表明しつつ、お化け屋敷という舞台装置を21世紀のホラーとして見事に機能させた。ホラー界の最重要人物たちのコラボレーションが開花した作品としても必見である。

出演は、人気ドラマ「NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち」で主人公を演じ、女性からの支持を得たケイティ・スティーブンスはじめ、今後のハリウッドを担う若手俳優たちが集結している。

また、この度解禁されたビジュアルは、真っ暗な闇の中からピエロのマスクを被った殺人鬼が顔をのぞかせ、こちらを見つめているもの。廃墟となった倉庫を殺人の為のお化け屋敷に仕立て上げ、若者たちの来訪を待ち受ける不気味な微笑みを感じさせるビジュアルとなっている。そんな緊迫感を体感させる映画『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』。映画館がいま、世界一怖いお化け屋敷となる。

作品タイトル:『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』
出演:ケイティ・スティーブンス、ウィル・ブリテン、ローリン・マクレーン
監督・脚本:スコット・ベック、ブライアン・ウッズ
プロデューサー:イーライ・ロス
2019/アメリカ/英語/92分/PG12
原題:HAUNT
提供:リージェンツ、AMGエンタテインメント
配給:リージェンツ

公式サイト:haunted-movie.jp
公式Twitter:@HauntedMovieJP
コピーライト:(C) 2018 Danger House Holding Co., LLC. All rights reserved.

TOHOシネマズ日比谷ほか全国にて近日公開

↑上に戻る