『決戦は日曜日』「かくかくの信頼を取り戻す!」猪突猛進ド素人候補に事なかれ主義の議員秘書が振り回される特報解禁

映画『決戦は日曜日』の公開日が2022年1月7日(金)に決定し、特報が解禁された。

「衆院選に立候補することに致しました!」の決意の一声から始まる、てんやわんやの選挙戦の幕開けを思わせる映像。「かくかくの信頼を取り戻す!」…という新人候補・川島有美(宮沢りえ)のずっこけ出馬表明に、「おのおの」だよ…と笑いをかみ殺した心の声が漏れ聞こえ、「えっ なんだって?」と一斉に手元のメモから顔を上げる記者陣。

間違えたのは有美本人でも、そのとばっちりを受ける谷村(窪田正孝)をはじめとした議員秘書チームは「君たち秘書があのバカちゃんと操作してくれないと!うまくいくものもいかんだろ!」と県議会議員から叱責される羽目になる。幾度となく頭を下げる事なかれ主義の議員秘書・谷村と熱意しかないド素人候補者・有美の選挙戦の行方は…。

熱意はあるので突っ走る有美は有権者の個別訪問(違法)、炎上系動画配信者の突撃にブチ切れ制裁と次から次へと問題を起こし谷村の苦労は絶えない様子。華々しく送り出したものの、終いには「やめてやるから!」と選挙事務所の屋上に上がる始末で、秘書チームの一人・田中菜々(内田慈)の「子供あやすみたいなところ、あるから。この仕事」のセリフに思わず頷いてしまいそうな映像となっている。

ストーリー
とある地方都市。谷村勉は、この地に強い地盤を持ち当選を続ける衆議院議員・川島昌平の事務所で私設秘書として働いている。秘書として中堅になり、川島の完璧な“サポートをするだけ”のこの仕事に満足していた。ところがある日、川島が病に倒れてしまう。そんなタイミングで衆議院が解散。次の選挙に川島の地盤を引き継ぎ、選挙に出る人間として白羽の矢が立ったのは、川島の娘・有美。自由奔放、世間知らず。だけど謎の熱意だけはある有美に振り回される秘書たち。でもまあ、父・川島の地盤は盤石。よほどのことがない限り当選は確実…だったのだが――

作品タイトル:『決戦は日曜日』
出演:窪田正孝 宮沢りえ 赤楚衛二 内田慈 小市慢太郎 音尾琢真
脚本・監督:坂下雄一郎
製作:「決戦は日曜日」製作委員会
制作:パイプライン
配給:クロックワークス

公式サイト:https://kessen-movie.com
公式Twitter:@kessenmovie2022
コピーライト:(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

2022年1月7日(金)全国公開

 

関連記事:
窪田正孝×宮沢りえ『決戦は日曜日』に赤楚衛二、内田慈、小市慢太郎、音尾琢真が候補者に振り回される秘書軍団役で出演!
窪田正孝主演×宮沢りえ初共演!選挙活動をコミカル&シニカルに描いた社会派コメディ『決戦は日曜日』2022年公開決定!

↑上に戻る