映画『ベル・エポックでもう一度』ノスタルジックな雰囲気あふれるポスタービジュアル&場面写真が一挙解禁! ―6月公開

ベル・エポックでもう一度

フランス映画界を代表する俳優ダニエル・オートゥイユ主演最新作『ベル・エポックでもう一度』が、6月よりシネスイッチ銀座ほかにて公開となる。

2019年のカンヌ国際映画祭で上映されるや、「甘くて独創的なリチャード・カーティスのような、観客を楽しませるロマンチック・コメディーだ。」(Screen Daily誌)と評され、その後のフランス公開時には当時全世界でヒットを記録していた『ジョーカー』から興行ランキングの首位を奪って初登場第1位を記録。国内最高峰の賞となるセザール賞3部門受賞&8部門ノミネートも果たした注目作が、ついに日本に上陸する。監督・脚本・音楽は、『タイピスト!』などに俳優として出演し、本作が監督2作目となるニコラ・ブドス

このたび、解禁となったポスタービジュアルには、主人公のヴィクトル(ダニエル・オートゥイユ)が、“大切な過去”を映画撮影セットに再現する<タイムトラベルサービス>によって、今はなきカフェで生涯忘れられないある女性との出会いを再体験するシーンが切り取られている。

レトロなカフェで楽しげに会話する70年代ファッションに身を包んだ男女とクラシックカー、そして映画撮影の照明が放つ温かみのある光がノスタルジーを感じさせ、「今日を輝かせる、オーダーメイドの時間旅行」というコピーに、大切な過去を50年の時を経てもう一度体験できることになったヴィクトルと“運命の女性”がどんな物語を繰り広げるのか期待が高まる。

あわせて解禁となった場面写真には、“大切な過去”を完璧に再現するために指示出しをする<タイムトラベルサービス>を営む者たちの姿や、セットにより再現された70年代の街並みをヴィクトルとある女性が楽しげに歩く姿、そして夜の街を自転車で駆けるノスタルジックなシーンが切り取られている。また、VRゴーグルをつけて夫であるヴィクトルをシャットアウトする妻の姿と、別の男性と寝る妻のその表情からは、今の冷めた夫婦関係が伝わってくる。

はたして、ヴィクトルが生涯忘れられない女性とは誰なのか?再体験したい“大切な過去”にはいったい何があったのか―。想像が膨らむ場面写真となっている。

ベル・エポックでもう一度
ベル・エポックでもう一度
ベル・エポックでもう一度
ベル・エポックでもう一度
ベル・エポックでもう一度
ベル・エポックでもう一度
ベル・エポックでもう一度

ストーリー
職を失い妻にも見放された、元売れっ子イラストレーターのヴィクトル。ある日、映画撮影セットに過去を再現する、体験型エンターテイメントサービス〈タイムトラベルサービス〉をプレゼントされた彼は、「1974年5月16日のリヨン」の再現をリクエストする。完璧に蘇った”あの日のあの場所“で〈運命の女性〉と再会した彼は、輝かしき日々の再体験に夢中になり、延長のために妻に内緒で全財産を注ぎ込んでしまう。しかし、そんな彼を思いがけない出来事が待ち受けていた―

作品タイトル:『ベル・エポックでもう一度』
出演:ダニエル・オートゥイユ、ギョーム・カネ、ドリア・ティリエ、ファニー・アルダン、ピエール・アルディティ、ドゥニ・ポダリデス
監督・脚本・音楽:ニコラ・ブドス
2019年|フランス|カラー|シネスコ|DCP|5.1ch|115分|字幕翻訳:横井和子|原題:LA BELLE ÉPOQUE|R15|
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ

公式サイト:https://www.lbe-movie.jp
コピーライト:(C)2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHÉ FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINÉMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

6月、シネスイッチ銀座ほか公開

関連記事:
ダニエル・オートゥイユ主演!大切な人との未来が愛おしくなるヒューマンドラマ『ベル・エポックでもう一度』6月日本公開

↑上に戻る