『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』カーネイジ覚醒の瞬間!最新予告映像&新場面写真到着

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ

スパイダーマンの宿敵であり、マーベル史上最も残虐な悪<ダークヒーロー>として誕生、2018年に劇場公開され全世界興行収入941億円を記録したトム・ハーディ主演『ヴェノム』の続編となる『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(2021年劇場公開)より、最新予告映像と、カーネイジの新場面写真が解禁された。

“俺たち”としての共同生活は板につきつつも、「悪人以外を食べない」という条件でエディの体に寄生した地球外生命体(シンビオート)のヴェノムは、食欲の制限を強いられストレスの毎日を過ごしていた。そんな中、未解決事件の真相を追うジャーナリストのエディは刑務所で、ある死刑囚と再会する。その男の名はクレタス・キャサディ。これまで幾度となく猟奇殺人を繰り返し収監されたシリアルキラーで、彼には死刑執行が迫っていた。「私の秘密を教えようか」と不気味にほほ笑み、エディに対し異様な興味を示すクレタス。突如その時、クレタスはエディの腕へと噛みつき、エディの血液が人間とは異なることに気づく……死刑執行の時、ついにクレタスはカーネイジへと覚醒――。世界を闇へと変えていく。

原作コミックでは「もうひとりのヴェノム」という異名をもち、底知れぬ強さと残虐性をもつヴィランとして、マーベルファンの間でカリスマ的人気を誇るカーネイジ。今回の予告編では、そのカーネイジがついに覚醒する瞬間が描かれ、肉体そのものが赤く変貌したグロテスクな形相が現れる。刑務所でのエディとの接触。そしてクレタスの「エディ、恐れることはない。我々は家族だ」という台詞が意味するものとは?また凶暴さが増殖したカーネイジによる大殺戮を<復讐>と呼ぶクレタスの過去と、真の狙いとは――?

さらに予告編にはクレタスと行動を共にする女性ヴィランのシュリークが、シンビオートの弱点とされる超音波を操る新たなカットも登場。そしてラスト、追い込まれ荒ぶるヴェノムを飲み込もうとカーネイジが襲い掛かる……いま、最悪は塗り替えられる。

■YouTube番組「#マベりまSHOW」配信中
ソニー・ピクチャーズが今後劇場公開するマーベル作品『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、『モービウス』の3作品のアンバサダーに、業界屈指のマーベルファンを公言する歌舞伎俳優の尾上松也が就任。尾上松也が番組ホストを、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)がナレーションMCを務め、映画の魅力や最新情報を発信していくスペシャルYouTube番組「#マベりまSHOW」 が、ソニー・ピクチャーズ映画公式チャンネルにて配信中。
◇第一回目 絶賛配信中!
<ゲスト> 諏訪部順一、榎木淳弥【前編】<配信先URL> https://youtu.be/sH1XIaiEBg8
◇第二回目 8月7日(土)17:00配信
<ゲスト> 諏訪部順一、榎木淳弥【後編】<配信先URL> https://youtu.be/4Hk83l9JKVE

作品タイトル:『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』
出演:トム・ハーディ(エディ)/ミシェル・ウィリアムズ(アン)/ナオミ・ハリス(シュリーク)/リード・スコット(ダン)/スティーヴン・グレアム(マリガン)/ウディ・ハレルソン(クレタス)
監督:アンディ・サーキス
脚本:ケリー・マーセル
原案:トム・ハーディ/ケリー・マーセル
原題:Venom: Let There Be Carnage
US公開日:2021年9月24日予定
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

公式サイト:venom-movie.jp
公式Twitter:@VenomMovieJP
公式Instagram:@venommoviejp
公式Facebook:@VenomMovieJP
コピーライト:(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

2021年全国ロードショー

 

関連記事:
映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』新キャラクター・カーネイジの狂気溢れるビジュアルが解禁!
『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ムビチケカード(前売券)本日7/8(木)発売開始!劇場版予告も解禁
『ヴェノム』続編も中村獅童、諏訪部順一、中川翔子、内田直哉が日本語吹替版に参戦!音声コメント到着&キャラ画像も
『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』予告映像&海外版ポスター&場面写真解禁!主演はトム・ハーディが続投

↑上に戻る