『ビルド・ア・ガール』ビーニー・フェルドスタインがいまを生きる10代の女性たちにエール!インタビュー映像到着

ビルド・ア・ガール

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』、『レディ・バード』のビーニー・フェルドスタイン主演、青春エンパワーメントムービー『ビルド・ア・ガール』がいよいよ10月22日(金)より公開。本作は、文才と想像力を武器に大人社会に飛び込んだ高校生・ジョアンナが、失敗や挑戦を繰り返しながら、がむしゃらに成長していく青春ストーリーだ。

本日10月11日は、「女の子の権利」や「女の子のエンパワーメント」の促進を広く国際社会に呼びかける日として、国連によって定められた国際ガールズ・デー。イギリスで影響力のあるフェミニストのひとりとして知られ、人気コラムニストで作家のキャトリン・モランの半自伝的小説「How To Build A Girl」を映画化し、主演、監督、プロデューサー、脚本など主要スタッフすべてが女性主導で製作された本作より、ビーニー・フェルドスタインから、現代を生きる女性、特に10代の女性へのメッセージが詰まったインタビュー映像が解禁となった

失敗やチャレンジを繰り返しながら、何度もがむしゃらに自分作りに突き進む高校生・ジョアンナを演じたビーニーは「ティーンの女の子にとって非常に大切な作品になる」と語り、その理由に「女性たちには自分の代弁者となってくれるような作品がほとんどないから。私たちは本や映画を見たりする時に、男性キャラクターに自分を重ねるしかない」と女性主人公の映画の少なさについて挙げる。

さらに「ジョアンナのようにモデルみたいな体型でもなく、素行が完璧なわけでもなく、いわゆる“普通”の型にはまっていない女の子が仕事を得て、成功して、恋をする姿を見るのは本当に重要なことだから」と語り、原作者で本作の脚本を担当したキャトリン・モランも「『ビルド・ア・ガール』では、ワーキングクラスの女の子がどうやってお金を稼ぐのかを描きたかった。若い女性が主人公の映画というと恋愛や外見的な変身がテーマになりがちだが、現実には何をして暮らしを立てるかは大事なことなので、そこはしっかり見せたかった部分だった」とこれまで描かれてきたいわゆる“普通のヒロイン像”とは異なるジョアンナの姿について語っている。

ビーニーが「この映画は女性たちに失敗してもいい、得意なことがあってもなくても、成功してもしなくても、人間らしくあればいいと許してくれる。失敗する日もあれば成功する日もあると教えてくれた」と語るように、一足先に本編を鑑賞した観客からも「来年ごろから就活など将来のことを具体的に考えなければいけないけれど、何をしていいのか、やりたいことを少し躊躇している今の自分に、とても刺激を与えてくれる映画でした」、「間違ってもそれでも真っ直ぐ自分を立て直す“今のジョアンナ”が一番輝いていて何もかもがステキ」と元気をもらえた声が続出している。

また、常に女性に焦点を当て、女性を主人公にした作品を作り続けてきたプロデューサーのアリソン・オーウェンは「特に、ソーシャルメディアが発達した現代では女性、特に若い女性は、四六時中自分がどうあるべきか、どう思うべきかというイメージを見せつけられています。でも、本当はいつでもなりたい自分になれるし、一瞬ですべてが変わる。それこそがこの作品を通じて提示したい“自由”」と語り、同じくプロデューサーのボニー・チャンスも「一度失敗したら終わりという風潮が強くある今、人々が『ビルド・ア・ガール』を観て、笑ったり楽しんだりしてくれることを願っています。世界に出て自分の道を歩むことができると感化されてほしい」とすべての女性にエールを送っている。

ストーリー
いい子じゃお金を稼げない!辛口音楽ライター“ドリー・ワイルド”爆誕!

1993年、イギリス郊外に家族7人で暮らすジョアンナは、底なしの想像力と文才に長けた16歳の高校生。だが学校では冴えない子扱い。そんな悶々とした日々を変えたい彼女は、大手音楽情報誌「D&ME」のライターに応募。単身で大都会ロンドンへ乗り込み、仕事を手に入れることに成功する。だが取材で出会ったロック・スターのジョンに夢中になってしまい、冷静な記事を書けずに大失敗。
編集部のアドバイスにより“嫌われ者”の辛口批評家として再び音楽業界に返り咲くジョアンナ。過激な毒舌記事を書きまくる“ドリー・ワイルド”へと変身した彼女の人気が爆発するが、徐々に自分の心を見失っていき……。

作品タイトル:『ビルド・ア・ガール』
出演: ビーニー・フェルドスタイン、パディ・コンシダイン、サラ・ソルマーニ、アルフィー・アレン、フランク・ディレイン、クリス・オダウド、エマ・トンプソン
監督:コーキー・ギェドロイツ
原作:キャトリン・モラン著「How to Build a Girl」
脚本:キャトリン・モラン
製作:アリソン・オーウェン『ウォルト・ディズニーの約束』『エリザベス』、デブラ・ヘイワード『レ・ミゼラブル』『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ
原題:『How to Build a Girl』
2019年/イギリス/英語/105分/DCP/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/R-15
配給:ポニーキャニオン、フラッグ
提供:フラッグ、ポニーキャニオン

公式サイト:buildagirl.jp
公式Twitter:@buildagirl_jp
公式Instagram:@buildagirl_jp #ビルド・ア・ガール
コピーライト:(c)  Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019

10/22(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

関連記事:
映画『ビルド・ア・ガール』女の子たちの困難を描くために、本作がすべて女性スタッフで作り上げられた意味―10月22日公開
『ビルド・ア・ガール』イラストレーター原田ちあき・火曜びの描き下ろしイラスト到着! 特別予告映像&応援コメント解禁
『ビルド・ア・ガール』アルフィー・アレンがロック・スター役で歌声初披露!ライブシーン映像&新場面写真解禁
『ビルド・ア・ガール』土屋アンナ、峯岸みなみら著名人コメント&主人公・ジョアンナの魅力が凝縮の特別予告編解禁!
『ブリジット・ジョーンズの日記』製作陣×ビーニー・フェルドスタイン主演『ビルド・ア・ガール』予告編&場面写真到着
さえない高校生が辛口音楽ライターに!『ビルド・ア・ガール』90年代前半のUKロックシーンを舞台にティーンの奮闘を描く

 

↑上に戻る