『彼女のいない部屋』彼女はそのとき、なぜ?どこへ?ヴィッキー・クリープスの微笑みが印象的なポスター&場面写真解禁!

彼女のいない部屋

昨年のカンヌ国際映画祭で新設された[カンヌ・プレミア]部門に選ばれ、フランスのアカデミー賞といわれる「セザール賞」主要部門にノミネートされたフランス映画『彼女のいない部屋』(8月26日(金)公開)の日本版ポスターと場面写真が解禁された。

監督・脚本は、個性的な名優であり、カンヌ国際映画祭監督賞に輝くなどすでに監督としても高く評価されるマチュー・アマルリック。本作ではかつてないモンタージュで人間の感情を表現し切り、フランス国内では「彼の最高傑作」と称賛されている。

海外資料にあるストーリーは「家出をした女性の物語、のようだ」という1行のみ。フランス公開時にも物語の詳細は伏せられ、展開を知らない観客がある真実に気づいたときに大きな衝撃を受けるほど感動したという。

主人公クラリスには、ポール・トーマス・アンダーソン監督『ファントム・スレッド』やM・ナイト・シャマラン監督『オールド』、ミア・ハンセン=ラヴ監督『ベルイマン島にて』のヴィッキー・クリープス。今年のカンヌ国際映画祭では『Corsage(原題)』で[ある視点]部門最優秀演技賞にも輝き、今やヨーロッパNo.1女優とも言われる彼女の演技は必見だ。

今回、公開に先駆けて解禁された日本版ポスターのデザインは、『君の名前で僕を呼んで』(17)や『花束みたいな恋をした』(21)など多くの話題作を手がけるクリエイティブディレクター/アートディレクターの石井勇一によるもの。映画ポスターとしては珍しく“目を閉じた”ヴィッキー・クリープスの写真が全面に使用され、「なぜ?どこへ?」というキャッチコピー、そして数枚の真っ黒なポラロイドはミステリアスで、全貌の明かされぬ物語を様々に想像させる。

なお、チラシの裏面にはアマルリック監督から「彼女に何が起きたのか、映画を見る前の方々には明らかにしないでください。」というメッセージが寄せられている。

あわせて解禁された場面写真では、一人で車を運転するクラリスや、その夫と子どもたちが微笑む様子など、映画のキーとなる印象深いカットの数々が並んだ。最後には大きな衝撃と深い感動が観客を包む、マチュー・アマルリック監督渾身の傑作に期待が高まる。

彼女のいない部屋
彼女のいない部屋
彼女のいない部屋
彼女のいない部屋
彼女のいない部屋
彼女のいない部屋
彼女のいない部屋
彼女のいない部屋
彼女のいない部屋
彼女のいない部屋
彼女のいない部屋

ストーリー
――家出をした女性の物語、のようだ。

作品タイトル:『彼女のいない部屋』
出演:ヴィッキー・クリープス(『ファントム・スレッド』『オールド』)、アリエ・ワルトアルテ(『Girl/ガール』)
監督:マチュー・アマルリック
原題:SERRE MOI FORT / 英語題:HOLD ME TIGHT
2021年|フランス|97分|DCP|1:1.85 ビスタサイズ|5.1ch|カラー|一般 G
日本語字幕:横井和子
配給:ムヴィオラ

公式サイト:https://moviola.jp/kanojo/
公式Twitter:@holdmetight0826
コピーライト:(C) 2021 – LES FILMS DU POISSON – GAUMONT – ARTE FRANCE CINEMA – LUPA FILM

8月26日(金)よりBunkamuraル・シネマ他全国順次公開

関連記事:
マチュー・アマルリック監督最新作!2021年カンヌ国際映画祭[カンヌ・プレミア]公式作品『彼女のいない部屋』8月公開

↑上に戻る